薬師岳・北薬師岳

やくしだけ(2926m)・きたやくしだけ(2900m)
平成28年8月5日〜8日

今日は眺望リベンジ第二弾、薬師岳へ向かいます。 2013年夏は、終日ガスで真っ白。
何も見えなかったけど、北薬師岳からの岩稜帯は楽しかった記憶なのでピストンしようと思います。


2016.8.8
(月)
 太郎平
 小屋
薬師平薬師岳
山荘
薬師岳北薬師岳薬師岳太郎平
小屋
五色岩
ベンチ
三角点
ベンチ
折立
晴れ  05:00発05:5006:30
06:40
07:30
07:45
08:25
08:35
09:20
09:30
10:55
11:10
11:40
11:50
12:40
12:55
13:55着
14:00発



今日は朝食をお弁当にして、日の出前にサブザックで小屋を出ました。今日も青空、感謝です。

太郎平
【日の出前の太郎平】
薬師峠へ
【薬師峠へ】

昨日散歩した木道を進んで行くと、下に薬師峠キャンプ場が見えてきました。


薬師峠からは急登が続きます。岩ゴロゴロ道を登って行くと、TJAR選手が続いて下ってきました。
端に寄って、『ご苦労様です。頑張って下さい。』と心でエールを送り、見送りました。



【TJAR選手】


【TJAR選手】

薬師平
【薬師平】

河原のケルンを過ぎると勾配も緩やかになって、薬師平の湿原地帯。今年はニッコウキスゲが少し咲いているくらいで、ちょっと寂しい湿原です。


その上のチングルマが群生していた辺りに来ると、朝日が当たり始めました。
すっかり穂になったチングルマが光を受けてキラキラ輝き、とてもきれい。
振り返れば、太郎平小屋や黒部五郎岳も明るくなって、爽やかな北アルプスの朝です。



【朝日】

黒部五郎岳
【黒部五郎岳】

薬師岳山荘。昨日は重いザックでここまで登り返す元気がなかったけど、何故か人の気配なし。
入口のドアも閉まっていて、「外来の方 トイレは利用できません」「使用禁止 NO!!」の張り紙。


薬師岳山荘
【薬師岳山荘】


【「外来の方 トイレ使用禁止」】

何かあったのかな〜と思いながらも、ベンチをお借りして朝食にしました。

太郎平小屋のお弁当は蒸し寿司。食べたい幅だけ食べられるので、ちょっと便利です。



【太郎平小屋のお弁当】

【TJAR選手】

朝の稜線を次々とTJAR選手が通り過ぎて行きました。お天気が続くといいですね。

ザレガレ斜面を登って行くと、愛知大学山岳部の遭難慰霊ケルンがありました。

ガスで何も見えなかった時は気づきませんでしたが、この広い稜線でのホワイトアウトは、どんなに恐ろしかったことでしょう。

愛知大学遭難慰霊ケルン
【愛知大学遭難慰霊ケルン】
薬師岳へ
【薬師岳へ】

緩やかな稜線になり、薬師岳の山頂が見えて来ました。ザレザレから岩ゴロゴロに変わります。


薬師岳山頂に着きました。前回と打って変わって今日は素晴らしい眺めです。
しかし見渡す山々が東側にあるので全て逆光。目の前は赤牛岳のはずだけど、見えにくい・・・


薬師岳 山頂
【薬師岳 山頂】

赤牛岳〜水晶岳
【赤牛岳〜水晶岳 (拡大)】

ガスでも北薬師岳〜薬師岳の岩稜帯は楽しかった記憶なので、北薬師岳までピストンします。

金作谷カールの波型模様は、「S字モレーン」と呼ばれているようですが、今年は雪がなくて残念です。


北薬師岳へ
【雪のないS字モレーン見て、北薬師岳へ (拡大)】

ここでもTJAR選手が通り過ぎて行きました。後続者もまだまだいるのでしょう、頑張って下さいね。
ガスって何も見えなかったけど、こんなヤセ岩稜もあったのですね、やっぱり楽しいルートです。



【見送るTJAR選手】

北薬師岳へ
【ヤセ岩稜帯】

北薬師岳へ
【北薬師岳へ】

ガスっていると気づかない細かなアップダウンが何度もあって、ようやく人のいるピークが見えて来ました。あそこが北薬師岳の山頂でしょう。

北薬師岳の山頂に着きました〜!

2013年8月は全くなんにも見えなかったけど、見覚えのある道標がある。懐かしいやら嬉しいやらで、今日の素晴らしい展望に、本当に感謝です。

北薬師岳 山頂
【北薬師岳 山頂】 マウスを置くと2013年

北を見れば、スゴノ頭や越中沢岳の奥に立山。 更に剱岳も見えて、うれしい〜!
下に流れるのは上ノ廊下でしょうか、赤牛岳もさっきより分かって、奥の烏帽子岳も分かります。


剱・立山〜後立山方面
【剱・立山〜後立山方面 (拡大)】

上ノ廊下〜赤牛岳 奥に烏帽子岳
【上ノ廊下〜赤牛岳 奥に烏帽子岳 (拡大)】

北薬師岳から見る薬師岳
【北薬師岳から見る薬師岳 (拡大)】

そして北薬師岳から見ると、薬師岳の大きな山容が実感できて、やっぱり北薬師岳まで来て、本当に良かったなあ〜と思いました。


眺望を楽しんで薬師岳へ戻ります。このペンキマークも、ガスで全く見えない日には有難いマークです。



【ペンキマーク】

薬師岳へ
【薬師岳へ戻りましょう】

薬師岳 山頂
【薬師岳 山頂】

薬師岳山頂に戻って来ました。
人も増えてきたけど、しばし眺めて下山です。

薬師岳山荘見つつ、ガレザレ下り。
折立側からガスが上がってきています。


『薬師岳山荘で、白玉あんみつ、食べている人いるかな〜 今日は時間がないので、残念だけどパス』などと思いながら通り過ぎたけど、相変わらずドアは閉まったまま。以前のような賑やかさがありませんでした。


【薬師岳山荘 見つつ】

10時過ぎ。黒部五郎岳には今日も飛騨側から雲が迫っています。キャンプ場まで下り、僅かな登り返し。


薬師平へ
【黒部五郎岳見つつ 薬師平へ】

薬師峠キャンプ場
【薬師峠キャンプ場】

太郎平小屋 広場
【太郎平小屋 広場】

太郎平小屋に戻ってくると、薬師岳は見えなくなっていました。雲の動きは早いので、また晴れそうです。

ザックを回収し、水を補給して、折立14:00最終バスに間に合うよう、下山開始。


下り始めて間もなく、「もしかして、sanpoさ〜ん?」の声にビックリ。私は帽子・サングラス・サンシェードで、ほとんど顔が分からないはずなのに、なぜか分かって下さったのは、なんと、アイさん。思わぬバッタリにビックリ嬉しい♪アイさんは折立から登り、雲ノ平経由で烏帽子岳へ行くそうです。頑張って下さいね〜!健脚さんなので、きっと周辺の山もあちこち寄るのでしょうね。

五光岩ベンチで、しばし休憩。
ガスっていると助かります。


五光岩ベンチ
【五光岩ベンチ】

その後は雲で翳ったり、太陽ギラギラ、有峰湖が見えてきたり。
三角点ベンチは強い日差しなので、木陰の下でお昼にしました。


有峰湖
【有峰湖】

三角点ベンチ
【三角点ベンチ】

折立ルートは人気ルートだからか来る度に荒れて、すっかり根が浮き出てしまっている所もありました。
折立には13:55に到着。 富山直行バスが待機していて、ギリギリ間に合って良かったです。



【浮き出てしまった根】

折立
【折立】


ニッコウキスゲ

イワイチョウ

ミヤマママコナ

タケシマラン・実


この夏は眺望に拘ったリベンジ山行でしたが、黒部五郎岳でも薬師岳でも素晴らしい展望に恵まれました。元々、雪が少なかった上に雪解けも早く、花が少なかったのは残念でしたが、リベンジが叶った楽しい山旅となり、素晴らしい眺望の三日間に感謝の夏となりました。




前日:黒部五郎岳    HOME    山域別    次回:志賀高原