富山(西尾根)〜とみやま水仙遊歩道

とみさん(349m)


水仙の香りに包まれたくて、昨年と同じ「とみやま水仙遊歩道」へ。
今年は少し早い咲き具合で、ほぼ満開。甘く清らかな香りいっぱいでした。
前半は富山北峰で富士山を眺め、静かな細道の西尾根を下りました。


2014.1.27
(月)
 岩井駅福満寺
富山登山口
富山
南峰
富山
北峰
伏姫籠穴
分岐
富山
登山口
とみやま水仙
遊歩道入口
遊歩道
出口
道の駅
富楽里
岩井駅
快晴  09:37着
 09:45発
10:2011:15
11:20
11:35
12:00
12:5013:2013:3014:5014:55
15:05
15:25着
15:32発



今日は快晴、気合が入っています。4時半に起床し、千葉駅7:45発の内房線に乗車。岩井駅には昨年より一本早い9:37に着きました。アクアライン経由のバス利用なら速いようですが、折角「大人の休日倶楽部」会費を払っているので、今回もジパング3割引を利用しました。身支度して改札から左へ進み、踏切を渡って真っ直ぐ。沿道の水仙を愛でながら、しばらくは車道歩きです。


福満寺 富山入口
【福満寺 富山入口】

高速道路の下をくぐり、伏姫籠穴への分岐を過ぎてしばらくすると、左に「福満寺・富山遊歩道入口」の道標がありました。

福満寺から水仙の咲く坂道を上がって行くと、富山遊歩道です。暖かな海岸沿いらしい照葉樹が茂る道で、始めは緩やかな道でした。

富山遊歩道
【富山遊歩道】

三合目の道標が過ぎると、右手に水仙畑が見えてきました。
さほど広くはなく、通り抜けも出来ないけれど、水仙のいい匂いがしています。


水仙畑
【三合目付近の水仙畑 (拡大)】

水仙
【いい匂い〜♪ (拡大)】

段々の急登
【五合目から段々の急登】

五合目らしい所は小さな広場になっていてベンチがあり、その先から段々の急登になりました。


七合目にも見晴らしベンチがありましたが、今は木々が伸びて眺めはイマイチ。
更に進み、大木を見上げて左へ上がると観音堂があり、すぐ上が富山南峰の山頂でした。
富山展望図があるのでここも見晴らしが良かったのでしょうけど、現在は木々に囲まれています。


七合目
【振り返る七合目】

富山南峰 観音堂
【富山南峰 観音堂】

観音堂の下に戻り、山腹を回ると伏姫籠穴ルートへの分岐です。南峰への直登コースは立入禁止になっていました。


伏姫籠穴分岐
【伏姫籠穴分岐 南峰直登コース立入禁止】
富山 山頂展望台
【富山 山頂展望台】

「里見八犬士終焉の地」からチラッと富士山を眺め、更に進むと富山の北峰でした。ここは広く、ベンチもたくさんあります。

展望台からは伊豆七島、反対側にはマザー牧場方面もよく見えていました。

ちょっと霞んでいますが富士山も見え、岩井の海を船がゆっくり行き来しています。

富士山方面
【富士山方面 (拡大)】

昼食後は、とみやま水仙遊歩道へ向かいます。千葉の山地図は持っていないので、前日に地理院地図を見ていたら、富山北峰から西へ緩やかな尾根が伸びています。検索してみると、西尾根ルートというのがあるらしい。一般ルートより良さそうなので、この尾根を下りてみることにしました。


西尾根ルート
【ロープの急下りが続く】

山頂広場南端にそれらしい細道があったので、ここから西尾根へ入りました。最初はロープの急下り。

地図には破線もありませんが、細いながらも道ははっきりしているし、ヤセ尾根なので迷うこともなさそうです。


常緑樹の尾根で小さなアップダウンが続きますが、時々開けて見晴らしのいい所もあります。
振り返れば、右に富山南峰。 北峰は下りて来た途中の小ピークの陰に隠れているようです。


展望
【所々展望あり】

富山南峰
【振り返ると、右に富山南峰】

途中に尾根上の三叉路のような所があり、ルートは左へ。
次は竹ヤブで、道ははっきりついているので問題はありません。


西尾根
【曲がり角】

竹やぶ
【竹やぶ】

西尾根 伏姫籠穴分岐
【西尾根の伏姫籠穴分岐を振り返る】

次の小ピークからロープで下ると、道標があり、左へ下れば伏姫籠穴ですが、今日はパスして直進。

ここからは一般ルートになるので、道もはっきりして良くなりました。

見晴らしが良くなり、右手に見える丘陵が、これから向かう「とみやま水仙遊歩道」あたりでしょうか。

とみやま水仙遊歩道
【とみやま水仙遊歩道方面】
西尾根末端へ
【西尾根末端へ】

正面には青い海。 風に乗って水仙の甘い香りが漂ってきて、嬉しくていい気持ち。

道路に下り立ちました。道標は「伏姫籠穴」入口と記され、大きな案内板にも富山への西尾根ルートは記載されていませんでした。

伏姫籠穴 入口
【伏姫籠穴 入口】
とみやま水仙遊歩道 入口
【とみやま水仙遊歩道 入口】

舗装道路を歩いて、とみやま水仙遊歩道の入口に着きました。

入口周辺の水仙は、花茎の上のほうの花弁が既に咲き終わりの風情。昨年1月30日の時は咲き終わりの花びらはなかったので、今年は少し早い咲き具合のようです。


甘い香りを楽しみながら、懐かしい小径を進んで行きます。蕾のある株も出てきて嬉しくなりました。


水仙の道
【水仙の道 (拡大)】

いい匂い
【いい匂い♪ (拡大)】

自然な雰囲気で広がる花畑。
両側いっぱいの水仙。

さらっと通り過ぎるにはもったいなくて、
行ったり来たり。


とみやま水仙遊歩道
【とみやま水仙遊歩道 (拡大)】
富山 西尾根
【富山 西尾根 (拡大)】

遊歩道の上部から振り返ると、向かいに細かなアップダウンの山並みが見えます。

去年は水仙に夢中で気にも留めなかったけど、あの左端が富山でしょうか、今日は目の前の長い尾根を下って来ました。


この先の湿った窪地にも水仙が広がっていて、去年より花数が多いように感じます。


窪地
【窪地 (拡大)】

日本水仙
【日本水仙 (拡大)】

東屋のある展望台。
今日の海はちょっと霞んでいました。


展望台
【東屋のある展望台】
水仙遊歩道
【水仙遊歩道 (拡大)】

最後の群生地も、とても自然な雰囲気の小径。
ここもお気に入りなので、そ〜っと行ったり来たり。

何度も振り返りながら下りてきました。
名残惜しくて、行ったり来たり。

水仙遊歩道
【振り返る水仙遊歩道 (拡大)】
水仙
【林の中も水仙いっぱい (拡大)】

横の林も光いっぱい受けて、
甘く清らかな匂いに満ちています。

短い竹林を抜けて、最後の出口へ。ここは狭いので一方通行。帰路専用の通路です。

出口へ
【出口への狭い道】
道の駅 富楽里とみやま
【道の駅 富楽里とみやま】

時間いっぱい水仙を楽しんだので急いで道の駅へ。今日も水仙やフリージアをいっぱい買い込んで、ルンルンで岩井駅へ向かいました。



日本水仙の楚々とした姿や上品な甘い香りが大好きで、この時期パソコン横にはいつも水仙が置いてあります。昨年は遊歩道だけだったので、今年は名前だけ知っていた富山へ寄ってみました。低山ながらも西尾根はヤセ尾根の細かなアップダウンが続き、ちょっとした山歩きと水仙の香りいっぱいを楽しめる、とても楽しいルートでした。




前回:九鬼山    HOME    山域別    次回:塔ノ岳・鍋割山