オーロラツアー・イエローナイフ(年越し)


平成25年12月28日〜平成26年1月5日


3月に見たオーロラが忘れられず、どうしても空一面のオーロラを見たいと思いました。
なので今回はイエローナイフを再訪し、オーロラを眺めながらの年越しとしました。

2013.12.28
〜2014.1.5
 成田空港バンクーバーカルガリーイエローナイフ
(7夜)
カルガリー成田空港




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  12月28日  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


3月はイエローナイフから帰国したものの、しばらく山モードに戻れず、どこか安くて長いツアーはないものかと検索。するとオーロラに魅せられ何度も通っているK.Iさんのツアーメンバー募集を見つけ早速申し込みました。その時点では他に参加者はいませんでしたが次第に集まり、20代〜40代の若い方達とゲストハウスで自炊しながら一緒にオーロラを楽しむことになりました。イエローナイフまでの指定された航空券は各自で取得。東京や関西から参加するメンバーと成田空港で待ち合わせ、イエローナイフへ向かいます。

3月と違って、まさに極寒の年末。
気温はマイナス37℃! 到着後は、大急ぎでロビーまで歩いて向かいます。


イエローナイフ空港
【イエローナイフ空港 到着】
イエローナイフ到着ロビー
【イエローナイフ空港  到着ロビー】

小さな町のイエローナイフ。到着ロビーで、あのシロクマ君とアザラシ君に再会しました。

今は現地時間28日の22:40。ここでレンタルの観賞用防寒着を着こみ、そのままオーロラ観賞へ向かいます。寒がりの私はいっぱい重ね着して、だるまさん状態。


3月は「オーロラ・ビレッジ」利用でしたが、今回は「ナヌック・オーロラツアーズ」。オーロラに魅せられ現地に移り住んだ日本人ガイドのyoshiさんが、空模様を見ながら観賞に適した場所へ向かってくれます。少人数(10人)ツアー車で、町から30分ほどの奥地へ向かいました。


着いた時から素晴らしいオーロラが出ていて、大感激。今回は、下手でもいいから自分で写真を撮りたいと思い、型落ちのチョット高級コンデジを購入してきました。が、あまりの気温の低さに眼鏡は曇って凍りつき、フェイスマスクしながらの呼吸は難しい。写真を撮る余裕もなく、私はひたすら見上げ感動するのみでした。今夜のツアー時間は23:00〜04:30。どんな雰囲気のオーロラだったか、K.Iさんとyoshiさんの写真をお借りしてきました。立派なカメラは自然な色で、やっぱりきれい。


湖上アイスロード
【第1夜オーロラ】 photo by K.Iさん

ジャ〜ンプ!
【K.Iグループ】 photo by Nanook Aurora Tours

ポーラスイート
【ゲストハウス ポーラスイート】

観賞後は、イエローナイフの町へ。
街路樹は当然ながら霧氷で真っ白。今回の宿ポーラスイートは、同じようにオーロラに魅せられた日本人が経営しています。

日本の炊飯器など必要なものは全てありますが、初日は自炊せず、各自持ち寄ったカップ麺やレトルト食品で夜食を済ませました。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  12月29日  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


翌日はお昼に起床し、昼食後は周辺散策。15時頃の気温は−33℃でした。夕食後、ツアー出発。
今夜も素晴らしいオーロラが出ています。何とか呼吸の要領も得たので、yoshiさんにカメラ設定していただき、私も撮影開始。皆さんのような立派な三脚はないので、ミニ三脚ゴリラポッドをアイスロードに置いて撮影しました。ちょっとピンボケもあるけど、シャッター押しただけで私のような者でもこれだけ撮れるので、本当に感謝感激です。(私のカメラは色が少しオーバーですけど・・・)


第2夜 オーロラ
【第2夜 オーロラ (拡大)】

第2夜 オーロラ
【第2夜 気温−40℃ (拡大)】

車内は常に暖かいので、寒くなればすぐ避難。毎晩、一旦街に戻るトイレタイムと、yoshiさんの奥様の手作りケーキ&温かな飲み物のティータイムがあり、とても楽しみ。この日もオーロラがきれいだったので、ツアーは21:30〜翌04:00まで。星の数もハンパなく、素晴らしいオーロラに感激でした。


第2夜 オーロラ
【第2夜 (拡大)】

第2夜 オーロラ
【第2夜 (拡大)】


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  12月30日  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


今日も昼食後はお土産屋さんや郵便局など周辺散策。その後yoshiさんの案内で、日没を見にパイロット・モニュメントのある丘へ行きました。北緯62度のイエローナイフ。この時期14:50には日が沈みます。ちなみに日の出は10:00頃だそうで、まだ夢の中。


気温−36℃
【気温−36℃】

日没
【14:50日没】

その後は湖上アイスロードへ。若い方達は元気いっぱい。何度もジャン〜プ!に挑戦して、大笑いです!


湖上アイスロード
【湖上アイスロード】

ジャ〜ンプ!
【ジャ〜ンプ!!】

雪の下は透き通るような湖で、とってもきれい。

イエローナイフは大小の湖が数え切れないほど点在していて、冬期は全てが凍結します。立派な生活用道路になり、運輸局が定期的に測り重量制限をしているそうです。


凍結湖面
【凍結湖面】

そして今夜も素晴らしいオーロラでした。ツアー時間は21:20〜翌03:30。


第3夜 オーロラ
【第3夜 オーロラ (拡大)】

第3夜 オーロラ
【第3夜 気温−43℃ (拡大)】

明るくなびく、壮大なオーロラ。 素晴らしさに、うっとりして、
夢中でシャッター押していましたが、後で見るとなんだか白い・・・


第3夜 オーロラ
【第3夜 (拡大)】

第3夜 オーロラ
【第3夜 (拡大)】

第3夜 オーロラ
【第3夜 (拡大)】

上の写真と、左の写真。
設定はどれも「ISO1600 F1.8 15秒」
オーロラの明るさで、ずいぶん雰囲気が違います。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  12月31日  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


今日は大晦日。明日はお店も休みになりそうなので、今日のランチは外食です。

気温−39℃
【気温−39℃】

皆さんの希望は極北イワナのお寿司。これで15ドル(C$1=約103円)。味はサーモンのさっぱり風。


SUSHI NORTH
【SUSHI NORTH】

C$15
【C$15・・・ 高っ!!】

その後オールドタウンへ行きましたが、お目当ての「Bullocks Bistro」はお休みで残念。
小さな町の手作り品の工芸品屋さんや、お土産屋さんなどを巡り歩きました。


Bullocks Bistro
【極北料理店 「Bullocks Bistro」】

オールドタウン
【オールドタウンの工芸品店】

運良く来た市営(?)無料バスで、街に戻ってきました。明日は「Happy New Year」
イエローナイフの車のナンバープレート、しろくま君も凍えています。


Happy New Year
【Happy New Year】

しろくまプレート
【しろくまプレート】

イエローナイフ 花火
【Happy New Year 花火】

今夜は、オーロラ観賞の前に近くの湖上の花火を見に行きました。

15分ほどでしたが、小さな街の可愛い花火。なんだか心温まる気がしました。

そして今日も素晴らしいオーロラ。
連日のオーロラに、ただただ感謝感激です。

第4夜オーロラ
【第4夜オーロラ (拡大)】

筒状のオーロラが現れ、やがて広がり、なびいて行きます。空いっぱいの、まさに天体ショー。


第4夜オーロラ
【第4夜 (拡大)】

第4夜オーロラ
【第4夜 (拡大)】

宝石を散りばめたような星、星、星。  オリオン座の周りにも、た〜くさんの星たち。
素晴らしいオーロラを見ながら、Happy New Year! 2014年になりました。素晴らしい年越しに感謝。


星、星、星
【星、星、星 (拡大)】

オリオン座
【街の上のオリオン座 (拡大)】

ひときわ明るいオーロラが現れました。白い龍の乱舞のようです。


第4夜オーロラ
【第4夜 (拡大)】

第4夜オーロラ
【第4夜 (拡大)】

第4夜オーロラ
【第4夜 気温−42℃ (拡大)】

今夜のツアー時間は21:15〜翌03:30。
感動の年越しの夜でした。

宿に戻り、夜食に皆さんで年越しそばをいただきました。正確には新年になっていましたが、気分的には「今年一年の無事と幸運に感謝です。」

年越しそば
【年越しそば】




前回:三国山稜    HOME    山域別   翌日:オーロラツアー(お正月)