会津駒ヶ岳

あいづこまがたけ(2132m)


檜枝岐に泊まった翌日は、ハクサンコザクラを見に会津駒ヶ岳へ向かいました。
でも稜線上はガスで真っ白。残雪が多く花も少なめだったので山頂ピストンになりました。


2012.7.25
(水)
 民宿
「かどや」
駒ヶ岳
登山口BS
駒ヶ岳
登り口
ブナ林水場駒ノ大池会津駒ヶ岳肩の小屋水場駒ヶ岳
登り口
アルザ
尾瀬の郷
曇り
ガス・小雨
 05:20発05:4006:1507:05
07:15
08:0009:3010:00
10:10
10:50
11:30
12:40
12:50
13:4514:20着
14:54発



会津駒ヶ岳は、ずっとハクサンコザクラの時期に行こうと思っていましたがチャンスなく、4年前は秋に登った山でした。秋晴れの素晴らしい展望は味わったので、今回こそハクサンコザクラを期待していました。


早朝に民宿かどやさんを出て、20分ほどで「駒ヶ岳登山口」バス停に到着。ここからは4年前と同じ道で、すぐ先に公衆トイレもあります。

会津駒ヶ岳 入口
【会津駒ヶ岳 入口】

秋に夜行バスで来た時は到着が4時半頃。まだ真っ暗でヘッデンで歩き始めましたが、この近道入口に気付かず車道を遠回りしてしまいました。今回は沢の流れを見ながら、しっかり左側も見て歩き、この近道から入りました。


近道 入口
【近道 入口】

沢沿い
【沢沿い】

会津駒ヶ岳 登山口
【会津駒ヶ岳 登山口】

少しすると下からオルゴールが聞こえて来ました。
はるかな尾瀬♪遠い空♪「夏の思い出」です。
時刻はちょうど6時。 なんだか、いいなあ~
檜枝岐村の皆さんは早起きなんですね~


上の駐車場に出て、しばらく車道を進めば左手に会津駒ヶ岳の登り口があります。

6:30になったら、今度はラジオ体操の放送も聞こえてきました。檜枝岐村っていいですね~

ミズナラやブナなどの樹林帯を登っていくと、倒木ベンチがあります。

倒木ベンチ
【倒木ベンチ】

その後もブナ林が続き、大木も多く緑いっぱいの道が続きます。
秋も黄葉がきれいな森でした。途中で木々を見上げながら、しばし休憩。


山頂まで4.1km
【「山頂まで4.1km」標柱】

ブナ大木
【ブナ大木】

水場
【水場】

水場のある小広場にはベンチが幾つかあります。
水場は少し下った場所にあるので、ちょっと寄って今は飲むだけ。汲んで持ち帰りたいので、帰路にも寄ろうと思います。

水場を過ぎるとシラビソやダケカンバ帯に変わり、木々の向こうには会津駒ヶ岳から東へ延びる緩やかな尾根が見えるはずですが、今日は真っ白。

ガス・・・
【ガス・・・】
雫
【可愛い雫】

ミツバオウレン・マイヅルソウ・アカモノなど見つつ、雫をつけた葉っぱなども愛でながら進みました。



マイヅルソウ

ウラジロヨウラク

イワイチョウ

ハクサンチドリ

樹林帯を抜けると、ワタスゲやイワイチョウが増えて、ウラジロヨウラクも可愛い。
池塘には水草が透けていて、霧にけむる濃淡の景色はなんともいえない風情です。


池塘
【池塘】

木道
【木道】

木道を上がって行くと、ガスの中に突然ベンチが見えて、駒ノ小屋に着きました。隣に駒ノ大池。


駒ノ小屋 ベンチ
【駒ノ小屋 ベンチ】

駒ノ大池
【駒ノ大池】

このあたりからハクサンコザクラが咲いているはずですが、見回しても真っ白。
目を凝らすとガスの中にピンクの点々がちらほら見えて、嬉しくなりました。
でも、なにやら寂しげ。  今年は季節が遅れているものね~・・・


ハクサンコザクラ
【ハクサンコザクラ】

ハクサンコザクラ
【ハクサンコザクラ】

会津駒ヶ岳 山頂
【会津駒ヶ岳 山頂】

駒ノ大池を回りこんで、会津駒ヶ岳の山頂へ向かいました。さらに真っ白。何も見えない。

時々、人が行き交います。
何も見えないけど、山の空気はやっぱりおいしい。
心ゆくまで深呼吸。

反対側へ下れば、中門岳方面が一望できて素晴らしい展望なのに、こちらはガスと残雪で更に真っ白になっていました。

巻き道分岐の先まで進みましたが、向こうから来た人に聞けば、まだあちこち雪が残り、花は期待しないほうがいいとのこと。

中門岳方面
【残雪  ガス・・・】
巻き道分岐
【巻き道分岐へ戻る】

そうか・・・花も少ないなら、秋の素晴らしかった中門岳の思い出のためにも、また来たほうがいいかな~

天気が良ければ中門岳ピストンして、キリンテ下山の予定だったけど、また来ることにしよう!
と、巻き道分岐へ戻りました。


周辺も、よーく見れば少し咲いています。一面のピンクは、またのお楽しみにしましょう。
今年の天候条件はイマイチでも、それでも健気に咲いていてくれた花達に感謝して引き返しました。


ハクサンコザクラ
【よーく見れば 少し咲いている】

ハクサンコザクラ
【可憐なハクサンコザクラ】

墨絵のような景色のなか、巻き道を通って戻ります。天気が良ければ右手に平ヶ岳(たぶん)が見える道です。


巻き道
【巻き道】

駒ノ大池へ戻ると小雨が降ってきたので、駒ノ小屋に入れていただいて他の方たちとお昼にしました。
かどやさんで作っていただいた朝食代わりのおにぎり弁当は、岩魚の甘露煮・しそ巻き味噌、
ゆで卵・チーズなど、おかずもたくさんだったので、とても美味しく頂きました。


駒ノ大池へ
【駒ノ大池へ戻る】

駒ノ小屋
【駒ノ小屋】

雨は間もなく止んだので、よかった。少しは明るくなった気がします。
下りるにつれガスも薄くなり、池塘横のベンチも見えてきました。


木道
【少し明るくなった木道】

池塘ベンチ
【池塘ベンチ】

今朝来た道を戻って行きます。湿度が高いのでシラビソのいい匂いがしていました。
水場で岩清水をボトルに汲んでお土産にして、更にブナ林を下って行くのですが・・・


巻き道分岐
【彫りキズ】

ここの下りはちょっと憂鬱。
次々と、ブナ大木のキズが見えてしまうのです。他の山域では目にしない名前や日付の彫りキズ。4年前に初めて来た時も、下山で悲しくなりました。

でも、往きでは気付かなかったキソチドリのような素敵な花も目に付きました。「ツレサギソウ属」のなにかでしょうか。

ツレサギソウ属?
【ナントカチドリ?】


ヒロハユキザサ

?チドリ

タマガワホトトギス

ヤナギラン

アルザ尾瀬の郷
【アルザ尾瀬の郷】

登山口バス停に下り立ち、左へ10分ほど行くと、アルザ尾瀬の郷があり、ツアーバスを利用した時はここが帰路便のバス停でした。

キリンテ下山で最終バスを覚悟していましたが、ずっと早い時間のバスに乗れます。アイスクリームやお土産を買って、路線バスを待ち、会津高原尾瀬口という駅から鉄道利用で帰宅しました。



私の頭は相当固く、尾瀬も谷川岳同様新幹線を使わないと行けない所と思い込んで、路線検索すらしたことがありませんでした。なので、安いツアーバス利用しか思いつかなかったけれど、6月の尾瀬ハイキングで東武鉄道を利用できることが分かって、尾瀬も夜行バス+路線バスで行けば一日使える山域として考えられるようになりました。今回は、燧ヶ岳の展望も会津駒ヶ岳のハクサンコザクラも残念だったけど、それでも気持ちのいい田代湿原や、幻想的なしっとり山の気に浸れたので、リフレッシュできました。ハクサンコザクラのピンクの湿原散歩は、またいつか計画しようと思います。


 会津駒ヶ岳の花々




前回:燧ヶ岳    HOME    山域別    次回:雲ノ平・水晶岳