丸山・日向山

まるやま(960m)・ひなたやま(633m)


厳しい寒さが続いたこの冬、近郊の山にも遅い春がやってきたようです。
春の妖精セツブンソウに会いに、秩父の丸山から日向山を歩いて来ました。


2012.3.20
(祝)
 芦ヶ久保駅丸山
登山口
伐採地丸山森林館芦ヶ久保
分岐
日向山琴平神社芦ヶ久保駅
晴れ  08:40着
 08:50発
09:3009:55
10:00
11:00
11:35
11:55道迷い
20分
12:5013:20
14:35
14:5015:20着
15:42発




今回は2010年3月と同日・同コースです。芦ヶ久保駅で下車、駅前広場から見ると山肌には色がほとんどない。梅や連翹などピンクや黄色がなくて、春まだ浅い雰囲気です。駅前の階段を下り、国道に出て左へ進み、道標から右へ進むとまた道が分かれます。前回は左の農道公園方面の道を上がったので、今回は右の車道をそのまま上がってみることにしました。


丸山へ
【右の民宿ふる里方面へ】

民家の少ない山間のクネクネとした車道を上がって行きます。途中に何度か左の「山の花道」への分岐がありましたが、右の「民宿ふる里」方面へ上がって行きました。庭先のフクジュソウやオオイヌノフグリなどが、光いっぱい浴びて咲いています。


上の方には梅畑(桃畑?)がありました。花の咲く頃ならきれいでしょうね。
武甲山を振り返りつつ道標に従って上がって行くと、見覚えのある登山口に出ました。
あの石垣左に道標があるのですが、木陰なので見え難いです。


武甲山
【桃(?)畑から見る武甲山】

丸山 登山口
【丸山 登山口】

雑木林の鳥獣防止ネットを開閉して進むと植林になりますが、木の子茶屋分岐を過ぎると左に伐採地が見えるので、前回同様ちょっと寄り道。

ヤブっぽいですが背丈は低く、午後に歩く尾根の眺めがいいので伐採木に腰掛けて休憩。
そのまま進めば上の登山道に合流します。


伐採地
【伐採地を振り返る】
車道横断
【ひとつめの車道横断】

木の子茶屋方面からの道と合流すると、所々に雪が残っていました。霜柱ザクザク踏んで、しばし急登。

やがて一つ目の車道を横断。更に、この先でもう一度車道を横断すると、「県民の森」案内板や東屋のある三叉路に出ました。

丸山への尾根上にはごく一部だけど、ツルツルの凍結残雪があるので慎重に進みます。

残雪あり
【一部にツルツル残雪あり】
丸山山頂
【丸山山頂】

丸山山頂に到着。
北側に、まだ雪がうっすら残っていました。
早速展望台へ上がってみます。


春霞ながら今日は晴天。南東方面には丹沢〜奥多摩〜長沢背稜が望め、
南西方面には武甲山〜奥秩父〜八ヶ岳〜両神山が見えていました。

丸山展望台からの眺め
【丸山展望台 南から西】

北西方面には浅間山〜谷川岳〜赤城山〜白根山〜男体山が見えています。
展望盤があるので見比べながら山座同定しますが、慣れない山域は難しい。

丸山展望台からの眺め
【丸山展望台 西から北】

森林学習 展示館
【展示館と920m山】

ベンチでの昼食後はさっきの東屋がある三叉路まで戻って、県民の森の展示館へ下りました。

冬期使用不可だったトイレは今日は使用可能。隣の簡易トイレも「使用できます」の張り紙がありました。

前回、展示館の左から金昌寺方面へ進み、途中で尾根の上に移りましたが、今回は展示館の右側を回って上の920mピークを目指しました。

短い植林を抜けると920m点でしょうか、ここからは明るい落葉樹林。誰も通らない静かな道になります。


春の光が燦々と降り注ぐ、落ち葉道。
ほんとに、なんて気持ちいいんでしょう〜!
風は冷たいけれど、光いっぱいがほんとに嬉しい〜

920m点
【春の光  燦々】

やがて下りになり、車道を横断して向かいに続く道へ進みます。ちょっとヤブっぽい道から明るい落葉樹林。そしてカラマツ林を過ぎると、やがて右下遠くに野外活動センターのグリーンビレッジが見えてきます。


「休息所」分岐
【休息所分岐道標】

休息所分岐の道標を見つつ、『どこへ出るのか興味はあるけど、今日はパス』と思いながら下って行きました。

この先で道迷い。ロス20分。


「休息所」分岐を過ぎて、やがて芦ヶ久保分岐っぽい所に来ました。『ここ、ここ。でも、前はファイル道標があったのに、なくなったのかな〜』と思いつつ左へ進むと・・・・・道が消えてしまって、何だか違う雰囲気。
でも右の道はかなり下って行くみたいなので違うと思う。仕方ないので分岐点を探しながら引き返し、さっきの休息所分岐道標まで戻ってしまいました。

『休息所からも下りれるかも知れない』と思って、休息所方面へ進めば、こちらもすぐ道が消えて、そんなものどこにもない感じです。『参ったなあ〜 芦ヶ久保への分岐が消えちゃった・・・』と再度地図をじーっと見れば、グリーンビレッジをもっと後方に見る位置に分岐がある様子。仕方なしにまた下って行って、勘違い分岐から更に下ること4分で、『あったあった、ファイルもあった』の正しい芦ヶ久保分岐がありました。ホッ


勘違い分岐
【勘違い分岐】

芦ヶ久保分岐
【正しい芦ヶ久保分岐】

芦ヶ久保駅方面
【「高篠県造林」の青看板】

ほんとにどうしていつも1度歩いた道で迷うんだろう。私の道迷いは殆どが2度目3度目の時。ボケた思い込みが問題なんだなあと思いました。

「高篠県造林」の青看板が見えれば、もう大丈夫。

あとは植林を下り、小さな沢を渡って、雑木林の山腹道を進んで行きます。別荘地(?)で車道横断して、更に山道を進んで行くと・・・

山腹道
【明るい山腹道】
セツブンソウ
【セツブンソウ自生地】

今年は厳しい寒さが続いたので、花期は相当遅れ、一昨年と全く同じ日なのに、まだこれからの花も多い様子です。



乙女

親子

双子

仲たがい?

狭い所なので花数は少ないけれど、落ち葉からそっと顔を出して咲いている、健気な春の妖精たち。
何度見ても、この色と姿は不思議で、魅力的です。


【三姉妹】

アズマイチゲはどうかなと先へ進むと、柵の中にそれらしい姿は全くなくて、
道端に飛び出した一輪のみが咲いていました。隣に妹二輪がスタンバイ。
ほんのり淡いピンクの蕾も白い花びらも、とっても可憐な花ですね。
でも『一昨年は夢だったの』と思うくらい何もなくて、今はまだ一面の落ち葉でした。



【アズマイチゲ】


【蕾もわずか】

上のロウバイ園へ行ってみると、こちらもようやく咲き始め。
蕾も随分少なく、地元の女性も「今年は寂しい」と話していました。
逆光になった武甲山見つつ、しばしティータイム。


ロウバイ園
【ロウバイ園】

ロウバイも咲き始め
【ロウバイも咲き始め】

日向山
【日向山】

日向山の山頂を通り、二子山など眺めてから芦ヶ久保駅へ向かいました。

明るい落葉樹林を西へ行くと、やがて芦ヶ久保駅分岐の道標があります。駅へは左折しますが、道はこの先も続いているのでちょっと気になる。どこへ出るのか、今度探索してみようかな。

芦ヶ久保駅分岐
【芦ヶ久保駅は左へ】
琴平神社
【琴平神社 鳥居】

急な階段を下って、ネット開閉すれば琴平神社。今日の晴天と可憐な花達に感謝してお参りしました。

鳥居を出て、「風の道コース」を下って行きます。

前回いい匂いがしていたここの梅もまだまだ。蕾も少ない気がします。ここからまた山道です。

梅もまだ
【梅もまだこれから】
「風の道コース」
【「風の道コース」】

農道公園分岐を過ぎると、まもなく右へ折れます。
分かり難いけど、道標完備なので大丈夫。

小さな沢を渡ると、芦ヶ久保大観音の建つ広場に出ました。この大きな青銅色の観音様は、芦ヶ久保駅からも望めます。

あとは車道歩き。

芦ヶ久保大観音
【芦ヶ久保大観音】
「風の道・山の花道」分岐
【「風の道・山の花道」分岐】

途中にある「風の道コース・山の花道コース」の分岐。前回、往きに通ったのが「山の花道コース」、下りて来たのは今回と同じ「風の道コース」。

今回、往きに通ったのは、ずっと東の車道です。このあたりは道が交錯しているので分かり難いけれど、とりあえず朝は上へ行けばいいし、帰りは下へ行けば大丈夫みたいです。



3度目の今回、ようやく丸山から360度の展望が得られ、おぼろげながら北の山々も同定できたような気がします。できればあの山々も登って、展望盤なしでも分かるようになれればいいなあと思います。
青空の下、今年も可憐なセツブンソウやアズマイチゲに逢えてよかったです。明るい春の一日に、感謝。



前回:蛭ヶ岳・焼山    HOME    山域別    次回:城山・景信山