お坊山東尾根・笹子雁ヶ腹摺山

おぼうやま(1421m)・ささごがんがはらすりやま(1357m)


以前歩いたお坊山東尾根は自然林が多く、紅葉もよさそうな雰囲気の尾根でした。
取り付きが分かりにくく大変でしたが、4年経ってどんな状態か偵察を兼ねて再度挑戦。
予報より天気がよくなってきたので、予定を変更して笹子雁ヶ腹摺山まで足を延ばしました。


2011.11.5
(土)
 笹子駅東尾根
入口
入道山棚洞山東峰お坊山米沢山笹子雁ヶ腹摺山登山口笹子駅
曇り  07:35着
 07:40発
08:1009:20
09:25
10:05
10:15
11:15
11:45
11:55
12:15
12:50
13:00
14:00
14:20
15:2515:55着
16:21発



朝は曇っていたので、2007年1月と全く同じルートのつもりで家を出ました。笹子駅で下車すると、今日は沢山の登山者がいます。笹子駅は周辺の山へ行くのに便利な基点。笹子雁ヶ腹摺山や本社ヶ丸、滝子山など、改札を出るとそれぞれ西・南・東と分かれて行きました。

途中までは滝子山ルート。国道を右へ進み「吉久保入口」で左折。道標に従い稲村神社の角まで進みます。少し先で滝子山へのルートと別れ、左折するともう誰もいません。高速道路を右手のガードで潜ると、正面に古い白看板があります。左へ折れて、ここからが問題。


焼け焦げた「お坊山登山道」の案内板あたりが入口だったようですが、相変わらずヤブ斜面。しかし数m先に細い踏み跡が出来ていたので、今回は分かりやすくなっていました。

が、踏み跡は2,3度折り返したら消えてしまいました。落ち葉グズグズの崩れ急斜面。かなりの斜度なので雨でも降ればすぐ消えてしまうのでしょう。尾根上へ向けてともかく這い上がるしかありません。

前回は違う所から登ったので悪戦苦闘しましたが、今回は10分経たずに細い踏み跡が復活しました。間もなく「お坊山登山道」の白看板に出て、ここからははっきりした道です。



お坊山東尾根 旧登山口
【お坊山東尾根 旧登山口】
黄葉
【黄葉の林】

山火事で焦げてしまったアカマツ林を過ぎると道は緩やかになります。送電鉄塔を過ぎると黄葉も多くなりました。

細かな上下で入道山に到着。山火事はこの辺まで延焼したようで、焦げた幹の間に赤松の幼木が植えられていました。

3分先に古ベンチがあり、向いの滝子山や浜立尾根の紅葉が見えています。

入道山
【入道山】

基本的に道は尾根上についていますが、時々北側を折り返しながら登って行きます。
気持のいい自然林の道で、静かな林の中を心うきうき紅葉見上げつつ進んで行きました。


紅葉
【朱色 橙 黄色】

紅葉
【紅葉見上げつつ】

鮮やかな赤色のモミジが多くなって棚洞山に着きました。
ここは南側だけが植林で、周辺は自然林なので紅葉がきれい。


棚洞山
【棚洞山から見るお坊山】

棚洞山の紅葉
【紅葉  黄葉】

棚洞山は巻き道もあり、すぐ下で合流。巻き道の紅葉も良さそうでした。

コアジサイの黄葉や、落ち葉いっぱいの道。
カサカサ、サクサク・・・いい気持ち。


お坊山東尾根
【お坊山東尾根】

この先は登りだけが続く長い尾根で、時々北側へ大きく折り返しながら登って行きます。
紅葉の向こうに見えていた隣の滝子山。山頂が少しずつ低く見えるようになってきました。


お坊山東尾根
【右へ折り返しつつ】

滝子山
【滝子山見つつ】

古ベンチ
【古ベンチで折り返す】

落ち葉カサカサ登って行きます。冬に来た時は靴が埋もれるほどで、楽しい道です。

折り返し点には古ベンチがあり、落ち葉に隠れそうになっていました。

誰もいない東峰に到着。
ここにも古ベンチがあります。お坊山東端のベンチの方が見晴らしはいいけれど、こちらの方が静かなので早めのお昼にしました。

お坊山 東峰
【お坊山 東峰】
大鹿峠分岐
【大鹿峠分岐】

東峰から少し進めば大鹿峠分岐で、お坊山から大鹿峠へは上のベンチから真っ直ぐ下りるのではなく、こちらの巻き道ルートが正規ルートになっていました。

すぐ上がお坊山東端のベンチです。
ここからは小金沢連嶺〜滝子山の眺めが素晴らしく、すっかり葉を落としたコンドウ丸の丸みを帯びた尾根が気持ち良さそうに見えています。

ベンチの北側にあった大鹿峠への急降下の近道は今はヤブになって通れないようになっていました。

お坊山ベンチ
【お坊山ベンチ】
お坊山 山頂
【お坊山 山頂】

少し進めばお坊山の山頂。
今日は曇っているので、富士山も雲に隠れたり中腹だけ見えたりで、南アルプスも八ヶ岳もうーっすら見えるだけです。

『稜線はすっかり落葉しているし曇っている。大鹿峠から西への下りは紅葉もきれいそうだから、今日はやっぱり甲斐大和へ下りよう。』と、さっきの分岐まで引き返すことにしました。

が、歩き出して間もなく日が差し始め、見上げれば青空も見えて来ました。そして、なんと富士山も山頂が見えてきて、びっくり!嬉しい〜!

富士山と青空が見えるなら、帰るのはもったいない。大鹿峠方面の紅葉も気になるけど、笹子雁ヶ腹摺山への稜線も好きなのでやっぱり縦走しようと、またお坊山へ引き返しました。

富士山
【富士山】
トクモリへ
【トクモリへ】

きれいな富士山を眺めて、トクモリへ。自然林に覆われた山頂が、こんもりと見えています。

トクモリの山頂は平坦なので通過点のような感じですが、とても雰囲気のいい山です。木漏れ日の明るい山頂には、わずかに残っていた赤いモミジが彩りを添えていました。

トクモリ
【トクモリ】

この先もすっかり落葉した稜線ですが、赤色だけは僅かに残り、ここはもう少し早い時期なら紅葉もきれいだったろうな〜と思いました。稜線上は台風など強風に遭えばあっという間に葉も散って、紅葉の見頃期間は短かそうですが、一度その頃に歩いてみたいなあと思います。


米沢山へ
【米沢山へ】

もみじ
【赤いもみじ】

高度を落とすと橙色も残っていて、とってもきれい。日差しのある赤い葉は本当にきれいで鮮やかです。


赤色 橙色
【輝く赤色 橙色】
米沢山
【米沢山 山頂】

一旦下って登り返せば米沢山で、ここはもうすっかり落葉していました。

この先、笹子雁ヶ腹摺山へは岩っぽい急下りで、クサリ場が2ヶ所あります。どちらも足場はあるので大丈夫ですが、悪天時は注意が必要です。

クサリ場
【クサリ場】
お坊山
【お坊山】

細かな上下の先、右へ折れる高みでは左に見晴らしのいい岩の露頭があります。目の前のお坊山から派生する尾根が大きく、山肌の紅葉がきれいでした。

この先も稜線上には赤色の紅葉が残っていました。笹子駅周辺には1300m〜1400mの山が取り巻いているので、もう少し早い時期にグルッと回れば紅葉が続いて楽しそうです。

奥に米沢山
【振り返る紅葉と、奥に米沢山】
笹子雁ヶ腹摺山
【笹子雁ヶ腹摺山 山頂】

植林の脇を急登して笹子雁ヶ腹摺山山頂に到着。
この時間はもう隠れているだろうと思っていた富士山がまだ見えていました。

さっきよりどんよりした感じですが、やはり富士山が見えれば嬉しい。誰もいないので、ゆったりとティータイムにしました。

笹子雁ヶ腹摺山の南側も急坂なので細かなジグザク下りです。上の方はすっかり落葉していました。



東側は植林ですが、西側は自然林なので、こちらも紅葉がきれい。赤や黄色の林を眺めつつ下って行きます。足元にはコアジサイの黄葉もきれいでした。

笹子雁ヶ腹摺山の南側
【山頂を振り返る】

笹子雁ヶ腹摺山の紅葉
【笹子雁ヶ腹摺山の急坂】

紅葉
【西側の紅葉】

送電鉄塔
【送電鉄塔】

緑色が多くなり、送電鉄塔の下を通り抜ければ、短い植林下りで車道に出ます。あとは真っ直ぐ笹子駅へ向かうだけ。



お坊山〜笹子雁ヶ腹摺山は自然林が多く、静かなので好きな山域です。東尾根の入口は以前より少しは分かりやすくなっていましたが、取り付いてしばらくは相変わらず踏み跡が不明になる激登でした。紅葉もきれいだったので、今度は新緑の頃にも歩いてみたいと思います。



前回の笠取山    HOME    山域別    次回の熊倉山南西尾根・生藤山