入笠山

にゅうかさやま(1955m)


リハビリウォーキング第3弾は、ゴンドラ利用で標高差約200mの入笠山です。
入笠湿原には四季折々の花が咲き乱れるので、晩夏の花を楽しみに出かけました。


2011.8.27 (土)
曇り、時々青空
 富士見パノラマ
山頂駅
入笠湿原お花畑入笠山入笠湿原富士見パノラマ
山頂駅



予定より一週間遅れでスーパーホリデーパス期限ギリギリ利用。高尾周辺は霧雨でしたが、笹子トンネルを抜けると青空になっていました。しかし南アルプスや八ヶ岳には雲がかかり鳳凰三山すら隠れています。 入笠山の登山口は沢入ですが現在は路線バスがなく、富士見パノラマリゾートから無料シャトルバスが出ているようです。冬は往復それぞれ2便ありますが夏は1便のみ。富士見駅10時発のバスでゴンドラ山麓駅に向かいました。


入笠湿原へ
【入笠湿原へ】

往復切符は割安(片道1000円・往復1600円)で、乗り場前には地元野菜を売っていました。ミニトマト(200円)とブルーベリー(200円)を購入。

下界は夏の太陽でしたが、ゴンドラで上がるにつれガスがかかり、山頂駅からの八ヶ岳は全く見えません。今日は展望より花が目的なので、早速入笠湿原へ向かいます。


道標に従って樹林帯を抜け、下って行くとすぐ入笠湿原です。正面に見える入笠山の山頂にもガスがかかっています。緑の湿原には蝶も沢山飛んでとんでいて、大きな目の模様の色鮮やかな蝶(クジャクチョウ)が目立ちました。


入笠山にはガス
【入笠山にはガス】

クジャクチョウ
【クジャクチョウ】

いろいろな花が咲いていますが、今はサワギキョウやエゾリンドウなど紫系の花が目立っていました。シラカバの白い幹に紫色がよく映えています。

サワギキョウもよく見ればとても個性的な形で、今にも一斉に飛び立ちそうな雰囲気です。


白樺林
【サワギキョウと白樺林】

木道
【木道】

サワギキョウ
【サワギキョウ】

紫色の中でひときわ輝いて見えるのがアケボノソウ。白馬岳で見たミヤマアケボノソウは深い紺色で知的な雰囲気でしたが、こちらは白い花。夜明け前の星に見立てた斑点や黄色の月もあって、なかなか粋な装いです。「アケボノソウ」の名にふさわしい素敵な花で、あちこちたくさん咲いていました。


アケボノソウ
【アケボノソウ】

アケボノソウ
【アケボノソウ】

マツムシソウ
【マツムシソウ】

クサレダマ(腐れ玉じゃなくて草蓮玉)、ウメバチソウ、マツムシソウも咲いていましたが、マツムシソウは山頂にたくさん咲いていると思っていたので写真も遠くから一枚撮っただけでした。

ベンケイソウも初めて見ましたが、高山の岩場に咲くイワベンケイの山地型(?)でしょうか、ピンクの可愛い花でした。



クサレダマ

ベンケイソウ

ウメバチソウ

エゾリンドウ

色とりどりの花を見ながらゆっくりしていましたが、そろそろ山頂へ向かいます。

入笠湿原
【入笠湿原】
お花畑
【お花畑】

山彦荘の先から林道下の遊歩道を進んで行くと、マナスル山荘向いの大きな草原斜面に出ました。以前はマナスル山荘前に入笠山登山口がありましたが、今はこの草原斜面に遊歩道が出来て「お花畑」と呼ばれています。

鹿柵ネットを開閉して入ると、こちらも色々な花が咲いています。中央にヤナギランが集まっていましたが、花はもう殆どが咲き終わっていました。

ハクサンフウロ、アキノキリンソウ、ノハラアザミなどが咲き、上の方はコオニユリが花盛りでした。

コオニユリ
【コオニユリ】


クサフジ

ヤナギラン

ハナイカリ

エゾカワラナデシコ

入笠山 山頂
【入笠山 山頂】

お花畑の上の樹林帯を登れば、入笠山の山頂。
360度の展望が得られるのですが今日は雲いっぱいで、わずかに諏訪湖が見えるだけです。


山頂周辺のマツムシソウ群生を期待して登って来ましたが、なんと今は殆どというか全く見られず、
わずかに数輪見つけただけでした。  これも鹿に食べられてしまったのでしょうか、とても残念。
八ヶ岳は幾重もの大きな雲に覆われ、ススキの上には白く輝く夏雲が湧き上がっていました。


マツムシソウ
【マツムシソウ】

ススキと夏雲
【ススキと夏雲】

岩に腰掛け、お昼。買ったばかりのミニトマトとブルーベリーが美味しいでした。大阿原湿原はほぼ一周樹林帯で花は少ない記憶だったし、帰りのシャトルバスは15時の一便のみという制約もあるので、今日はこのままピストンで戻ります。

入笠湿原ではまた木道を右往左往。
エゾリンドウも沢山咲いていました。


湿原の木道
【湿原の木道】
入笠湿原の花々
【入笠湿原の花々】

花々をゆっくり眺めて、ちょっと早めに山頂駅へ向かいました。

なぜなら、ゴンドラ往復券を買ったらソフトクリームの割引券(350円→300円)が入っていたのです。これは逃せません。

毎回、ソフトクリームの写真を撮っておこうと思うのに手にしたとたんコロッと忘れ、ついつい・・・
ちょっと寸足らずになってしまいました。

ここのソフトは「ルバーブ」という健康野菜のソフト。色がピンクでちょっと『・・・』でしたが、味はほどよい酸味でさっぱりと美味しかったです。

ルバーブソフトクリーム
【ルバーブソフトクリーム】


久し振りの夏の入笠山でしたが、マツムシソウがすっかりなくなっていてびっくりしました。でも素敵な白花のアケボノソウを見ることが出来たので良かったです。入笠湿原は花が多く四季折々の花で彩られますが、冬の展望も素晴らしく、目の前の白い八ヶ岳は本当に美しいので雪の頃もお勧めです。



《9/1現在》
足は相変わらずで、起床時の強張りは全然変わりません。これってずっと続くのでしょうか、ちょっと心配ですが、無理せず少しずつウォーキングからリハビリ山行へ移行しようと思います。



 入笠山の花々



前回の清里・川俣渓谷    HOME    山域別    次回の御岳山・日の出山