蕨山

わらびやま(1033m)


蕨山は新緑やアカヤシオなどきれいだったので、紅葉も期待して行ってみました。
中腹あたりが見頃で、大ヨケノ頭周辺には染めたような紅葉も見られました。


2010.11.13
(土)
 名郷蕨山
登山口
尾根蕨山
1033m
蕨山
展望台
藤棚山雑木林大ヨケノ頭中登坂さわらびの湯
うす曇り  08:40着
 08:40発
08:5509:30
09:35
10:4510:55
11:45
12:1212:15
12:35
13:1013:5514:55着
14:58発



飯能駅7:40発の名郷行きのバスはほぼ満席。予報より雲が多いもの空は明るく、雨の心配はなさそうです。今回のコースは、2年前の蕨山と全く同じで、帰りのバス便も多いのでのんびり歩けるコースです。


蕨入橋
【蕨入橋】

終点の名郷で下車(790円)。
バス停後方には立派な公衆トイレがあり、その少し先の蕨入橋を渡ります。橋の上から見下ろせば、川沿いのモミジもかなり紅葉していました。

林道終点が蕨山登山口で、道標があります。登り始めの植林は『こんなに急だったっけ・・・?』と思うほどですが、すぐ普通の急登になります。

蕨山登山口
【蕨山登山口】
尾根
【尾根に乗る】

尾根に乗ると鮮やかな黄葉が迎えてくれました。この先からはずっと広葉樹林になるので嬉しい。

途中、少しだけ開けた場所からは伊豆ヶ岳方面が望めます。


尾根は全体を通して狭く、尾根上は葉を落とした木々も多いけれど、両側は紅葉していてきれいです。


露岩
【露岩あり】

紅葉
【紅葉】

アセビの緑や黄葉や落ち葉の道を登って行きます。


アセビ
【アセビ  黄葉】

狭い尾根の両側は紅葉がいっぱい。赤色もほどよく混じっていて、朱色、橙色、黄色と暖かな色合いの中を進んで行きました。曇っているので鮮やかさはなく、しっとり落ち着いた風情の山の紅葉です。


朱色 柿色
【朱色 柿色】

黄色
【黄色】

やがて目の前に露岩の急坂が見えて来ました。『前にも、こんな岩場、あったっけ?』・・・2年前ってそんなに前じゃないと思うけど、初めての山はワクワク・ルンルンで、アカヤシオばかり気を取られていて気づかなかったのでしょうか。


露岩急登
【露岩急登】

紅葉
【紅葉】

ベンチのある高みまで来ると向こうに蕨山が見えてきます。周辺も紅葉黄葉、彩り豊かな道です。


紅葉
【紅葉】

蕨山へ
【蕨山へ】

蕨山最高点
【蕨山最高点】

ピーク手前の急坂を登りきると、蕨山最高点と展望台との中間ピークに出ます。最高点は右へちょっと行ったところで、その先の紅葉はどうかなと行ってみましたが、稜線上はほぼ落葉していました。南側が植林なので、ちょっと沈んだ雰囲気です。


戻って、蕨山山頂標識のある展望台に着きました。大持山から伊豆ヶ岳、棒ノ折方面が霞みながら見渡せています。ここは狭いながらベンチもあるので、多くの人が入れ替わりながらお昼にしていました。


蕨山
【蕨山】

山頂から
【山頂から中間ピークを振り返る】

後半は藤棚山へ向かいます。
ここも下り始めは急坂で、落ち葉いっぱいの道を滑らないように慎重に下りました。


急下り
【急下り】
藤棚山へ
【藤棚山へ】

藤棚山も西から南にかけてはゆったりした雑木林なので、いい雰囲気です。

山頂にはベンチがあり、葉を落とした木々の向こうに蕨山が見えています。

藤棚山
【藤棚山】
藤棚山下り
【藤棚山からの下り】

この藤棚山からの下りは左側が植林ですが、右側は雑木林で、春は新緑の中にミツバツツジが点在していました。


今まで曇っていましたが、少し晴れてきて、弱い光が差し込んで来ました。
時々風に吹かれて、枯れ葉がはらはらと舞い降りてきます。
前回と同じ倒木に腰掛けて、明るい黄葉の林を眺めつつ、ティータイム。

明るい雑木林
【明るい雑木林】   マウスを置くと春

この先もアセビなど常緑樹が多いながら、紅葉も続いています。気持ちよく下って行くと、右下に林道が見えてきました。南側なので明るく、沿道の紅葉もきれいです。


林道の紅葉
【林道の紅葉】

大ヨケノ頭の山頂への登り返しになると、赤い紅葉が多くなりました。
ミツバツツジが咲いていて、アカヤシオの散り花が多かった所です。


紅葉
【紅葉】

大ヨケノ頭
【大ヨケノ頭】

下りの両側も紅葉で、中に一本真っ赤で目を引く紅葉がありました。
染めたような真紅の葉。アカヤシオでしょうか、びっくりするような赤です。


大ヨケノ頭下り
【大ヨケノ頭下り】

鮮やかな紅葉
【染めたような鮮やかな紅葉】

すぐ下で林道を横断します。

次は名もない小ピークですが、こちらも明るい雑木林です。黄葉主体ですが、この先は植林も多くなるので、ここでも黄葉の林に腰掛けて、しばしのんびりしました。


落ち葉道
【落ち葉道】
中登坂
【分岐のある中登坂】

手入れのされた植林や雑木林との境道を下って行くと中登坂で、落合への道が分岐しています。

その先の小ヨケノ頭は植林で、右下に名栗湖が見えます。

名栗湖
【名栗湖が見える】
小ヨケノ頭
【小ヨケノ頭を振り返る】

更に下ると小広い笹原の林があって、ここもちょっといい雰囲気。ちょっと開けた所からは、隣の西平山が見えていました。

後は金比羅神社跡へ向かうだけ。

伐採作業中の植林を下って行くと、小さな鳥居がある神社跡です。現在は小さな祠がぽつんと祀ってあるだけですが、ちょっと寄ってご挨拶。

名栗湖の上方に沿って下って行くと、木々が伸びて見晴しのない「見晴」。

最後は龍泉寺の墓地に出て、道路向かいがさわらびの湯バス停です(東飯能駅まで600円)。

金比羅神社跡
【金比羅神社跡】


蕨山は広葉樹が多く、春はツツジがきれいでしたが、秋は紅葉もきれいでした。登山者も多いコースですが、ほどよい行程でのんびり楽しめるので10年先もずっと歩きたい山だなあと思いました。



前回の向山・三頭山    HOME    山域別    次回の宝尾根・大山三峰山