向山・三頭山

むこうやま(1077m)・みとうさん(1531m)


以前歩いた向山から三頭山へのルートは、ブナなど静かな広葉樹林の森が続いていました。
紅葉の時期に再訪したいと思いつつ延び延びになっていましたが、ようやく行ってくることが出来ました。


2010.11.6
(土)
 余沢東屋向山鶴峠分岐巻き道
分岐
鶴峠分岐三頭山大沢山槇寄山郷原
快晴  08:10着
 08:10発
08:50
08:55
09:30
09:55
10:40
10:50
11:1011:5512:20
13:00
13:2014:15
14:30
15:30着
15:48発



奥多摩駅7:17着の電車は早朝にも拘らず人いっぱい。東日原行きのバス停にはあっという間に行列が出来ました。同じく7:25発の小菅行きも今日は満員で、座れてほっと安心していると、「sanpoさんじゃないですか〜」と言う声。なんとびっくり、また金森さんでした。(笑) 今年はもう何度お会いしたでしょう。今日はお友達とご一緒で、私が「向山へ行くんです。」と言うと、「僕達も向山です。」とのこと。やはりあの山頂の紅葉狙いのようです。


私が向山へ行ったのは6年前の12月。植林のない三頭山コースはないかと検索していて、金森さんの向山紅葉レポを見つけました。すっかり落葉していましたがとてもいいルートだったので、次回は紅葉時期にと思いつつ、あれから何年経ったのでしょう。今日は図らずも、その「向山ルートの師匠」金森さんの後について歩かせて頂くことになりました。

「余沢」で下車(760円)。バス通りを少し戻ると、前回は気づかなかった階段があったので、ちょっと近道。一段下の車道を進み、森林公園を左に見て更に上がって行くと、白い標柱と立派な公衆トイレがある「大多摩ウオーキングトレイル」の入口です。

左に伸びる林道を少し行くと向山(オマキ平)登山口で、道標から段々道を上がって行きます。


向山(オマキ平) 登山口
【向山(オマキ平) 登山口】
きのこの東屋
【きのこの東屋が・・・!】

植林を大きく折り返しながら緩やかに登って行くと、やがて雑木林になりました。あの「きのこのお家」はそろそろかなと思ったら、なんと、見えて来た東屋は根元から倒れていました。可愛い東屋だったのに、残念です。

すぐ手前には向山への山腹ルートが分岐していますが、紅葉もまだのようだし朝日も差し込まないので、今回も尾根ルートで進みました。

コアジサイが黄色に色づき、落ち葉いっぱいの雑木林の中を登って行きます。

落ち葉道
【落ち葉道】

朝日の当たる東側へ回り込むと、三頭山と向山山頂との分岐。右へ上がって行くと、懐かしい櫓組の展望台が見えて来ました。傍にはイロハカエデが立ち、見上げれば光に透けた紅葉がとてもきれいです。


向山の紅葉
【向山の紅葉】

向山の櫓展望台
【向山の櫓展望台】

案内板を見れば西の方にもカエデ林があるようなので行ってみました。金森さんの話では、やはり前回の方がずっと赤く紅葉していたようで、今年は黄葉の占める割合が多いよいうです。それでも初めて見る私には素晴らしい紅葉に見えました。


櫓展望台
【見上げる展望台】

そして今回は課題が一つ。いつも拝見するhgさんのリアルタイム写真。あの素晴らしい写真を真似て同じアングルで撮ろうと思いましたが、私のカメラは視野が狭く、寸足らずの写真になってしまいました。


ところで、この櫓の展望台。かなり古い物なので、事故でも起きて管理責任を問われても困るのでしょう、6年前に来た時は階段下にロープが張られ「立入禁止」の札が掛かっていました。しかし今回、その札は消えていました。なので登ってしまいましたが(スミマセン)、最下段の横板などは外れていました。崩れたりしたら、全て撤去されてしまうのでしょうね。そうなると寂しい。今どき貴重な風情ある櫓展望台。きのこの東屋も倒れたままだったので財政難で管理まで手が回らないのかも知れませんが、何とか残して欲しいなあと思いました。

そろそろ三頭山へ向けて出発。
落ち葉がいっぱいですが、うっすら道形はあります。

左側が植林、右側が雑木林で、やがて明るい黄葉の林になりました。伸びやかな木々の、気持いい林です。少し先には、6年前にはなかった笹畑川分岐の新しい道標が立っていました。


向山から三頭山へ
【向山から三頭山へ】

この先から雰囲気のいいブナ林。苔むした緑の倒木や落ち葉に隠れたきのこなど見かけながら、静かな森を進んで行きます。ゆったりした森の中、所々に階段もあります。道は広くなったり、狭くなったり。
鶴峠分岐まで、静かな紅葉道を進んで行きました。


ブナ林
【しっとりブナ林】

鶴峠へ
【鶴峠へ】

鶴峠分岐
【鶴峠分岐】

鶴峠分岐の道標が立つ尾根に上がりました。
冬枯れの季節には、ここから奥多摩湖の深山橋が見えた記憶があります。

道端に、新しい巣箱が置いてありますが・・・

この先は緩やかな山腹道が続きます。
コアジサイの黄葉が、いっぱい広がっていました。

黄葉コアジサイ
【黄葉コアジサイ】

新しい巣箱が点々と置かれていましたが、やがて向こうに作業中の人が見えてきて古い巣箱と差し替えていました。小鳥たちも、木の香りのする新しい巣箱で冬を迎えられるのは嬉しいことでしょうね。


落ち葉の山腹道
【落ち葉の山腹道】

巣箱設置
【巣箱設置作業中】

小焼山の手前には、南側が見渡せる小さな展望場所がありましたが、今回行ってみると植林がすっかり伸びて、麓の山里も富士山も見えにくくなっていました。残念。


三頭山 北面巻き道分岐
【三頭山 北面巻き道分岐】

更に進むと、三頭山北面の巻き道分岐です。
私はまだ歩いたことがなかったけれど、この巻き道はブナなど林相が美しいと聞いたことがあるので、紅葉の頃に歩こうと思っていました。

金森さんたちは真っ直ぐ神楽入ノ峰を経由して行くとのことなので、一旦お別れです。

巻き道へ入ると、また作業中の方達がいましたが、こちらは登山道の整備。山側を少し削って道幅を広げて下さったようで、お礼を行って通らせていただきました。

北面巻き道整備中
【巻き道整備中の方達を振り返る】
出来立ての登山道
【出来立ての登山道】

土の香りもしてきそうな、出来立てホカホカの足に優しい登山道です。

巻き道は思いのほか長く、クネクネと曲がりながらずっと続いています。北面なので光が弱く、しっとりした雰囲気の淡い色彩で、これもまた素敵です。

北面巻き道
【色いろいろ 北面巻き道】

木々の間からは入小沢ノ峰あたりの紅葉が輝いて見え、とてもきれい。
しかし、この巻き道、ずいぶん長い気がする・・・


入小沢ノ峰あたりの紅葉
【入小沢ノ峰あたりの紅葉】

巻き道紅葉
【巻き道紅葉】

やがて進む方向に向こうの山肌が迫って来ました。
palletさんが「大きな壁みたいよ。」と言っていたのを思い出しましたが、ほんと!壁みたいです。


紅葉の壁
【壁のような山肌】
西面巻き道
【西面巻き道の明るい紅葉】

その先で直角にカーブすると、道は西面を進むようになりました。 とたんに太陽いっぱい。雰囲気が変わって、明るいオレンジ紅葉の道になりました。

地図では、巻き道の北面:西面の割合が2:1くらいですが、実際は3:1くらいで、方向が変わると鶴峠分岐はすぐでした。

巻き道では誰にも会いませんでしたが、ここからは人も多くなります。

鶴峠分岐
【ヌカザス尾根側の鶴峠分岐】
ブナ大木
【ブナ大木】

ブナの大木もあって、こちらも紅葉がきれいです。

三頭山東峰との分岐に出ると、都民の森から上がって来た人達などで賑やかになりました。右へ行けば山頂です。

三頭山山頂に到着。ここは相変わらず賑やかです。金森さんたちはいるかな〜と思えば、いました、いました、目の前。お友達とのランチタイムに私もお邪魔させていただくことになり、楽しいひとときでした。

富士山は残念ながら雲で霞んでいましたが、鷹ノ巣山など石尾根方面はすっきり見渡せていました。帰りは郷原へ下るので、ヌカザス尾根を下るお二人とはここでお別れしました。

三頭山 山頂
【三頭山 山頂】
三頭山 避難小屋
【三頭山避難小屋】

下っていくとすぐ三頭大滝分岐があり、その先の三頭山避難小屋にはトイレもあって便利。大きめの避難小屋で、きれいに保たれています。

僅かに登り返すと大沢山で、あとはずっと下りです。

緩やかに上下して槇寄山の山頂に到着。2月はなかったテーブル・ベンチが2ヵ所に新設されていました。

日当たりのいい丸太ベンチでコーヒータイム。霞んで富士山は見えませんが、三ツ峠が見えていました。

槇寄山
【槇寄山】
落ち葉道
【落ち葉道】

槇寄山から少し下ると西原峠で、数馬と郷原の分岐です。2月に郷原から来たときは、真っ白な霧氷と氷すだれのような雨氷の道でしたが、ここの紅葉は素晴らしいと以前メールを頂いた事があるので、今日はこちらへ下りてみます。


気持ちのいい雑木林。
落ち葉いっぱい。
ふかふか、カサカサ、楽しい下りです。


ブナなどの広葉樹林が続きます。今年は赤系が少ないので華やかさはないけれど、傾いた光に透ける林は黄葉が明るく輝いてきれい。誰にも会わず、静かでとてもいい道でした。


郷原へ
【郷原へ】

黄葉
【黄葉】

やがて植林になり、猪防止柵の扉を開閉すると集落へ出ます。鄙びた山間の畑は、柔らかな秋の光の中で静かな夕暮れを待っているようでした。

郷原バス停には誰もいません。先週小菅の湯から乗ったバスと同じバスになり満員で座れないだろうなあと覚悟していましたが、意外に空席が幾つかあったので座ることができました。よかった、よかった。


郷原
【郷原】


いつかいつかと思っていた紅葉時期の向山。今年は赤系の紅葉が少なめでしたが、青空の下ではとてもきれいに輝いていました。いつも賑やかな三頭山ですが、静かな山歩きが出来るこのルートはやはり素晴らしいと思いました。次回は、新緑の頃にも来てみたいと思います。



前回の天狗棚山・牛ノ寝通り    HOME    山域別    次回の蕨山