白山・大汝峰

おおなんじみね(2684m)
平成27年7月26日〜27日

北陸新幹線開通により、金沢からの帰りも便利になったので、長年課題の白山へ行ってきました。
「花の白山」と呼ばれる通り高山植物が多く、初日は青空で大汝峰からの眺めも素晴らしいでした。


2015.7.26
(日)
 別当
 出合
中飯場別当覗甚之助
避難小屋
南竜道
分岐
エコーライン
分岐
弥陀ヶ原
三叉路
白山
室堂
大汝峰白山
室堂
晴れ  09:05着
 09:30発
10:05
10:15
10:55
11:05
11:45
12:20
12:4513:2514:3514:55
15:30
16:30
17:00
17:40着



金沢駅 「鼓門」
【金沢駅 「鼓門」】

八王子駅21:40発の夜行バスに乗り、翌朝6:00金沢駅に到着しました。40数年ぶりの金沢駅は、びっくりするほどオシャレな駅になっていて仰天。

周辺を歩いて、駅の観光。傘のおもてなしをイメージしたというガラスのドームが広がり、正面には立派な城門?「鼓門」。

「私達の街は加賀百万石の城下町なんです!」の誇りを感じさせる素晴らしさです。


別当出合への直通バス乗り場は1番線からで、6:45発は増発便が出ました。
途中休憩を入れて、約2時間半(2200円)。 着いた別当出合は登山者で溢れています。
トイレもベンチも人いっぱい。団体さんなど出発された後、登山届を出してゆっくりスタートしました。


別当出合
【別当出合】

砂防新道へ
【砂防新道へ】

人気の山だけあって、道標も完備。
吊り橋の先からは木陰もあり、一方通行の区間もありました。

この先から、土日で来た下山者と何度もすれ違います。お天気が良かったので、皆さんニコニコでした。


一方通行
【一方通行】
中飯場
【中飯場】

風がないので暑く、うちわパタパタしながら、ようやく中飯場に着きました。沢山の人が休んでいます。

立派なトイレ・水道・ベンチがあり、広場の右端から不動滝が見えていました。

中飯場を過ぎると、不動滝を眺めながらの明るい道になり、見晴しが良くなった代わりに木陰も少なくなり、更に暑いです。

不動滝
【不動滝 (拡大)】
ダケカンバ
【一卵性双生児ダケカンバ (拡大)】

ダケカンバは北海道と違って少し撓んだだけの大木が多く、こちらは幹が裂けて、二手に分かれて伸びています。

それぞれが立派に枝を広げ、一卵性双生児みたいなダケカンバ。頼もしいですね〜

やがて別当覗と呼ばれるポイント。
覗きこむ場所は危険らしく、ロープで立入禁止になっていました。木陰で休憩。

別当覗
【別当覗】
砂防新道 木道
【砂防新道 木道】

木道が敷かれたり、石畳になっていたりと、きれいに整備された道を進んで行きます。


小屋が見えてきて、甚之助避難小屋に着きました。小屋前にはベンチがいっぱいなので、ここでお昼。
後ろの山肌に登山者の姿が見え、午後はあそこを登るのでしょうか。  暑そうだなあ〜・・・
その先には旧小屋跡の広場があり、ここにもベンチや水道があり、至れり尽くせりのルートです。


甚之助避難小屋
【甚之助避難小屋】

旧小屋跡
【旧小屋跡のベンチ広場】

この先からは低木が多く、木陰なし。笹も広がる見晴しのいい道になりました。
クルマユリやヨツバシオガマなど咲いていて、振り返れば別山の稜線がきれいに見えています。


別山とチブリ尾根
【別山とチブリ尾根 (拡大)】

Kボコ岩・南竜ヶ馬場分岐で道が分かれます。
今日はエコーラインを上がりたいので、右の南竜道へ進みました。


南竜ヶ馬場分岐からエコーラインへ
【南竜ヶ馬場分岐からエコーラインへ】
南竜道
【南竜道 花畑トラバース (拡大)】

ほぼ水平な山腹の南竜道は、両側に花がいっぱいで嬉しくなりました。ピンク・白・黄色の花々が青空に映えて、とてもきれいです。

見上げたり見下ろしたり、行ったり来たり、なかなか先へ進めません。



ミヤマキンポウゲ

ヨツバシオガマ

トンボソウ

ハクサンフウロ

カーブの先になると、赤い屋根の南竜山荘が見えてきました。咲き始めのコバイケイソウが広がり、クロユリもぽつぽつ咲いています。

南竜ヶ馬場
【南竜ヶ馬場が見えてきた】

南竜ヶ馬場分岐から左上のエコーラインへ進むと、花の多いジグザグ急登になりました。
休みつつ振り返り見れば素晴らしい別山パノラマで、眺望の良さそうなあの稜線を歩きたくなりました。
明日も晴天のはず。朝食前に御前峰・お池巡りをして室堂を7時に出発すればチブリ尾根を下れそう〜!


別山パノラマ
【エコーラインから振り返る別山パノラマ (拡大)】

エコーライン弥陀ヶ原へ
【エコーラインを弥陀ヶ原へ】

緩やかになると白山の主峰が見えてきて、室堂の赤い屋根も見えてきました。

足元にはチングルマ、コイワカガミなど咲き、風も吹いてきたので、暑さも和らぎます。


整備された木道を進んで行くと、左側にはハクサンコザクラが群生していて、とてもきれいです。
青空の下、残雪や白山を眺めながら広い弥陀ヶ原を歩いて行くのは、なんて気持ちいいんでしょう〜♪


ハクサンコザクラ群生
【ハクサンコザクラ群生】

弥陀ヶ原を室堂へ
【弥陀ヶ原を室堂へ (拡大)】


クロユリ

コバイケイソウ

ハクサンコザクラ

イワイチョウ

Kボコ岩からの道と合流すると、「五葉坂」と呼ばれる上り坂になりました。岩ゴロゴロの短い急登です。

五葉坂
【分岐から五葉坂】

振り返り見る弥陀ヶ原。左のエコーラインを歩いて来ましたが、右の観光新道へ続く道もいいなあ〜
しかし、大きく裾を広げた別山稜線の方が、やっぱり魅力的! 明日はあそこを歩きたい。


別山と弥陀ヶ原
【別山と弥陀ヶ原 (拡大)】

白山室堂ビジターセンター
【白山室堂ビジターセンター】

今日の宿、白山室堂ビジターセンターに着きました。白山というのは、御前峰・剣ヶ峰・大汝峰の総称だそうです。


受付で「今日は大汝峰へ行きたいので、夕食は遅い回にして頂けますか?明日も、朝食前に御前峰でのご来光とお池巡りをしたいのですが・・・」と話したら、夕食は6:00、朝食は5:30〜8:00の間で自由とのこと。なんて親切なんでしょう。

完全予約の山荘なので、布団は1人1枚。
部屋にザックを置き、サブザックで出かけます。

白山神社祈祷殿は工事中なので、鳥居手前で手だけ合わせ、右から回り込んで進みました。

白山神社
【白山神社 祈祷殿】

周辺にはコバイケイソウ、ミヤマキンポウゲが咲き、クロユリもあちこちにいっぱい咲いています。
すぐ先の分岐から、左の大汝峰へ。今日は午後になっても素晴らしい青空なので、気分はルンルン。


クロユリ
【クロユリ】

大汝峰へ
【分岐から、左の大汝峰へ】

千蛇ヶ池の雪渓
【千蛇ヶ池の雪渓】

しかし暑い! 普通、雪渓の表面は雪の核となるチリが浮き黒ずんでいるものなのに、ここの雪渓は比較的白くて、きれいそう。

雪を少し掘って、下のきれいな雪でおにぎりを作り、食べてみたり、オデコを冷やしたりしながら登って行きました。

お池巡りの分岐道標や、中宮道分岐を見送って、大汝峰へ向かいます。イワギキョウ、アオノツガザクラなど咲いています。

大汝峰へ
【大汝峰へ】

岩ゴツゴツの登りになり、山頂手前で振り返ると、素晴らしい眺めです。
火口跡の池がいくつも見えて、明日は楽しい池巡りになりそう〜


剣ヶ峰と御前峰
【大汝峰から見る剣ヶ峰と御前峰 左下に翠ヶ池 (拡大)】

大汝峰の山頂は広い平坦地になっていました。石垣で守られた大汝神社にお参りして、周辺を散策。


大汝峰 山頂
【大汝峰 山頂】

大汝神社
【大汝神社】

七倉山への道
【七倉山への道】

山頂の北側にはイワギキョウ、ヨツバシオガマ、テガタチドリ、ミヤマタンポポなど咲いていて、七倉山への道が続いています。

先まで進んで巻き道を戻るルートもありますが、のんびり遠くの山々を眺めることにしました。



イワギキョウ

シロツメクサ

テガタチドリ

ミヤマタンポポ


気づくと、もう5時。明るいので油断していましたが、そろそろ宿へ帰ろうかな〜 
来た道を真っ直ぐ戻るだけなので、6時の夕食には間に合うでしょう。
別山は東にも長い尾根が伸びているのですね。登山道はなさそうですけど・・・


室堂へ
【室堂へ】

6時からの夕食は肉料理・魚料理が選べます。食後は山荘下の岩広場で日没を待ちました。
別山の上にはきれいな月と夕焼雲がたなびき、今日の晴天に感謝して夕日を見送りました。
家を出る時の予報でも日月は晴れマークだったので、この時も明日の晴天を信じていたのですが・・・


別山の夕焼雲と月
【別山の上には夕焼雲と月】

日没
【7:05 感謝の日没】


 白山の花々




前回:斜里岳    HOME    山域別    翌日:御前峰・お池巡り