斜里岳

しゃりだけ(1547m)
平成27年7月7日~9日

今日は知床半島の付け根にある斜里岳へ、新道コースピストンで登ってきました。
昨日とは打って変わって素晴らしい快晴に恵まれ、360度の大パノラマを楽しむことができました。


2015.7.9
(木)
 清岳荘下二股熊見峠上二股馬ノ背
稜線
斜里岳上二股熊見峠下二股清岳荘
快晴  08:40着
 08:50発
09:50
10:00
11:15
11:25
12:0512:4513:10
13:40
14:1014:50
15:00
15:4516:50着
17:00発



今日は朝からすっきり青空。朝食は7:15からなので、運転大好きなAさんの提案で、朝食前に、昨日は雲に隠れて全く見えなかった羅臼岳を見に、もう一度知床峠へ行くことになりました。車は便利ですね~

知床横断道路をぐんぐん上がり、早朝の知床峠に到着しました。今日は羅臼岳が目の前に見えて感動。

あの反対側を登って、あの山頂に立ったのですね~


知床峠から見る羅臼岳
【知床峠から見る羅臼岳 (拡大)】
斜里岳
【斜里岳 (拡大)】

ホテルに戻って、朝食後スタート。途中のコンビニで昼食を調達し、清里町へ向かいます。

殆ど信号のない北海道の道路。穏やかなAさんは、ハンドルを握ると人格が変貌。スピード狂になって、気持ち良さそうに運転しています。

私はひろ~い景色にくぎ付けで、何枚もシャッターを押してしまいました。


大きな駐車場のある清岳荘に着きました。トイレ(100円)・スパッツなど身支度し、登山届を出して出発。
往きは旧道コースを登る予定でしたが、雪渓崩落の危険があるとのことで通行禁止になっていました。


清岳荘 斜里岳登山口
【清岳荘 斜里岳登山口】

旧道コースは通行禁止
【旧道コースは通行禁止】

樹林帯を少し進むと林道になり、10分ほどで斜里岳登山口に着きました。ここから登山道です。


斜里岳登山口
【林道終点 斜里岳登山口】
徒渉
【何度も徒渉】

始めは沢沿いの道で、少し先からは何度も沢を渡り返しました。

残雪と徒渉が繰り返し現れます。
雪渓は雪解けがかなり進んでいるので、注意しながら歩いて行きました。

残雪
【スノーブリッジ】

下二股に着くと、旧道への道には通せんぼの枝が置かれています。
この先から急登になるので、木陰でしばし休憩になりました。


下二股へ
【下二股へ】

下二股
【下二股】

ズルズル泥濘急登
【ズルズル泥濘急登】

下二股からは、ズルズルの泥濘急登が続きます。

大きく傾いたダケカンバも多く、前から「あたま~!」の伝令。「は~い」と言いつつも、ゴツン!痛っ!


ようやく急登が終わり、稜線直下の木陰で水分補給タイム。
向かい側の右奥が斜里岳でしょうか、近いような遠いような・・・


斜里岳?
【右が斜里岳かな?】

急登終わり
【急登終わり~】

信州では2500m辺りで森林限界のハイマツ帯になるけれど、この辺では1100mでハイマツ帯。

ここからは眺望も良くなって、振り返ればオホーツク海が大きく広がっています。


新道ルート
【新道ルートから望むオホーツク海】
熊見峠
【熊見峠】

熊見峠は小さな平坦地。先客さんがいたので、少し先で斜里岳を眺めながら休憩になりました。


熊見峠からは緑の絨毯に伸びるトレイルを歩きます。 なんて気持ちいいんでしょう~♪


斜里岳へ
【左の斜里岳へ】

ダケカンバ帯
【ダケカンバ帯】

小ピークの1250m点を過ぎると、下りになります。
また「あたま~」の伝令が再開。

ハクサンチドリやレイジンソウ、チシマノキンバイソウなどが咲いていました。

緩やかな雪渓のトラバースもあります。
「かき氷が食べたいね~」などと話しながら通過。

雪渓トラバース
【雪渓トラバース】
上二股  スノーブリッジ
【上二股  スノーブリッジ】

上二股で通行止めの旧道と合流。
しばし沢沿いで、スノーブリッジの空洞を覗き込んで、そっと通過。



チシマヒョウタンボク

エゾイチゲ

チシマノキンバイソウ

サンカヨウ

やがて石ゴロゴロのガレ急登になりました。
「胸突八丁」の札が下がっています。

胸突八丁
【胸突八丁】

ザレ急登になり、残雪も出て来て、馬ノ背の稜線に上がりました。
向こうに知床半島が見えてきて、山頂からの展望が楽しみ~♪


馬ノ背稜線
【馬ノ背稜線  奥が斜里岳山頂】

知床半島
【知床半島】

チングルマやエゾノツガザクラなど咲いていて、真っ白なエゾノハクサンイチゲもきれい。

国後島の奥にきれいな高い山も見えています。
択捉島の山でしょうか。


知床方面と国後島
【知床方面と国後島 (拡大)】

山頂直下には神社が祀られていました。今日の晴天に心から感謝。
近くにはハクサンチドリが紅白で咲いていました。


斜里岳 神社
【斜里岳 神社】


エゾノハクサンイチゲ

ハクサンチドリ・紅白

ミヤマアズマギク

エゾオグルマ


斜里岳 山頂
【斜里岳 山頂】

斜里岳の山頂に到着しました。
360度の素晴らしい展望です♪

私のパノラマカメラは電池切れで、Aさんに撮っていただきました。


まずは昨日雲がかかっていた知床連山方面。今日の羅臼岳は素晴らしい展望でしょうね~
右奥には千島列島も良く見えています。あのトンガリ高い山はどこでしょう。 後日調べて、
国後島には爺爺岳(1772m)。択捉島には西単冠山(1629m)と散布山(1582m)があることが分かりました。


知床連山と羅臼岳
【知床連山と羅臼岳  遠音別岳と海別岳  奥に国後島と択捉島? (拡大)】 Photo:Aさん

南西方面には湖が二つ。左の湖には小島があるので摩周湖でしょうね。
右は大きな屈斜路湖。山歩きが出来なくなったら、観光で両方行きたいな~


摩周湖 屈斜路湖
【摩周湖 屈斜路湖 (拡大)】 Photo:Aさん

そして北にはオホーツク海の網走湾。流氷はこの湾にも流れて来るのでしょうね、見てみたいなあ~
ひろ~い畑と防風林。左端には濤沸湖が見えているので、小清水原生花園はあの辺だったのですね。


オホーツク海・網走湾
【オホーツク海 網走湾(拡大)】 Photo:Aさん

おにぎり片手に、ゆっくり眺望を楽しんで、そろそろ下山。
馬ノ背稜線から右へ、しばらくはガレザレ残雪の急下りです。


馬ノ背稜線
【馬ノ背稜線から右下へ】

ザレと残雪の急下り
【ザレと残雪の急下り】

スノーブリッジ一部崩壊
【午後には崩壊】

上二股のスノーブリッジは、午後には一部崩壊。

登り返し、1250m点からハイマツ帯を熊見峠へ。
左に摩周湖、右に網走湾を見ながらの、午後は暑いトレイルです。

1250m点から熊見峠へ
【1250m点から熊見峠へ】
ダケカンバ帯
【ダケカンバ帯】

熊見峠で休憩して、ここからはひたすら下山。
ダケカンバ帯のクネクネは雪の重みというより、強風の影響?

ズルズル急下りは、朝より少し乾いていました。
それでもヌルヌル、要注意。

ヌルヌル急下り
【ヌルヌル急下り】
下二股
【下二股】

ようやく下二股に到着すると、清岳荘の管理人さんが待機していました。そして「雪渓が危険になったので、迂回コースを案内します。」とのこと。ありがたく先導していただきました。

長靴の女性管理人さんの後に続きます。
雪渓から一旦降りて、沢沿いを進み、また雪渓に上がりました。


後方に次の下山者が来ると、管理人さんは「ここで待っていて下さい。この先も危険なので。」と言い残し、引き返して次のグループを誘導します。

清岳荘管理人さん先導
【清岳荘管理人さん先導】

そして次は、『えっ、ここを降りるの?』というような所から沢に下り立ち、岩をへつりながら進みます。左に見える朝の雪渓ルートは崩落していました。愛するこの山で怪我人が出ないようにとの強い使命感・想いの管理人さんに、心から感謝です。本当にありがとうございました。


雪渓ルートは崩落
【左が朝のルート】

清岳荘管理人さん誘導
【清岳荘管理人さん誘導】

徒渉
【何度も徒渉】

あとは朝と同じ沢を何度も渡り返して、林道に到着。

短い樹林帯を過ぎて、無事登山口に到着しました。
皆さん、ありがとう~&お疲れさま~

斜里岳登山口
【無事下山 お疲れさま~】

今日は終日素晴らしい快晴。斜里岳も、朝と同じ美しい姿で見送ってくれました。
近くの道の駅温泉パパスランドさっつるで汗を流して(390円)、女満別空港へ向かいます。


麦畑と斜里岳
【ありがとう~♪ 斜里岳 (拡大)】


女満別空港20:25発~羽田空港22:15着だったので、山梨・群馬組の帰宅は深夜1時過ぎ。唯一の東京組の私も午前様の強行軍で、今回の北海道はちょっと忙しい日程でした。でも、見どころいっぱいの知床観光、非常に印象深い雨氷の羅臼岳(メンバーの皆さんは雨氷の希少価値に気づいていないので、私だけ大興奮でしたが・・・笑)、素晴らしい眺望の斜里岳と、とても充実していました。

Aさんは既に百名山は終わっているので、百名山目標の他のメンバー(私はオマケ)の希望に沿って山行を計画。車・宿・航空券などすべて手配して下さったAさんに心から感謝し、すっかり気心の知れた楽しい仲間にも感謝して、今年の北海道の山旅は終わりました。



 斜里岳の花々




前日:羅臼岳    HOME    山域別    次回:白山・大汝峰