火打山

ひうちやま(2461m)
平成26年7月25日〜26日

昨年秋、飯縄山から見た火打山。 高谷池のハクサンコザクラが美しいそうです。
面白い形をした隣の妙高山も合わせて行ってみることにしました。


2014.7.25
(金)
 笹ヶ峰BS黒沢橋富士見平高谷池ヒュッテ天狗の庭火打山花畑木道
ベンチ
高谷池ヒュッテ
晴れ
のち雲多し
 08:10着
 08:25発
09:10
09:20
10:45
10:55
11:45
12:30
12:55
13:00
14:15
14:30
15:35
16:00
16:10



長野へは「大人の休日倶楽部」割引を利用し、新幹線で行こうと張り切ったものの、平日は最寄り駅始発に乗っても池袋での乗り換えが3分しかない。乗り遅れれば妙高高原からのバスは午後の便になってしまうので、長野まで夜行バスを利用することにしました。妙高高原駅からのバスは3本しかないけれど、これなら予定より更に早い始発バスに乗れて、なお便利です。


火打山・妙高山 登山口
【火打山・妙高山 登山口】

長野駅6:31発の信越本線、妙高高原駅7:12着。
7:20発の笹ヶ峰行きのバスは、右手の観光案内所前がバス停のようです。

単独登山者が私を含め4名で、全員が終点で下車。大きな駐車場やトイレ、キャンプ場があって、車派の方達には便利な所のようです。

バス停の北側の駐車場に登山口があり、登山届を提出してスタートしました。


木道が敷かれ、よく整備された道を10数分進むと笹ヶ峰歩道分岐に出ました。
この少し先に火打山山頂まで「9分の1」の標識があり、素晴らしいブナ林が続きます。


9分の1
【9分の1】

ブナ林
【ブナ林】

やがて黒沢橋。
涼やかな沢音を聞きながら、しばし休憩です。


黒沢橋
【黒沢橋】

黒沢橋を過ぎると草陰に「12分の1」の標識があり、ここから十二曲りの急登になりました。
広葉樹林で雰囲気はいいけれど、今日は蒸し暑いので団扇バタバタしながら登って行きます。


12分の1
【12曲り 12分の1】

12曲り
【ブナ林が続く12曲り】

何度も折り返しながら登り、やがて尾根に乗ると、「12分の12」で、ここが十二曲りの上部のようです。


12分の12
【12曲り 12分の12】
オオシラビソ
【オオシラビソ】

この先から林相が変わり、オオシラビソが増えてきました。シラビソ独特のいい匂いがしています。

オオバミゾホオズキやニョイスミレ、イワカガミなど見ながら、やがて富士見平に到着。

地図には「黒姫山の上に富士山が見える」と記されていますが、今日は雲が多く残念。

富士見平
【富士見平】


ショウキラン

オオバミゾホオズキ

ミネザクラ

サンカヨウ

焼山 火打山
【焼山 火打山 高谷池ヒュッテ】

黒沢岳を巻くようになると開けた雰囲気になってきて、左に山が見えて来ました。三角の焼山〜なだらかな影火打山〜火打山のようです。

三角屋根の高谷池ヒュッテも見えて来ましたが、雲が心配・・・

笹の広がる緩やかな水平道を左にカーブしながら進んで行くと、「アルプス展望台」分岐。

左へちょっと入った見晴しから見えるのは黒姫山〜高妻山でしょうか。確信が持てるのは奥のギザギザ戸隠山だけで、北アルプスは雲の中です。

戸隠山方面
【戸隠山方面】
高谷池ヒュッテ
【高谷池ヒュッテ】

高谷池ヒュッテに到着しました。
ここは完全予約制で、今日の宿泊者は40人くらいとのことでゆったり。トイレもバイオ分解式なので清潔です。7時頃の天気予報前後に「火打山の四季」のDVDが放映されました。

小屋前のベンチでお昼にしてから、火打山へ向かいます。

高谷池を回り込むように木道が設置されていて、ナナカマドの木々の下にはキヌガサソウが群生。ミズバショウもわずかに残っています。

青い空、白い雲、点在する池塘もとても素敵。

高谷池
【高谷池】

上の湿原台地にもイワイチョウ、ミヤマキンバイ、ハクサンチドリなど咲き乱れています。
ハクサンコザクラの群生を見ながら、気持ちのいい木道を天狗の庭へ進んで行きました。


ハクサンコザクラ
【ハクサンコザクラ (拡大)】

天狗の庭へ
【天狗の庭へ】

天狗の庭
【天狗の庭 (拡大)】

台地から下ると「天狗の庭」でした。
残雪を抱いた山肌、緑の湿原。

雲が早く流れてくれるといいなあ〜



キヌガサソウ

ハクサンチドリ

イワイチョウ

キソチドリ

と思っていると、青空が広がってきました。嬉しい〜!
そよ風があるので、水面の逆さ火打は揺らいでいるけど、素晴らしい景色です。


天狗の庭から火打山へ
【天狗の庭から火打山へ (拡大)】

ワタスゲも広がって、遠くにはハクサンコザクラの群生。
緑のグラデーション、ピンク、白がとても素敵です。


ワタスゲ
【ワタスゲ (拡大)】

ハクサンコザクラとワタスゲの群生
【緑のグラデーション ピンク 白 (拡大)】

天狗の庭を回り込むと、緩やかな登りになりました。ダケカンバも多く、振り返れば明日の妙高山がだんだん見えてきました。


妙高山と高谷池
【妙高山と高谷池 (拡大)】
ライチョウ平
【ライチョウ平】

しかし、ライチョウ平に着くころにはガス。それならライチョウさんも安心して散歩かな〜と探しましたが、今日はいないみたい。

笹ヶ峰から続いていた道標は「9分の8」になっていました。ヨツバシオガマ、クルマユリ、オタカラコウなど咲いていて、ヒメシャジンはまだ蕾です。

9分の8
【9分の8】
ミヤマキンポウゲ群生
【ミヤマキンポウゲ群生】

ミヤマキンポウゲはまさに花盛り。道端にも山肌にも咲き乱れ、周辺を明るい黄色に染めていました。



ウサギギク

クルマユリ

テガタチドリ

カラマツソウ

そして火打山山頂に着きましたが、既にガスの中。
薄雲なので明るく、しばらく待ちましたが何も見えず残念でした。

火打山 山頂
【火打山 山頂】
コバイケイソウ
【唯一のコバイケイソウ】

来た道を戻ります。
コバイケイソウの葉はたくさん見ましたが、咲いていたのはこの一輪だけで既に終盤。昨年が大当たり年だったので、今年はみなさん休養のようです。

天狗の庭から振り返っても、火打山はまだ雲の中。ここは秋に、是非また来たい。

天狗の庭
【天狗の庭】

誰もいないので、木道沿いのベンチに寝転んで、青い空・白い雲を眺めるひととき。
すぐ横ではハクサンコザクラたちが並んで、優しく微笑んでくれているようでした。


花畑ベンチ
【花畑ベンチ (拡大)】

ハクサンコザクラ
【ハクサンコザクラ (拡大)】

高谷池
【高谷池 (拡大)】

妙高山ももう雲の中ですが、ここから眺める高谷池の景色も本当に素晴らしくて、絵本のようです。


高谷池ヒュッテに戻って来ました。5時半からの夕食後はテント場周辺を散策。
夕暮れの池塘は、しっとりした緑の濃淡がとても美しく、ずっと見入っていました。
微妙に違う繊細な色合い。 ほんとに、なんて美しいのでしょう〜


高谷池
【緑の濃淡が美しい高谷池 (拡大)】


火打山は山頂からの展望がなく残念でしたが、花いっぱいで良かったです。紅葉もきれいとのことなので、秋のすっきり青空の日にリベンジしたいと思います。明日は妙高山。晴れてくれるといいなあ〜



 火打山の花々




前回:雌阿寒岳    HOME    山域別    翌日:妙高山