飯盛山

めしもりやま(1643m)


雪の頃に、一度は行ってみたいと思っていた飯盛山へ急遽行く事になりました。
朝は八ヶ岳もきれいに見え、ほどよいトレースをサクサク歩く楽しいスノーハイクとなりました。


2014.3.16
(日)
 飯盛山登山口
 駐車場
平沢牧場飯盛山平沢山
山頂分岐
平沢峠登山口駐車場
晴れ  10:50着
 11:00発
11:50
12:00
12:35
13:05
13:3014:1014:50着
15:00発



どこへ行こうか悩んでいた前夜、西岳や黒姫山など案内して下さったAさん・Tさんからお誘いがあり、急遽雪の清里・飯盛山へ行く事になりました。比較的行きやすい飯盛山はいつでも行ける山だからでしょうか、まだ未踏というAさんの車で清里へ向かいました。


28号線から見る八ヶ岳
【車窓から見る八ヶ岳 (拡大)】

車窓から見る、くっきりきれいな八ヶ岳。
小海線から見る眺めと違って、新鮮です。

清里駅からだと歩く長い車道を、車でスイスイ。
駐車場で身支度してスタートです。

飯盛山 登山南口駐車場
【飯盛山 登山南口駐車場】
飯盛山 登山口
【飯盛山 登山口】

飯盛山登山口から少し進むと雪道になりました。
しっかりしたトレースがついていますが、サラサラと柔らかいのでアイゼンも不要です。

左手の白い畑の向こうの八ヶ岳。
飯盛山の山頂に着くまで、この美しい姿でいて欲しいなあ〜

畑の向うに八ヶ岳
【畑の向うに八ヶ岳 (拡大)】
カラマツ林へ
【カラマツ林へ】

地図とは違って、尾根筋ではなくカラマツ林を緩やかに登って行きました。


右へ回りこんで平沢牧場のある尾根の上に出ると、道標には今来た道が近道と表示されていました。
この先から見晴しのいい広い道で、振り返れば南アルプスも見えますが、今日は霞んでいます。


平沢牧場
【平沢牧場】

飯盛山へ
【飯盛山へ】

雪は締まっているのでツボ足でも沈むこともなく、右手に飯盛山を見ながらサクサク歩いて行けました。


飯盛山へ
【飯盛山へ (拡大)】
八ヶ岳
【八ヶ岳 (拡大)】

八ヶ岳の上に雲が湧き始めてきて、ちょっと残念。
風が強くなってきましたが気持ちのいい雪道です。

平沢山分岐から右へ進むと山頂直下で、シリセードのような跡がついていました。なだらかな斜面なので、楽しかったでしょうね〜

山頂直下
【山頂直下 (拡大)】

飯盛山の山頂は風当たりが強いので、雪も飛ばされて薄かったのでしょう。
すっかり融けてなくなっています。 道標の陰に座ってランチタイム。
東側の奥には、雪いっぱいの金峰山とギザギザ瑞牆山が見えていました。


金峰山方面
【金峰山方面 (拡大)】

飯盛山 山頂
【飯盛山 山頂】

強風の中 下山
【強風の中 下山 (拡大)】

ここは風が強いので長居も出来ず、そろそろ下山。
山頂の西側は更に凄い強風で、八ヶ岳の稜線は雲いっぱいになってきました。

鞍部の分岐から野辺山駅方面へ進み、平沢峠へ向かいます。

野辺山駅方面へ
【野辺山駅方面へ】

雪が深くなってきて、ふかふか。Tさんも楽しそうに喜んでいます。
しかし強風なので平沢山はパスすることになり、巻き道へ進みました。


平沢山へ
【平沢山へ】

平沢山分岐
【平沢山分岐】

ボコボコで歩き難い巻き道から、反対側の山腹道へ移ります。道標が雪に埋もれていました。


道標から山腹道へ
【道標から山腹道へ】

樹間の向こうに広がる野辺山方面の雪景色を見ながら進んで行きます。
白い畑の中に、除雪された野辺山駅への真っ直ぐな一本道が見えて面白い。


カラマツ林
【カラマツ林】

野辺山高原見つつ
【野辺山高原見つつ (拡大)】

北面なので雪も多く、ふかふかサラサラ。
ちょっとヨロヨロ、楽しい下山です。


サラサラ雪
【ふかふか サラサラ ヨロヨロ】
平沢峠へ
【平沢峠へ】

下に平沢峠の獅子岩が見えて来ました。樹林帯を抜けるとまた強風で、帽子も飛んでしまいそうです。

獅子岩へのトレースはなく、この広い駐車場もまだ深い雪の原。

左端にあるトイレも雪に囲まれ利用出来ませんが、その横は一部除雪されていて、5,6台は駐車できそうでした。

右に獅子岩
【右に獅子岩】
平沢峠 分水嶺
【平沢峠 分水嶺  (拡大)】

八ヶ岳はすっかり雲に覆われていました。

「←太平洋へ・日本海へ→」の案内板があります。
平沢峠は分水嶺とのこと。ここに積もった雪たちは、いずれ融けて左右に分かれて流れて行くのですね。

平沢峠からは長い林道歩き。途中に右下への近道道標がありましたが、雪深くトレースもないので、そのまま林道を歩きます。

地図で見ると長い林道ですが、おしゃべりしながら下れば短い時間でした。

平沢へ
【飯盛山見ながら 平沢へ】
風花
【風花】

駐車場に着く頃、八ヶ岳方面から風花が舞ってきました。稜線は吹雪になっているのでしょうか。

帰りは、Aさんお気に入りの「北甲斐亭」で美味しいお蕎麦を食べて帰路に就きました。



雪の飯盛山は行ってみたいと思いつつ、野辺山駅までの長い車道歩きになかなか踏み切れませんでしたが、今回はぐるっと周回できていい経験でした。北斗八ヶ岳公園線から見る八ヶ岳も新鮮で、青空の下での楽しいスノーハイクとなり、誘っていただいて感謝の一日でした。




前回:陣馬山・景信山    HOME    山域別    次回:硫黄岳