松生山・浅間嶺

まつばえやま(933m)・せんげんれい(903m)


しばらく歩いてなかった浅間尾根。植林が多い印象だったので、
赤破線の松生山南東尾根から登ってみることにしました。


2013.12.14
(土)
 笹平701m?内蔵ノ助山払沢ノ峰
(858m点)
松生山浅間嶺藤倉分岐数馬峠浅間尾根登山口
バス停付近
人里
快晴  09:30発10:35
10:40
11:0011:25
11:30
12:00
12:30
13:00
13:10
14:1514:50
15:00
15:2516:10着
16:22発



12月から都民の森・直行バスがなくなるので、三頭山へ行く人は少なくなってバスも空いていると思ったら、とんでもない。武蔵五日市駅9:00発の数馬行きバス停は長い行列で、増発も合わせ3台出ました。


植林の急登
【植林の急登】

笹平で下車。今日は松浦本のコピー持参です。
バス停のすぐ先、右手の墓地から取り付きます。

植林の急登で、最初は細かなジグザグでしたが、やがて枝尾根に乗り直登になりました。498m点からは緩急交互の道です。

植林は続き、緩やかな登り道の途中に、檜原村の道標が初めて現れました。登り始めて50分後です。
墓地の入口には何もなかったので、どこか新しい取り付きが整備されたのでしょうか。

松生山へ
【松生山へ 最初の道標】

小笹が出てきて、小ピークの先から片側が自然林になりました。が、また植林の急登です。


片側自然林
【片側自然林】

急登
【急登】

内蔵ノ助山
【 「内蔵ノ助山・783m」 】

急登を上がりきった高みの、更に次のピークに「内蔵ノ助山 783m」の山名札が掛けられています。

今まではマイナールートを歩く時も地形図を持参したことがなかったけれど、今回はプリントして来ました。その地形図を見れば783mピークはないので、770mあたりのピークのようです。

その先から自然林になり、急登はなくなりました。
小笹の低木帯で、ちょっとヤブっぽいけど、トゲトゲヤブはありません。ムラサキシキブの実が可愛い。

ムラサキシキブの実
【小笹の細道 】  マウスを置くと・・・

左に見える笹尾根の上には、富士山が見えています。
明るい日差しいっぱいの気持ちのいい小笹の道が続きました。


笹尾根と富士山
【笹尾根と富士山】

松生山へ
【松生山へ】

自然林
【自然林】

820mあたりの高みで西南西からの尾根と合わさり、右へ進みます。

所々に、万六尾根でも見かけた「南郷共益会・所有林」の白い札が幹に掛けられていました。

やがて858m点に到着。道標に「払沢ノ峰 858m」の山名札が掛けられています。

払沢ノ峰
【払沢ノ峰】
松生山へ
【松生山へ】

払沢ノ峰からは、尾根も更に緩やかになりました。このあたりは若い樹林帯なのでしょう、細い幹が多いです。

植林もありますが、北側にあるので日差しはいっぱい。「小沢共有財産所有地」の白い札が掛けられているので、右側は個人の所有林のようです。

片側植林
【片側植林】
自然林
【自然林】

木々に透ける富士山を見ながら、緩やかな陽だまり落ち葉道を歩いて行きます。


松生山山頂に着きました。高いアンテナや休憩舎のような蓄電池設備があり、びっくり。
風情はイマイチですが、南側が伐採されていて、笹尾根や富士山の眺めが素晴らしいです。
上川乗から上がって来て笹平へ下るという単独男性と、入れ違いにお昼にしました。


松生山 山頂
【松生山 山頂】

富士山
【富士山 (拡大)】

北には御前山や大岳山が見え、幹には古い山名札(落雁みたい・笑)が掛けられています。


御前山〜大岳山
【御前山〜大岳山】

松生山
【「松生山」】

松生山から、御前山や大岳山を見ながら浅間嶺へ向かいます。
落ち葉の尾根道を進んで行くと、次の高みには「天領山」の札が掛けられていました。


落ち葉道
【落ち葉道】

天領山
【天領山】

やがて三頭山のデコボコが見えてきました。
手前の浅間嶺や奥の三頭山の稜線を眺めながら、落ち葉道を下ります。


浅間嶺へ
【三頭山と浅間嶺見つつ】
浅間嶺へ
【浅間嶺へ】

一般ルートへ下り立つと、浅間嶺と時坂峠の分岐。ここからも落ち葉いっぱいで、カサカササクサク歩いて行きました。

やがて右側が開け、御前山が大きく見えてきました。以前あったのぞき穴の柱も、大分傷んだ雰囲気ですが、まだあります。

御前山
【御前山】

その先に浅間嶺の山頂標柱。逆光で霞んでいますが、富士山もまだ見えます。
そして大岳山もすっきり。 長い馬頭刈尾根もきれいに見えています。
下の草原(?)にあったはずの白樺の木は、茂みで見え難くなっていました。


浅間嶺
【浅間嶺】

大岳山
【大岳山】

浅間嶺から少し下ると上川乗分岐で、右には休憩舎やトイレがあります。人里峠方面へ進むと、小さな祠がありました。


浅間神社?
【浅間神社?の祠】
北側巻き道
【北側の巻き道】

植林の中の人里峠を過ぎると、北側の巻き道です。今日は気温が低いので日陰道は寒々としています。


巻き道が終わった所に「浅間石宮」の標柱があり、小さな石祠が祀られていました。
この先からは南側の巻き道になり、日差しがあるので気分も軽くなります。
藤倉バス停分岐。藤倉方面は治山工事のため現在は通行止めになっていました。


浅間石宮
【浅間石宮】

南側巻き道
【南側の巻き道】


更に進むと「サル岩」。サルの手形があるらしい大きな岩ですが、手の形は???でした。

藤倉分岐から数馬分岐まで地図の40分もかからず15分ほど。バス時間が「帯に短し襷に長し」なので、更に進みます。


サル岩
【サル岩】
数馬峠
【石仏の佇む数馬峠】

林道を横断して、数馬峠まで来ました。
石仏の佇む静かな峠です。冷たい風が出てきましたが、日差しもあるのでしばしティータイム。

あとは真っ直ぐ下り、廃屋や民家を過ぎると舗装道路で、橋を渡ればバス通りです。

しかし次のバスまで50分近くあるので、行ける所まで歩きます。冬枯れの枝垂桜がある「人里バス停」でバスを待ちました。

「浅間尾根登山口」バス通り
【「浅間尾根登山口」バス通り】


以前から気になっていた松生山ですが、植林が多そうなイメージでした。確かに最初の1時間半は殆どが植林の急登ですが、後半は自然林になり静かな山域です。浅間嶺からの、御前山〜大岳山の眺めは相変わらず素晴らしいでした。桜の木(植栽?)があったので、今度は春に歩こうかな。




前回:デン笠・大丸    HOME    山域別    次回:三国山稜