長尾尾根・政次郎尾根




GWは寒気・強風・降雪予報のため予定変更。長年の課題だった長尾尾根を歩くことにしました。
上部は静かなブナ林の尾根で、帰りの政次郎尾根も新緑いっぱいでした。


2013.5.4
(土)
 ヤビツ峠門戸口札掛
森の家
本谷橋
分岐
長尾尾根
ベンチ
新大日書策小屋跡政次郎尾根
分岐
戸沢大倉
うす晴れ  08:55着
 09:00発
09:2010:05
10:10
11:0011:40
11:50
12:55
13:30
13:40
13:50
13:5514:50
15:05
16:25着
16:38発



秦野駅7:35発ヤビツ峠行きに乗るつもりでしたが、なんとビックリ!凄い行列!定刻バスが満員で発車し、列が前へ移動しても電車が着く度に次々並ぶので、後ろはもう大通りを曲って最後尾が見えません。こんな行列見たことない。臨時便が出たけれど私が乗れたのはようやく4台目8:10発。振り返り見る列は少しも縮まらず、相変わらず大通りの先まで並んでいるようでした。今日の表尾根は渋滞しそうです。

ヤビツ峠に着くと次々塔ノ岳や大山へスタートして行くので、見た目の混雑は普段とさほど変わりません。

札掛までは長い車道歩き。駐車場の端から門戸口へ下り始めると、ここからは誰もいなくなりました。

前回ここを下りた時は台風の影響で沢筋に倒木が数十本も重なり合い、通り抜けるのに苦労しましたが、今はきれいに片付けられていて歩きやすくなっていました。


門戸口へ
【門戸口へ】

今年の春は気温が低かったせいか、門戸口にはなんとまだ紅白梅が咲いています。
ここからは長い車道歩き。小さな橋を幾つも渡り、ゆるくカーブしながら下って行きました。


門戸口 紅白梅
【門戸口には紅白梅】

札掛へ
【札掛まで 長い林道歩き】

丹沢ホーム入口
【丹沢ホーム入口】

最後の境沢橋を渡ると、左手に丹沢ホーム入口の道標が見えてきました。

吊り橋を渡ると右に札掛森の家があり、管理人さんがちょうど外にいらして学校跡経由でも行けると教えて下さいました。


森の家を出て札掛方面へ少し進み、坂道を上がって行くと「丹沢六木学習林」の看板がありました。
大正7年に分校が開かれ、平成元年に休校とのこと。こんな山奥にも集落があったのですね。
急な植林を折り返しながら登って行くと、左から来た一般道と合流しベンチがありました。


学習林経由
【上が学習林経由の道】

丹沢六木学習林
【丹沢六木学習林】

山肌を回り込みながら緩やかに登って行くと、大洞橋への分岐道標がありました。ここにもベンチがあります。

新緑のなか時々桟橋を渡りながら、山の北側を巻くように進んで行きます。


桟橋
【桟橋】

次が本谷コースへの分岐。この先からまた植林の急登になりました。
壊れた鹿柵を抜けて少し行くと3番目のベンチがあったので、しばし休憩です。
今日は予報どおり風が冷たく、今の気温は8度。この時期には珍しい低温です。


長尾尾根へ
【本谷橋分岐  長尾尾根へ】

新大日まで2.4km
【新大日まで2.4km】

長尾尾根
【長尾尾根 ブナ林】

ベンチの少し先からはブナ林の明るい尾根道になりました。この辺りが長尾尾根のハイライトでしょうか、芽吹き始めた広い尾根はいい気持ちです。

朽ちた倒木など点在し、いかにも丹沢らしい尾根。
右手には丹沢山の緩やかな稜線が見えています。

丹沢山方面
【丹沢山方面】
境沢林道分岐
【境沢林道分岐】

アセビが増えてきて、左の樹間から三ノ塔が見え隠れしながら緩やかな道が続きます。土嚢の並べられた平坦な道を過ぎると、間もなく境沢の分岐でした。

右の天王寺尾根の奥には、丹沢三峰山のきれいなデコボコが見えています。

丹沢三峰山
【丹沢三峰山】

新大日が近づくとヤマザクラが咲き、足元には可憐なコイワザクラも咲いていて嬉しくなりました。


コイワザクラ
【コイワザクラ】

ヤマザクラ
【マメザクラ  ヤマザクラ】

直下の段々を上がり、新大日に着きました。表尾根の稜線なので、とたんに大賑わい。

若い人も多く、とてもカラフル。今までのしっとり静かな山が、一気に華やかモードに変わりました。
今日は肌寒いので、暖かいベンチでお昼。


新大日
【新大日】

塔ノ岳は大混雑だと思うので、今日は寄らずに静かな政次郎尾根を下ることにします。
マメザクラを見上げつつ、書策小屋跡へ。振り返れば、塔ノ岳にはガスがかかっていました。


へ
【書策小屋跡】

塔ノ岳方面
【塔ノ岳方面】

三ノ塔 鳥尾山 書策小屋跡
【三ノ塔  鳥尾山】

書策小屋跡の草地から見る三ノ塔や鳥尾山。
この先で政次郎尾根に入るので、表尾根を眺めつつ、しばしフルーツタイム。

鈴なりのアセビを見ながら下って、政次郎尾根分岐にきました。

右へ下って行くと、芽吹きの木々。
更に高度を落とすと、爽やかな新緑になりました。

政次郎尾根分岐
【政次郎尾根分岐】

萌黄色
【萌黄色】

新緑
【新緑】

途中から片側は植林になりますが、西側は自然林なので明るい尾根です。

登ってくる人とすれ違いましたが、今夜は小屋泊まりとのこと。明日は快晴の予報なので、素晴らしい日の出が見れることでしょうね。


植林と自然林の境
【植林と自然林の境】
戸沢
【戸沢】

沢音が聞こえてきて、やがて戸沢に出ました。

この先からはまた長い林道歩きが待っているので、瑞々しい新緑に包まれながら、コーヒータイム。

すぐ下で林道に下り立ちます。休憩舎とトイレのほか臨時派出所もあり、以前パトカーが停まっていましたが、今日はお巡りさんはいないようでした。

政次郎尾根入口
【政次郎尾根入口を振り返る】
戸沢キャンプ場
【戸沢キャンプ場】

戸川林道から振り返れば、キャンプ場も賑やか。
家族連れなども沢山来ていました。


戸沢から大倉まで長い林道歩きですが、この戸川林道は広葉樹が多いので快適です。
ヒメウツギやヤマフジなど見上げながら、新緑のトンネルのような道を歩いて行きました。


ヒメウツギ
【ヒメウツギ】

戸川林道
【戸川林道】


長尾尾根ではほとんど人に会わず静かで、上半分はブナ林が広がる気持ちのいい尾根でした。気温が低く、5月にしてはちょっと肌寒いくらいだったので、日差しが嬉しかったです。今日は林道歩きが多かったので、ちょっと不完全燃焼。明日は快晴の予報なので、またどこか歩こうかなと思います。




前回:三頭山    HOME    山域別    次回:熊倉山〜陣馬山