丹波天平

たばでんでえろ(1342m)
平成24年11月2日〜3日

昔はワラビいっぱいだった天平尾根の今と、紅葉のヨモギ尾根を楽しみに雲取山へ行きました。
でんでろ尾根はずっと広葉樹林やカラマツなどが続き、ワラビの原っぱはすっかり変わっていました。


2012.11.2
(金)
 鴨沢西丹波天平入口
(親川)
廃屋跡天平尾根丹波天平サヲラ峠林道分岐三条の湯
快晴  09:25着
 09:25発
09:4510:4010:57
11:07
11:50
12:10
12:55
13:05
14:05 14:50着



親川橋
【親川橋】

平日の奥多摩駅鴨沢西行きのバスは8:42発。平日なので空いているかと思いましたが、満員で出発しました。

殆どの人が鴨沢で下車し、終点の鴨沢西で降りたのは数人。しばらく丹波川沿いの車道歩きで、「お祭」を過ぎると向こうに親川橋が見えて来ました。

親川橋を渡って間もなく丹波天平入口の案内板がありました。男性二人連れが先行されているので安心です。

天平尾根入口
【天平尾根入口】
廃屋
【廃屋】

植林や雑木林を折り返しながらの急登で、山腹道になるとやがて廃屋が見えてきました。

何度か敷地跡の石垣や空き瓶、トタン屋根など見て、終点の廃屋跡に来ました。

新しい道標が立っていますが、指している方向には道を隠すように大きな倒木が塞いでいるので、一瞬道が消えたようになっています。倒木の上の方に道が続き、植林のジグザグ急登になりました。

廃屋跡
【終点の廃屋跡】
広葉樹林の尾根
【広葉樹林の尾根】

やがて勾配が緩み、広い雑木林に出ました。ここも倒木があちこちに。

左へ行けば地図上の保乃瀬天平というポイントのようですが、この落ち葉いっぱいの広い尾根で休憩。周辺の木々はまだ緑です。

天平尾根。地図には「でんでえろおね」と記載されていますが、若い頃はつまって「でんでろおね」と呼んでいました。名前どおりの広く平たい尾根です。

落ち葉いっぱい  カサカサ、ザクザク
木洩れ日いっぱい  キラキラ、サンサン
なんて静かで、気持ちいいんでしょう〜♪

天平尾根
【天平尾根】
アカマツ林
【アカマツ林】

途中には立派なアカマツ林もありました。
杉や檜と違って明るい植林です。


今度はカラマツ林になりました。青空に向かって真っ直ぐ整然と伸びています。
カラマツの黄葉に混じり、紅葉の木々もあって、緩やかな散歩道の天平尾根です。


カラマツ林
【カラマツ林】

紅葉
【天平尾根の紅葉】

やがて「丹波天平」と書かれた道標が立つ丹波分岐に来ました。昔の天平尾根はワラビがいっぱいでしたが、今は落ち葉いっぱいの全く違う場所のようになっていました。

誰もいない静かな落ち葉の広場。
ゆったり座って、空を見上げながらお昼にしました。


サヲラ峠・丹波 分岐
【サヲラ峠・丹波 分岐】

左手がちょっと高くなっているので寄ってみると、三角点がありました。
あの手彫りの「丹波天平」道標もあって、昔は見晴らしが良かったのでしょう。
今は登山道からも外れて、カラマツ林の中に埋もれるようにひっそりしていました。


丹波天平三角点
【丹波天平 三角点】

「丹波天平」
【「丹波天平」】

さっきの道へ戻り、更に進んで行きました。
カラマツ林が続いて、清々しく輝く黄葉の森です。


カラマツ林
【カラマツ林】

カラマツ黄葉
【カラマツ黄葉】

明るい紅葉
【明るい紅葉】

そろそろサヲラ峠かな〜と思っても緩やかな上下の散歩道は続き、明るい紅葉も点々と見られました。

やがてサヲラ峠に着きました。小さな石祠が祀られている雰囲気のいい峠です。

サヲラ峠
【サヲラ峠】

サヲラ峠から三条の湯への山腹道へ入ると、落ち葉が敷き詰められた緩やかな下りになりました。
周辺は色づいた木々も多く、紅葉はこれからしばらく楽しめそうな静かな道が北へ続いています。


落ち葉の山腹道
【落ち葉の山腹道】

三条の湯へ
【三条の湯へ】

木々の向こうに鮮やかな紅葉が見え、その奥に見える山は?と地図を見れば、あれが奥後山でしょうか。明日はあの尾根を歩くので楽しみです。


奥後山?
【奥後山かな?】
林道分岐
【林道分岐】

登山道は東向きに変わって、また日差しの明るい道になりました。やがて小さな道標が見えてきて、ここが林道分岐のようです。右下に続く道には「作業道」の表示がありました。

進んで行くと、向こうで登山道の整備をしている最中でした。山側を削って道幅を広くし、谷側には崩落防止の石を積んでいます。作業中を有り難く通らせて頂きました。

登山道整備中
【登山道整備中】
権現沢
【権現沢】

やがて見えてきた沢が権現沢でしょうか、この時期、さほど水量は多くないです。


そしてまた補修されたばかりの、ほかほかの土の香りのする道が見えてきました。
こうして登山道を整備していただけるお陰で、安心して通ることが出来るんですよね。


三条の湯へ
【土の香りの、ほかほか道】

感謝
【ありがとうございます】

次の小さな沢を過ぎると、今日の宿、三条の湯が見えてきました。雲取山へは何度も行っていますが、三条の湯経由は初めてで、この宿もいつかいつかと思っていた山小屋です。


三条の湯
【三条の湯】

宿泊手続きを済ませ一段落後、ちょっと散策。
下のテント場周辺も色づき始めていました。
三条沢には太いパイプが2本設置されています。

テント場
【テント場】

三条沢
【三条沢】

小屋の炊事用かと思っていましたが、この山小屋の電気は水力発電とのこと。テント場にある発電小屋を見に行くと、発電機は直径20cmくらいの小さな水車(?)。一台400wの発電だそうで、2台で小屋の電気を賄っているそうです。発電機のモーター音がないので、静けさが保たれている小屋でした。


薪と釜
【薪と釜で炊飯】

そしてご飯は薪とお釜で炊いていました。
薪の炎は美しいですね〜

私たち中高年組は懐かしく眺めておしゃべりに花が咲き、なかなかこの場所から離れられません。やがてお釜から、おこげのいい匂いがしてきました。


ここは鉱泉の沸かし湯で、男湯女湯それぞれ別棟になっています。今日の宿泊者は全体で20数人だったので、ゆったり浸かることができました。懐かしいおこげのあるご飯や、自家栽培の無農薬野菜など食事にも心配りの山小屋でした。明日は以前から気になっていたヨモギ尾根。紅葉が見頃だと思うのでとても楽しみです。(でした・・・)




前回:三窪高原    HOME    山域別    翌日:雲取山