木曽駒ヶ岳

きそこまがたけ(2956m)
平成24年8月26日〜28日

アクセスが大変そうで、行ったことのなかった中央アルプスへ初めて行って来ました。
木曽駒ヶ岳〜空木岳という代表的な縦走でしたが、とても魅力的なコースでした。


2012.8.26(日) しらび平========== 千畳敷カール散策宝剣山荘木曽駒ヶ岳宝剣山荘
ガス、時々青空  11:45着
 12:50発
ロープウエイ
1180円
13:00
13:05
13:30
13:50
14:20
14:45
15:20
15:50
16:45着



南アルプスで残っていた白根三山へ行ってしまったので、長年先延ばしにしていた中央アルプスが気になっていました。そこへ晴天続きの予報。昨年は膝の故障で夏山へは行けなかったので、去年の分ということで二日間の休みを取り、地図も購入。「大人の休日倶楽部」は年会費だけ払って、活用していない気がしてきたので、思い切って出かけることにしました。


中央線 車窓から
【日野春駅過ぎの車窓から】

八王子駅6:35発の中央線に乗車。
日野春駅近くになると、車窓からは大きく鳳凰三山〜甲斐駒ケ岳の稜線が見えていました。

岡谷駅で下車。
4分待ちで飯田線に乗り換え、駒ヶ根駅10:51着。
11:00発しらび平行きのバスは、途中の駐車場から満席になりました。

しらび平には11:45頃に着きました。
稜線は既に雲に隠れています。

千畳敷へのロープウエイは、最盛期は2,3時間待ちもあるほど混むそうですが、今は1時間待ち。日曜日なので帰りのバス待ちの人も多く、こちらは1時間半待ちだそうです。ここは往きも帰りも大変な所なんだな〜と実感しました。

しらび平
【しらび平】
千畳敷カール
【ガス・・・】

ようやく順番が来て、ロープウエイで上がった千畳敷はガスでした。「山沿いは雷雨」予報もあったので、午後のガスは覚悟していましたが、やっぱり残念。

でも、まあ、今日は短い行程なので、ゆっくり行きましょう。駒ヶ岳神社で山行の無事をお祈りして出発しました。


人の流れに沿って千畳敷カールの遊歩道へ進みました。 8月最終週末なので、
高山植物は後半期ですが、いろいろ咲き残っていて、イワカガミがまだ咲いていました。


千畳敷カール 遊歩道
【千畳敷カール 遊歩道】

花畑
【花畑】

写真撮りつつ歩いて行くと「軽装登山危険」の看板。

『あらっ!ポスターなどでよく見る”千畳敷カール”の大きな看板がある所はどこだっけ?』と地図を見れば、どうやら遊歩道周回コースの上を歩いていたらしい。分岐にザックを置いて、下まで散策することにしました。


乗越浄土へ
【乗越浄土への登山道】
千畳敷カール
【 「千畳敷カール」・・・ 】

花を撮りつつ緩やかに下って行くと・・・ありました。
けれど、またガスが下りてきたので、ナンモミエン。
とぼとぼと、引き返しました。

登山道入口から振り返り、ここはまたいつか来ようと思いつつ、乗越浄土へ向かいました。

遊歩道
【振り返り見る遊歩道】


クルマユリ

タカネグンナイフウロ

コイワカガミ

ミヤマトリカブト

乗越浄土へ
【少しだけ青空】

さて、登山道。
見上げれば、少しだけ青空が見え始めました。
雲、早く流れてくれないかな〜

乗越浄土に到着。
奥に見えているのが木曽駒ヶ岳?
思いのほかなだらかな山です。今回は急に思い立って来たので下調べもなく、小屋の予約だけして出発してきたので、ちょっとびっくりしました。

乗越浄土
【乗越浄土】
宝剣山荘
【宝剣山荘】

すぐ先に宝剣山荘がありました。宿泊手続きをして部屋にザックを置き、ティーセットだけナップザックに入れて木曽駒ヶ岳へ行ってみます。

ガスっていたのでボンヤリ歩いていたけれど、中岳あたりまで来ると青空が随分増えてきたので元気になりました。

中岳
【中岳】
木曽駒ヶ岳へ
【木曽駒ヶ岳へ】

中岳を越えると、向こうに木曽駒ヶ岳。
下にキャンプ場や山小屋が見えています。
雲も、夏らしい輝く白雲になりました。よかった〜

木曽駒ヶ岳山頂に到着。ヘンな時間なので、静か。単独男性が帰り支度をしているだけです。

横の駒ヶ岳神社に参拝。急に来れたことへの感謝と、明日からの晴天と無事をお願いしました。

木曽駒ヶ岳 山頂
【木曽駒ヶ岳 山頂】
伊那前岳〜宝剣岳
【振り返り見る伊那前岳〜宝剣岳】

雲がどんどん流れてくれたので、さっきは見えなかった宝剣岳周辺が見えてきました。誰もいないのでゆっくりティータイム。

右のトンガリが宝剣岳で、左に見えているのが伊那前岳でしょうか、なだらかでいいな〜

夕食は5時からなので、時間はまだまだ。馬ノ背方面へ進み、巻き道を通って帰ることにします。

馬ノ背へ
【馬ノ背へ】

足元には小さな白花、コマウスユキソウの枯れ花が点々と見られました。
双子のように二つずつ咲いている花が多く、フェルトのような毛に包まれています。
花も葉もとっても小さく可愛くて、後日ヒメウスユキソウとも呼ばれていることを知りました。


千畳敷カール 遊歩道
【コマウスユキソウ】

花畑
【別名 ヒメウスユキソウ】

宝剣岳と三ノ沢岳
【中岳から見る宝剣岳と三ノ沢岳】

キャンプ場を通り中岳に戻って来ると、ガスで隠れていた三ノ沢岳も見えてきました。


今日の宝剣山荘は80名くらいのようで夕食は1回で済むようです。単独ばかり8名のテーブルで、ベテランさんらしい中高年女性の方から、駒ヶ根へは夜行バスがあること、ジパング割引より青春18切符の方が割安なこと、空木岳の避難小屋・駒峰ヒュッテのことなど色々教えていただき、とても参考になりました。3日目は越百山から木曽側へ下山されるとのこと。そちらも魅力的なので、私もいつか歩いてみたいなあと思いました。

夕食後、夕焼けを期待しましたが、雲が多く残念。
宝剣岳の上には明るい半月が上がっていました。
明日は晴れてくれますように・・・!


宝剣岳と月
【宝剣岳と月】

 木曽駒ヶ岳の花々




前回:本社ヶ丸    HOME    山域別    翌日:宝剣岳