尾瀬沼ハイキング


平成24年6月16日(土)~17日(日)


2012.6.17 (日) 尾瀬沼ヒュッテ北岸沼尻尾瀬沼ヒュッテ沼山峠
小雨のち曇り



尾瀬沼ヒュッテ
【尾瀬沼ヒュッテ 出発】

朝になりました。
外は雨の音。 けっこう降っています。

尾瀬沼一周ではなく、沼尻までの北岸ピストンに変更されたので、朝食おにぎりは小屋でいただくことになりました。

出発時間は6時半で、外に出ると雨は小降りになっています。よかった~  準備体操をして出発。

大江湿原の沼尻分岐で左折。三本カラマツを横に見ながら湿原を進んで行くと樹林帯になりました。

尾瀬沼北岸へ
【大江湿原から尾瀬沼北岸へ】
燧ヶ岳分岐
【燧ヶ岳分岐】

ずっと木道が敷かれているので、泥濘はありません。キヌガサソウが一輪咲いています。

やがて燧ヶ岳分岐。
いつかいつかと思いつつ何年経ったのでしょう。
今年こそは登りたい・・・

今回は全くの人任せだったので、自分がどこを歩いていたのか分かりませんでした。後日、地図と照らし合わせてみると、ここは浅湖湿原だったようです。

冷たい沢の流れがあるので、ここのミズバショウはまだ若々しい。

浅湖湿原?
【浅湖湿原?のミズバショウ】
倒木更新
【倒木更新  後期】

次の大入州半島の樹林帯に入ると、根元に大きな穴のある大木がありました。ガイドさんの説明によれば、これは倒木更新というそうです。

親の倒木の上で発芽するので下草に光を遮られることが少なく育ち、やがて養分を与えた親の倒木は朽ちて土に還るので、その倒木に沿った大きな空洞(根上がり)が出来るとのこと。

こちらは戻って来たときに見た倒木更新前期の様子で、数本の新しい樹が育っていました。
自然界って素晴らしいですね~!

針葉樹に多く見られるそうですが、ブナも倒木更新するらしいので、去年6月に三国山稜で見た倒木ヒコバエ兄弟の樹がそうだったのかも知れません。

ガイドさんの説明を聞かなければ知らなかったことで、今回の尾瀬で一番印象に残りました。

倒木更新
【倒木更新  前期】
ネズコの大木
【北岸の木道  ネズコの大木】

次に見えた大木はネズコ。檜枝岐では黒檜(クロビ)と呼ばれるそうで赤い幹は濡れて艶やか。

これは素晴らしい大木で、ガイドさんの大切に思っている気持ちが感じられました。

樹林帯を抜けると、また湿原が広がりました。

燧ヶ岳から清らかな水が流れてくるのでしょう、ミズバショウは更に初々しく真っ白で、とてもきれい。

水が大好きなミズバショウは、水中の妖精のようで、気持ち良さそう~

水中のミズバショウ
【オンダシあたり?】

ミズバショウ
【瑞々しいミズバショウ】

ミズバショウ
【水中のミズバショウ】

やがて池塘が現れました。
雨の水紋がなんとも叙情的。
霧にけぶる緑の濃淡、いいですね~




対岸が近づいてきたので、沼尻ももうすぐかな。


沼尻平あたり?
【沼尻平あたり?】

沼尻付近
【沼尻付近】

沼尻
【沼尻】

沼尻にはお土産も売っている休憩所がありました。
みきさんとガイドさんも和やかにお仕事。

帰りは放射線量の計測に間に合うように、ちょっと急ぎましょうと、真っ直ぐ戻りました。

雨はすっかり上がって、シンボルの三本カラマツやダケカンバの新緑も明るい雰囲気に感じます。

三本カラマツ
【大江湿原 三本カラマツ】
燧ヶ岳
【燧ヶ岳】

今までずっとガスの中だった燧ヶ岳も、姿を見せてくれました。諦めていたので、よかった~

ヒュッテに戻ると放射線量の計測が始まりました。
原発事故の影響を受けて、登山者の減少に悩む尾瀬。こうして毎日放射線量を計測し、安全を確かめているとのことなので、今年はもっと入山者が増え、福島県の復興に繋がるといいですね。

放射線量 計測中
【放射線量 計測中】

測定も済んだので、皆さんにぎやかに、お疲れさま~の乾杯。
私も今年はぜひ燧ヶ岳へ登りたいので、よろしくおねがいしま~す。


お疲れさま~!
【オールフリーで お疲れさま~!!】

燧ヶ岳
【逢いに行きま~す】

サントリー×山渓 尾瀬応援ツアー
【また尾瀬で会いましょう~!】 photo:ヤマケイさん

楽しかった尾瀬ツアーも、そろそろ帰り支度。
全員揃って、記念撮影です。

みなさん、ありがとうございました~!

それぞれに、楽しかった山旅を振り返りつつ、
ほんとに振り返れば、なんと!青空~!

まだまだ歩きたいですね~

青空
【青空~♪】


ヒメシャクナゲ

タテヤマリンドウ

イワカガミ

モウセンゴケ

尾瀬沼展望台
【尾瀬沼展望台から】

バスの時間が迫っているとのことで、途中からピッチを上げて、尾瀬展望台まで戻って来ました。昨日は何も見えなかったけれど、今日は尾瀬沼が見えています。

沼山峠に戻って来ました。
シャトルバスで御池へ戻り、今回お世話になったガイドさんと観光課の方とはお別れです。
二日間、楽しいガイドありがとうございました。

沼山峠
【沼山峠 休憩所】

御池でツアーバスに乗り換えると、早速オールフリーで皆さん賑やかにかんぱーい!
車窓を流れる緑や青空を眺めつつおしゃべりしているうちに、バスは山を下って行きました。


オールフリー
【素敵な尾瀬ツアーに かんぱ~い!】

車窓を流れる緑
【ブナ新緑眺めつつ】

アルザ尾瀬の郷
【みきさんも ほっと一息】

途中の「アルザ尾瀬の郷」で一時下車。
みきさんも最後のお仕事を済ませ、ほっと一息。
皆さんもニコニコ笑顔で、和やかなひと時です。

このあとは「道の駅たじま」で、珍しいアスパラソフト(美味しかった!)を食べたり、新鮮な野菜を沢山買って帰りました。

バス終点の鬼怒川温泉駅では電車の時刻までに少し時間があるので、皆さんと駅前の足湯へ。熱い温泉に足を浸しながら、楽しかった二日間を振り返り、いつまでも笑いが絶えませんでした。

鬼怒川温泉足湯
【いい湯だな~♪ 鬼怒川温泉足湯】


躊躇しつつも参加させて頂いた今回の尾瀬ハイキングでしたが、尾瀬には色々な表情があって、しっとりと雨に潤う森の匂いを満喫してきました。企画して下さったサントリー&ヤマケイさん、そして可愛いみきさんと個性溢れるブロガーの皆さん、楽しい二日間を本当にありがとうございました。お世話になりました。



 尾瀬沼の花々


------皆さんの尾瀬沼レポはこちら------

● まゆちゃん  : 「まゆちゃんの山登り」
● 工場長さん  : 「山ばっかり、酒ばっかり」
● 矢車草さん  : 「山と野と」
● cyu2さん    : 「カラダよろこぶろぐ」
● げんさん    : 「山と燻製の日々」
● はなねこさん : 「はなねこ山」
● くっきーさん  : 「yama+cafe」
● たけさん    : 「たけさんの山あるき」




前日:尾瀬沼ハイキング(1)    HOME    山域別    次回:赤城山(駒ヶ岳・黒檜山)