天狗岳・ニュウ

てんぐだけ(2645m)・にゅう(2351m)
平成23年9月23日〜24日     初日の硫黄岳


今日は天狗岳で展望を楽しんでから、久し振りにニュウへ寄ってみることにします。
縞枯山まで行くつもりでしたが、素晴らしい眺望にゆっくりし過ぎて麦草峠までになりました。


2011.9.24
(土)
 根石山荘根石岳東天狗西天狗東天狗中山峠
途中岩広場
天狗の
奥庭
黒百合
ヒュッテ
ニュウ白駒池麦草峠
快晴  06:55発07:05
07:10
07:35
08:00
08:20
08:30
08:50
09:05
09:50
10:05
10:45
11:30
11:40
11:50
13:05
13:30
14:40
14:45
15:15着
15:20発



昨夜から気温が一気に下がり、素晴らしい快晴の朝を迎えました。
小屋前広場で待っていると、5:30頃丸いお日様が昇ってきました。
山で迎える日の出は何度見ても心改まる思いがします。

御来光
【御来光】

西の空も美しい色に染まっていて、北アルプスが一列にくっきり並んでいます。
穂高・槍ヶ岳からずーっと蓮華岳辺りまで見えていて、なんてきれいなんでしょう!感謝。

北アルプス方面
【北アルプス方面】

根石岳から振り返る
【根石岳から振り返る】

朝食は6時からで、朝もとても美味しく頂きました。
根石岳への登りから振り返ると、昨日はガスで見えなかった赤岳〜阿弥陀岳が、今日はくっきりきれいに見えて素晴らしい。


根石岳の山頂からは、西天狗〜東天狗の吊り尾根が正面。
右端には浅間山が見え、右下に本沢温泉への分岐があります。

西天狗岳〜東天狗岳
【西天狗岳〜東天狗岳】

短い鎖場を登って、東天狗岳の山頂に着きました。まだ早い時間なので人は少なめですが、このあと次々到着して来ます。


東天狗岳 山頂
【東天狗岳 山頂】

天狗岳からは360度の展望。北アルプスはずーっと白馬三山まできれいに見えています。
下に雲が浮かんでいるものの、穂高から白馬まで稜線を目で追うのはなんて楽しいんでしょう!

北アルプス
【遠くに北アルプス  右は蓼科山】

八ヶ岳方面も逆光ながら素晴らしく、硫黄岳と、奥に赤岳〜阿弥陀岳がすっきり。
遠くには南アルプスが並び、こちらは雲もなく、くっきりきれいに見えています。

硫黄岳と赤岳〜阿弥陀岳
【硫黄岳と赤岳〜阿弥陀岳  遠くに南アルプス】

西天狗岳へ
【西天狗岳へ】

今日は時間もたっぷりあるので、隣の西天狗岳へ。
一旦下ると、鞍部には霜柱が出来ていました。

西天狗岳の山頂は岩稜の東天狗と違って小広い平坦地。周囲はハイマツに覆われていますが、西側はまさに180度遮るものなく見渡せ、中央アルプスもよく見えていました。

西天狗岳
【西天狗岳 山頂】
天狗の奥庭 遠くは蓼科山
【下は天狗の奥庭 遠くは蓼科山】

東天狗に戻ってもあまりの展望の素晴らしさに時間を忘れ、またまたのんびりしてしまいましたが、そろそろ下山。

黒百合平分岐では、下に広がる天狗の奥庭がよく見渡せ、遠くの蓼科山まで北八ツの原生林が一望できます。

右下には稲子岳の南壁が見えています。
ニュウは稲子岳の奥に隠れていますが、雲が近くまで迫っているので、もう雲に埋もれてしまったのかも知れないとちょっと心配になりました。

ここから原生林の中の小さなしらびそ小屋を見るのも好きです。

昨夜、根石小屋で同宿になったご夫妻の話では、台風の大雨でみどり池は水いっぱいで小屋間際まで水面が来ていたとのこと。迂回路を通って来たそうですが、上から見てもみどり池が縦長に見えていました。

稲子岳
【稲子岳南壁  右には雲迫るしらびそ小屋】
中山峠への途中
【中山峠への途中の岩広場】

岩ゴツゴツのダケカンバ帯を過ぎると、天狗の奥庭の上部の縁を歩くようになります。ここも気持ちのいい好きな場所です。

今日は縞枯山まで行こうと思っていたけど、素晴らしい青空と展望に天狗岳で長居し過ぎてしまいました。今日は歩くより、ゆっくり眺望を楽しむ方がいいなあと、ここでティータイムにしました。

中山峠まで来ましたが、縞枯山を止めたのでやっぱり天狗の奥庭へ寄って行くことにします。

中山峠
【中山峠】
黒百合ヒュッテ
【振り返る黒百合ヒュッテ】

黒百合ヒュッテのベンチをお借りし、サブザックにお昼モロモロを入れて岩ゴツゴツを登って行きます。

天狗の奥庭は岩とハイマツが広がる台地で、スリバチ池の向こうに天狗岳の東西の吊尾根が見えます。

今まで見たスリバチ池の水は少ないか枯れているかだったので、こんなに水を湛えたスリバチ池を見たのは初めて。青空を映してきれいですが、風がなければ逆さ天狗が見えたことでしょう。

スリバチ池と東西天狗岳
【スリバチ池と東西天狗岳】
天狗の奥庭から北アルプス
【天狗の奥庭から北アルプス見つつ】

ここはほんとにいい気持ち。
南アルプス〜中央アルプス〜北アルプスが一望で、時々通り過ぎる人も眺めながら早めのランチタイムにしました。

今日の北アルプスは最高だろうな〜
飛んでいきたいな〜
空の青、どうしてこんなにきれいなんだろう〜

ゆっくりしていましたが、そろそろ出発。黒百合ヒュッテでザックをまとめ、中山峠へ戻りました。

ちょっと色づき始めたダケカンバや赤い実をつけたナナカマドなど見上げつつ、シラビソ林へ。

中山峠から
【中山峠からダケカンバ見つつ】
ニュウ分岐
【立ち枯れ多いニュウ分岐】

北八ツらしい立ち枯れ林になってきて、ニュウ分岐に来ました。右へ。

ニュウへ向かうのは10年ぶり(?)。道が付け替えられたのか、後半は段差の大きい岩ゴロゴロで、ちょっと違う雰囲気になっていました。

ニュウへ
【ニュウへ】

途中に見晴らしの良さそうな切り立った場所もできていて、硫黄岳と天狗岳がよく見えました。
左にはニュウの岩峰も見え、人が立っています。雲に埋もれていないみたいで、よかったよかった。


ニュウ
【あの小さな岩峰がニュウ】

硫黄岳と天狗岳
【硫黄岳と天狗岳】

ニュウ直下
【ニュウ直下】

ニュウ直下に来ました。時々雲がかすめるものの、青空もいっぱい。


ニュウに到着。雲は押したり引いたりしていて、
一瞬富士山が見えたりする時は、皆さんともども感激です。
富士山はチラッと見えただけでも嬉しい、やっぱり日本一の山ですね。


富士山
【一瞬見えた富士山】

硫黄岳と天狗岳
【硫黄岳と天狗岳】

そして何といってもここからの眺めは下に広がる原生林と白駒池。
左に丸山と高見石小屋・高見岩が見え、奥に茶臼山や北横岳が見えています。
そして、この時間になっても遠くの北アルプスはまだよく見えていました。
この朝は冷え込んだので、富士山や白馬岳には初雪が降ったそうです。

ニュウから見る原生林と白駒池
【ニュウから見る原生林と白駒池】

ニュウも気持ちのいい眺めなのでのんびりしてしまいましたが、そろそろ下山。 この先の下りも苔むしたシラビソ林でしたが、シラビソの幼木がけっこう育っていて、ちょっと雰囲気が変わっていました。


シラビソ林
【シラビソ林】
白駒湿原
【白駒湿原】

下りきって平坦地になると白駒湿原。
ワタスゲがいっぱい広がっていた湿原ですが、草紅葉にはまだ早いようです。

シラビソ林の雰囲気を味わいつつのんびり歩いていたので、コースタイム1時間のところ、10分オーバーして白駒池に着きました。時間を気にしつつ、ちょっとだけ池を眺めて出発。

白駒池
【白駒池】
白駒の奥庭
【白駒の奥庭】

この先、地図では30分ですが、バスの時間は大丈夫?ちょっとギリギリだなあと、白駒の奥庭も焦って急ぎ足で進みました。

今日はあまりの展望の良さに、どこものんびりし過ぎたみたい。急げ、急げ!

ようやく麦草峠に出ました。
ここで秋の草花を探しながら、のんびりバスを待とうかなと思っていましたが、そんな時間はなく、大急ぎでバス停へ向かいました。白駒池からのタイム30分は急ぎ足のタイムでした。ちょっと離れたトイレへも寄って、発車ギリギリで間に合いました。やれやれ。

麦草峠
【麦草峠】


昨日とは打って変わって気持ちのいい爽やか快晴になりました。天狗岳でもニュウでも素晴らしい展望に時間を忘れ、最後は大慌てになってしまいましたが、とても清々しい北八ツの山旅でした。長年の宿題の硫黄岳へはまたいつか行こうと思います。



前日の硫黄岳    HOME    山域別    次回の三国山・鉄砲木ノ頭