伊豆ヶ岳

いずがたけ(850m)


奥武蔵の代表的なハイキングコース、伊豆ヶ岳〜子ノ権現。
思わぬバッタリのお陰で、予定外の楽しい山行となりました。


2011.2.20
(日)
 正丸駅五輪山男坂伊豆ヶ岳古御岳高畑山中ノ沢ノ頭天目指峠子ノ権現吾野駅
曇り  08:30着
 08:35発
09:50
10:00
10:10
10:15
10:30
10:40
11:00
11:45
12:10
12:15
12:3012:50
13:00
13:55
14:10
15:10着
15:37発



「秩父方面は晴れ」の予報に、期待半分不安半分で家を出ました。しかし乗り継ぎながら北へ進んでも、空は相変わらずどんより曇っている。東飯能駅から西の空遠くを見渡しても、青空のカケラすらありません。
そうなると軟弱者はいつもの如く気力喪失。 引き返して、高尾周辺で成人病予防登山でもしようかな・・・とぼんやりしていたら、なんと、同じホームを歩いているのは昨年の忘年山行でご一緒したはなねこさん?ビックリ〜♪


同時に「どこ行くの、どこ行くの〜?」と、お互い言い合って相手の山が気になる。私は今が見頃というロウバイを見に宝登山に行くつもりだったけど、空が青くないから引き返そうかと思っていたと言うと、はなねこさんはやはり曇り空を気にしつつも伊豆ヶ岳〜子ノ権現へ行かれるとのこと。どうしよう〜と思いつつ私も東武線に乗り換えて、しばし思案。そして図々しくも、はなねこさんのお供をさせていただくことにしました。

正丸駅で下車。
斜めの階段を下りて、右へしばらく林道歩きです。

前方にも2,3人単独男性が歩いています。正丸峠へ続く道を見送って、馬頭尊から左の登山道へ入りました。


伊豆ヶ岳登山口
【馬頭尊  伊豆ヶ岳登山口】
雑木林の急登
【雑木林の急登】

植林の中を進み、ジグザグから雑木林の急斜面になりました。ここは無雪期でも滑りやすい所でロープが付けられています。踏み固められた雪も残っているので滑りやすく、慎重に登って行きました。

尾根に乗れば雪道も歩きやすい。数日前に雨が降ったので大分融けたと思っていましたが、けっこう残っています。

五輪山へ
【五輪山へ】
五輪山
【五輪山】

正丸峠からの道と合流して五輪山に着きました。
前回はガスって何も見えませんでしたが、今日は右の木立から武甲山が見えました。

すぐ先が伊豆ヶ岳直下の登りで、男坂・女坂の分岐。「落石危険・自己責任」の看板が立っています。

急傾斜真下から見上げるとやはり急。ちょっと試してみるけど滑りやすいので、この岩が目的で来たという男性二人が登って行くのを見学していました。

女坂方面へ少し進むと「崩落箇所があるので通行危険、左が迂回路」との看板があり、左上にルートが出来ていました。急登で雪も残り、凍結していて滑りやすいので慎重に登って行きました。

伊豆ヶ岳 男坂
【伊豆ヶ岳 男坂】

伊豆ヶ岳山頂に到着。うっすら日が差してきて、遠くに青空が少し見えました。
武川岳、大持山や武甲山、更に右奥には白い浅間山がチラッと見えていました。


伊豆ヶ岳 山頂
【伊豆ヶ岳 山頂】

武甲山方面
【武甲山方面】

伊豆ヶ岳 道標
【新しい道標】

山頂の岩場には、以前の大きな山名標識のほかに新しい道標が出来ていました。

記念写真を撮って、お昼にはまだ早い時間なので先へ進みます。

明るい落葉樹林の落ち葉道を下り、山伏峠分岐から古御岳方面へ下ります。
下りは南面なので雪はすっかり消えていましたが、登り返すと、また少し雪が残っていました。

古御岳へ
【古御岳へ】
古御岳
【古御岳】

古御岳の山頂には東屋があり、ベンチもありました。樹林に囲まれているので展望はありませんが、冬枯れの今は木々の間から周囲の山々が見えます。
こじんまりとして落ち着いた雰囲気なので、ここでお昼になりました。

今日は宝登山の予定だったので時間がいっぱいあると思い、私はガスを持って来ました。時間を取らせて申し訳ないと思いつつ温かいすいとんを作ったので、はなねこさんには予定外のちょっと長いランチタイムになってしまいました。

古御岳の次は高畑山へ向かいます。
古御岳も下り始めは急な下りで、緩やかになると名郷分岐の道標がありました。地図にはないけれど、名郷への道があるようです。

名郷分岐
【名郷分岐】

空洞のある大岩や、根元が繋がった二本の大木。間から飛び出しているのは根の一部でしょうか、
はなねこさんの位置からはイルカに見えたそうで、私の位置からは爬虫類のように見えました。


大岩
【穴のある大岩】

大木
【双子のような大木】

アセビ
【アセビの森】

この稜線は植林ばかりと思い込んでいましたが、雑木林も多く、途中からはアセビの並木道になりました。思いのほか雰囲気のいい道です。

緩やかな登りで高畑山に到着。
先行するグループが休憩中です。
木々の向こうに、今歩いてきた古御岳が見えていますが、ここから見るとなかなか立派な山です。重なるように見えているのが伊豆ヶ岳でしょうか。

高畑山
【高畑山】
中ノ沢ノ頭
【中ノ沢ノ頭】

細かな上下の先、小ピークの中ノ沢ノ頭には巻き道もありましたが、ちょっと上がってみました。何もない狭いピークですが、奥多摩で見かけるあの木彫りの山名札が掛かっていて嬉しくなりました。

「正丸駅・伊豆ヶ岳〜子ノ権現・吾野駅の中間地点」と記された手作り道標もありました。

植林が続きますが、手入れされていて大木もあって雰囲気のいい道です。先のほうには「西川材」の説明看板があって、飯能周辺は杉・檜の生育に適した気象条件・土壌なので良質な木材が生産されていたそうです。

檜林
【整然とした檜林】
天目指峠
【天目指峠】

天目指峠に出ました。
奥多摩に「天目山」があるので、「てんもくざす」かと思ったら「あまめざす」だそうで、「あまめ」とはこの辺りに自生する豆柿、「指す」は原始的焼畑農法のことだそうです。

すぐ上にはベンチがあったので、しばし休憩。

更に進むと、はなねこさんがマンサクを見つけました。白い曇り空に、咲き始めたばかりの小さなマンサクの花。私はぼーっと歩いていたので気付きませんでしたが、さすが花好きなはなねこさん。よく見つけたなぁ〜と感服してしまいました。

マンサク
【マンサク】
愛宕神社
【愛宕神社】

天目指峠からは一山越えてもまた次の山が見えてきて、けっこうアップダウンがあります。

やれやれと登った愛宕神社が最後のピークのようで、少し下ると竹寺分岐。あちら方面もいつか行ってみたいと思いました。

愛宕神社から林道に下り立つと、左側に今日歩いてきた古御岳・伊豆ヶ岳がぼんやりと見えていました。古御岳は小粒ながらもなかなか端正な姿です。

古御岳・伊豆ヶ岳方面
【古御岳・伊豆ヶ岳方面】
天龍寺 庫裏
【天龍寺 庫裏】

子ノ権現の正式名は天龍寺。 832年の子の年、子の月、子の日、子の時刻に生まれ7歳で仏門に帰依した子ノ聖が911年に創建した古刹だそうです。

庫裏は藁葺きの重厚な屋根。透かし彫りには年代が感じられます。

本堂前にはロウバイが少し咲いていて、いい匂いがしていました。厳しい寒さの中でも咲き始める、淡い黄色の透けるようなロウバイ。青い空が似合う花なので、やはり明るい春の光の中で撮ってあげたい。

ロウバイ
【甘い香り ロウバイ】
鉄の大わらじ
【鉄の大わらじ】

そして子ノ権現といえば足腰守護の神仏、大わらじ。 現在は鉄製。40数年前に来た時は藁で編んだ大きな草鞋を見上げた記憶がありますが、火事で消失したそうです。

朱色の仁王様を振り返りつつ、黒門を出ました。

立派な幹周りの樹齢800年という二本杉を見上げ、車道の少し先から右の登山道を下りました。

天龍寺 黒門
【天龍寺 黒門】
屋根で寛ぐ猿
【民家の屋根で寛ぐ猿】

橋の先で車道に出て、手打ちうどんが名物と聞いた浅見茶屋や滝不動を見ながら下って行くと、民家の脇に猿がいます。私達を見ると屋根に駆け上がり、あとは悠然としていました。

国道直前で右へ曲がり、そのまま真っ直ぐ駅へ通じているかと思ったら最後に短い登りがあって、尾根末端を越えて駅へ向かいました。



伊豆ヶ岳〜子ノ権現は奥武蔵の代表的なハイキングコースで、低山とはいえけっこうアップダウンのある立派なコースでした。落葉樹林やすっきりした植林、アセビの道など思いのほか雰囲気のいい道で、はなねこさんにお会いしていなければ高尾周辺をウロウロするだけだったであろうこの日、お陰さまで曇り空でも楽しいトレーニング山行となりました。はなねこさん、ありがとうございました。



前回の塔ノ岳・丹沢山    HOME    山域別    次回の宝登山(長瀞アルプス)