富士山

ふじさん(3776m)
平成22年9月4日〜5日    初日の須走口ルート


2010.9.5
(日)
 七合目
 大陽館
本七合目
見晴館
本八合目九合目
鳥居
富士山
頂上
剣ヶ峰吉田口
下山道
下江戸屋
(須走分岐)
七合目
トイレ
六合目河口湖口
五合目
快晴
のち曇り
 04:20発05:13
05:30
06:2007:1707:55
08:15
09:15
10:15
11:0011:4012:50
12:55
13:3514:15着
14:40発



この須走口ルートはどこからでもご来光を迎えられるので、出発は焦らなくてもいい。3時半頃ちょっと外に出てみると、まだ暗い空には星がいっぱい輝いていました。さほど風もないので寒くない。ヤッケだけ上に着て4時過ぎに小屋を出ました。 しばらくはヘッデンが必要でしたが、空が白み始めればもう不要。振り返れば水平線の空が赤く染まって来ています。



見晴館に着き、鳥居の下で御来光を待ちました。
水平線の一点の輝きが、少しずつ大きな光に。


水平線の輝き

御来光

素晴らしい光景に誰もが無言で見入っていました。
すっきりとした水平線上の美しい御来光。
富士山の今日の晴天に、本当に感謝です。


富士山本七合目の御来光
【富士山本七合目の鳥居で迎える御来光】
雲海と朝日
【雲海と朝日】

見晴館から更に進んで振り返り見る太陽。
先ほどの鳥居が下に小さく見えていました。

雲海が本当に素晴らしい。

富士山頂をめざす道。
八合目までは人も少なく、余裕の登山道でしたが・・・

八合目
【八合目過ぎ】
本八合目
【本八合目】

八合目を過ぎると、一部下山道と重なるので、どっと人が増えてきて大賑わいになりました。山頂でご来光を迎えた人たちが一斉に下山して来たようで、上の方まで人の列が連なっています。

右側に建ち並ぶ山小屋の前を通って行くと、中では寝袋など一つ一つビニール袋に入れて「今日までで終わりです。」と言っている小屋もありました。

九合目の鳥居。このあたりまでは登山者もさほど多くなく、並ぶことなく登って行けましたが・・・

九合目鳥居
【九合目鳥居】
九合目過ぎ
【九合目過ぎ】

山頂近くなると、登山者が列をなしていました。渋滞にはなっていないので、一歩ずつ登って行きます。

十合目の鳥居に着きました。いよいよ富士山の山頂です。しかし、鳥居前には何故か座って休んでいる人がたくさんいました。

山頂の鳥居
【山頂の鳥居】
富士山頂上浅間大社奥宮
【富士山頂上浅間大社奥宮】

最高点ではないけれど、一般的には大きな標柱のあるここが富士山の山頂。私達も記念写真を撮って、お鉢巡りへ。

御土産屋さんを覗きながら、記念にバンダナ(900円)と登頂日付が刻印されるキーホルダー(900円)を買いました。高いけど、何といっても記念の富士登山。二度はないので奮発しました。

隣の大日岳から振り返ると、山小屋の屋根は石で覆われています。富士山頂の台風は凄まじい烈風なのでしょう。どの小屋も石の鎧をつけているようでした。

久須志岳 山小屋街
【久須志岳 山小屋街】

大日岳を越えると、富士山の火口がぐるっと見渡せる縁に出ました。
向かいに見えているのが最高峰の剣ヶ峰のようで、建物が見えています。
猛暑の今年も万年雪が解けずに張り付いていて、底も見えています。
気象庁の火山分類では富士山は「活火山」Bクラスだそうで、
今は静かに眠っていますが、次はいつ目覚めるのでしょう。

富士山火口
【富士山火口  向かい側に剣ヶ峰】

伊豆岳
【伊豆岳】

その先には3mくらいの岩壁があって、ちょっと面白そう。Oさんに待っててもらってちょっと登ってみると「天之御柱」と書かれた標柱が立っていました。

ここが伊豆岳でしょうか、誰もいないけれど小広いピークです。こちら側の雲が上がってきて陰り、麓を見下ろせないのが残念。

戻って、更に進むと浅間大社奥宮がありました。立派な鳥居の奥は扉が閉まり、人が休んでいるので遠くから手を合わせて通過。

横の富士館の営業は8月までで今は閉まっていて、裏の山頂公衆トイレ(300円)も今日までとの張り紙がありました。

浅間大社奥宮
【浅間大社奥宮】
剣ヶ峰へ
【剣ヶ峰へ】

その先に小高く見えて来たのが剣ヶ峰。急勾配を上がって行くと気象庁観測所に出ました。


日本最高峰の標柱で記念写真を撮る人達の列が出来ていました。あのレーダードームは1999年に観測が終り今はもうありませんが、高山病や厳しい気象条件に苦しめられながら設置工事に携わった方達の苦労が小説「富士山頂」やNHK[プロジェクトX」で紹介されていたのを思い出しながら並んでいました。


富士山気象観測所
【富士山気象観測所】

剣ヶ峰
【日本最高峰富士山剣ヶ峰】

標柱で記念写真を撮ったあとは展望台へ。2000mの山でも雲海は見れますが、日が高くなると雲も上昇して、3000mくらいの山でも稜線は雲の中に入ってしまいます。アルプス級の山々に立ち昇る積雲をこうして上から見ることが出来るのも、すぐ横に積雲の頭が見れるのも3776mの富士山ならではのこと。飛行機では一瞬で突き抜けてしまうこの景色。素晴らしくて、ここからの展望が一番印象に残りました。この眺めだけ、また見に来たい気分です。

剣ヶ峰展望台
【剣ヶ峰展望台から   右には南アルプスに立ち昇る積雲 】

お鉢巡り
【お鉢巡り】

記念撮影が終われば皆さん下って行くので、建物横はちょっと静か。眺めはイマイチですが、また展望台へ見に行ったりしながら簡単なお昼にしました。

あとは残り片側のお鉢巡り。私は、富士山頂の縁をぐるっと360度回るのだから東西南北の景色を見ながら一周するのだと思っていました。が、実際は縁(稜線)から少し外れるし、雲があるし(快晴のイメージしかなかった)で、全てが見れる訳ではありませんでした。

日の陰った山頂は荒涼として、修験者の世界のような雰囲気でした。

一周して頂上石柱の所まで戻って来ました。のんびりゆったり周っていたので山頂に3時間もいたらしい。11時になり、下る人も少なくなって下山道は空いていました。

帰りは吉田口ルートへ下りてみます。すっかり曇って涼しい下り。雲海や下界を見ながら下るというのは叶いませんでしたが、人が少なかったので砂煙も舞い上がらず助かりました。

吉田口 須走下山道
【吉田口 須走下山道】
七合目公衆トイレ
【七合目公衆トイレは今日まで】

ジグザグルートの最下部に公衆トイレ(100円)がありましたが、ここも今日で閉鎖されるようです。

以前に大きな落石事故があったためか、ここには落石シェルターが出来ていて、強風の日などはこの中を通るように注意書きがありました。

後日調べると、死者12名負傷者31名の大惨事で、事後が起きたのは昭和55年8月14日。今年はちょうど30年目、天候悪化で撤退した日でした。

落石防止シャルター
【落石防止シャルター】
見上げる吉田口登山道
【見上げる吉田口登山道】

六合目まで下って来ました。これから登る団体さんが次々列を作って登って行きます。このコースが富士登山で最も賑わうコース。今年は25万人が登ったそうです。

ガスの中を見上げれば、上の方まで建つ山小屋が要塞のように見えていました。これだけ小屋があれば確かに心強く、いざというとき安心です。

六合目を過ぎると、林道のように広く平坦な道になりました。所々に馬糞が落ちているので用心用心。

左手に小さな泉ヶ滝があり、細い滝が流れていました。外国人のグループが来て、楽しそうに記念写真を撮っています。今日はどこまで行くのでしょう。

泉ヶ滝
【振り返り見る泉ヶ滝】
河口湖口 五合目
【河口湖口 五合目】

バス停のある五合目に下りてきました。ここはまさしく観光地で、どこぞの街のようにお洒落な建物が並んでいます。標高があるので涼しく、避暑で来る人もいるのでしょう。この時間、服装を見れば観光客の方が多い雰囲気でした。天気に恵まれた富士山を思い返しながら河口湖駅行きのバス(1500円)を待ちました。


雲海に伸びる影富士、水平線からの素晴らしい御来光、南アルプスに立ち昇る積雲など、印象に残る還暦記念の富士登山になりました。一度登ればいいと思っていた富士山ですが、あの3776mの展望だけはまた味わいたい。平日登山が出来るようになって、すっきり快晴の日に予約なしで行けたらいいな〜などと思うものの、その頃その気力があるかどうかが問題。ともあれ、素晴らしい富士山に感謝の山旅でした。



前日の須走口ルート    HOME    山域別    次回の御岳山・大岳山