秩父路




奥武蔵の次は秩父デビューです。調べると花のハイキングコースもあるらしい。
のどかな春の山里を武州日野駅から御花畑駅まで歩いてみようと思いました。
が、実際歩いたらのんびりし過ぎて、今回は浦山口駅まででした。


2008.4.5
(土) 晴れ
 武州日野駅水芭蕉園大塚
カタクリの里
弟富士
カタクリ園
弟富士山明ヶ指
たまご水
清雲寺浦山口駅




秩父の花を検索していたら、秩父市ハイキングマップがあったので、今回は「4・5・6」をコピーして出発しました。西武秩父駅から秩父鉄道への乗り換えは少し歩く。登山者がぞろぞろ行くので後ろから地図と照らし合わせながらついて歩けば御花畑駅に着きました。秩父鉄道はパスモが使えないので切符を購入。


武州日野駅
【武州日野駅】

降りた武州日野駅は桜が満開でレンギョウも咲き、いかにも春いっぱいの鄙びた小さな駅でした。

カタクリ園へはどう行くのかなと聞くと、とても親切な駅員さんで、説明しながら荒川観光協会の小さな略図プリントをくれました。もうミズバショウも咲いているそうです。

駅を出て右へ行き、桜とレンギョウの並木を通って踏み切りを渡ります。右へ折り返すと、まもなくカタクリが咲く小道になりました。


弟富士カタクリ園は武州日野駅のすぐ後ろにあって、山裾の群生地に細い歩道がつけられた自然な感じの所です。まだ朝日が差し込まないので、左右を見ながら先へ進みました。途中にはアズマイチゲもありますが、まだ開いていないので先に大塚カタクリの里へ向かうことにします。山道の脇にはゼンマイも伸び始めていました。


一旦舗装道路に出て、左へ行くと水芭蕉園の案内。行ってみると、山の北面の沢を利用して水芭蕉が咲いていました。この花は清らかな雪解け水の流れの中で見たい花ですが、遠くまで行かなくても見れるのはオマケみたいで嬉しい。まだ一部しか咲いていませんが、白い花が朝日に眩しく輝いていました。朝早い時間なので、人も少なく静か。ゆっくりひとつひとつ見ながら周って歩きました。


水芭蕉園
【水芭蕉園】

ミズバショウ
【ミズバショウ】

車道に戻り、更に左へ行くと大塚カタクリの里へ分岐。左へ入って行くと、道幅いっぱいにネットが張られ塞がれています。この辺はサルやシカ、イノシシなどの被害があるようで、ネットカーテン(?)を潜り抜けて通るようになっていました。左の植林にニリンソウ群生地への道標がありましたが、どこにもそれらしき葉すら見当たらずカンスゲがたくさん茂っていました。


大塚カタクリの里の入口もネット扉で、開閉して中に入ると山の急斜面いっぱいに咲いていました。密度はさほど高くないけれど、落ち葉の中でそれぞれに咲いています。周囲に歩道が付けられていますが、隣の樹林下にもポツポツ咲いていてとても自然な雰囲気です。水芭蕉園に寄っている間に朝日もすっかり当たって、みんなきれいに開いていました。


大塚カタクリの里
【大塚カタクリの里】

カタクリ
【カタクリ】

一回りして戻り、途中の道標から「里山の路・コナラの丘」へ向けて登って行きました。カタクリの里にはそれなりに人もいましたが、ここからは誰もいません。

短い急登で尾根に出て、植林と雑木の中を行くとちょっとした高みにベンチがありました。ここがコナラの丘のようで、昔の炭焼きの説明などが案内板に記されています。尾根伝いに下りて行くと畑を抜けて、車道に飛び出しました。さっきの入口には立派な道標があるのに、この出口には何もないので逆コースではとてもこの先にそんな里山コースがあるようには思えない畑です。


里山の森
【里山の森】
カタクリとアズマイチゲ
【カタクリとアズマイチゲ】

武州日野駅へ戻ると、カタクリもアズマイチゲもすっかり花開いてました。アズマイチゲが咲いている範囲はごく僅かですが、一緒に咲いている姿は微笑ましい。

カタクリが咲く駅裏の小径を、朝の踏み切りまで戻りました。


武州日野駅
【武州日野駅裏の小径】

弟富士カタクリ園
【弟富士カタクリ園】

踏み切りは渡らず真っ直ぐ進んで、右手の浅間神社から弟富士山へ登って行きました。

山頂はすぐで、後日調べると標高は385mだそうです。樹林に囲まれ展望はなし、お社らしい建物があるだけなので手を合わせ南へ下りました。


弟富士山
【弟富士山】
如意輪観音堂
【観音橋から如意輪観音堂を振り返る】

小さな竹林を下りると、左後ろには矢通反随道の小さなトンネルが見えました。

右へ緩く下って行くと如意輪観音堂で、近くには彼岸桜のように色の濃い桜がいっぱい咲いていました。

周辺はのどかな山里で畑地も庭も、色とりどりです。向こうに見える山は、地図で見ると熊倉山や檜岳?

山里
【山里の春】

道端には土筆やスミレもあって、スミレは色の濃いノジスミレのようです。桜、花桃、咲き残りの梅やレンギョウ、キブシなどピンクや白、黄色があちこちいっぱいで、まさに春爛漫です。


サクラソウ
【桜とサクラソウ】

スミレ
【道端のスミレ】

ハイキングマップでは観音橋の先にニリンソウの咲く場所があるようですが、ちょっと分りませんでした。「明ヶ指のたまご水」へ寄ってみようと、道標から右へ進むとなにやら人がいっぱい並んでいます。そば処「和味(なごみ)」がお目当てらしく、練馬や品川ナンバーの車もあって、びっくり。そば通なら並んででも味わってみたいところなのでしょうか。

左の民家から下に下りると小さな沢が見えてきました。沢へ下る途中ふと横を見ると、カタクリがいくつか咲いていました。ひっそりと目立たずに咲いています。いっぱいの群生もいいけれど、山の花はひっそりと咲くのも味わい深い。木橋が掛けられ、渡った先にはニリンソウも少し咲いていました。


安谷川木橋
【安谷川木橋】

ニリンソウ
【ニリンソウ】

薬師堂へ
【薬師堂への小道】

沢の先を上がって行くと民家の庭のような所に出てしまいました。ちょっと分りにくく、近くにいた人に聞けば右手の道を行けば薬師堂に出られるようです。

細い道を行くと林道に出て、すぐ横に薬師堂があったので右へ進みました。

明ヶ指のたまご水周辺は美しい渓谷と記されていたので、ちょっと期待してここでお昼の予定でしたが、植林が多くイマイチ。案内板によると、たまご水というのは硫黄分を含んだ湧水のこと、個人所有のものなので絶対手をふれないで下さいと記され、どこにあるのかも分かりませんでした。

カツラの大木は確かに大きくて標柱には関東随一の大きさと記されていましたが、日陰で元気がない様子でした。

明ヶ指のたまご水
【明ヶ指のたまご水】

お昼はさっきの安谷川木橋まで戻ることにします。上のお蕎麦屋さんは行列ですが、ここまで下りてくる人は少ないので、白い石の沢は静か。さらさら流れる水音や小鳥の声を聞きながらお昼にしました。
次はまたさっきの薬師堂まで上がって、今度は左へ行き武州中川の清雲寺へ向かいます。静かな植林の山腹道で、途中にはお地蔵様が一人静かに佇んでいました。

2時過ぎ、どこからかSLの汽笛が聞こえてきました。後で分ったことですが、秩父鉄道は土日にSLが走るようで、時々ポーーッと聞こえる汽笛はなかなかいい感じです。姿が見えないのは残念。マニアなら今の季節、桜と合わせていい写真が撮れそうです。


昌福寺
【昌福寺】

昌福寺のしだれ桜はまだ蕾。途中、武州中川入口までの道もピンクや黄色がいっぱいで、ちょっと見かけない変わったスミレも咲いていました。


茶畑
【茶畑と花咲く木々】

道端にはお年寄り4人組が腰掛けて、楽しそうにおしゃべりしていました。
裏道は車もあまり通らず、のどかな春。前を通るだけで、こちらまでにっこりしてしまいます。


おばあさん4人組
【日向ぼっこのおばあさん仲良し4人組】

本当は若御子山遊歩道(国見の広場)経由で行く予定でしたが、のんびりしすぎて時間がなくなったので、清雲寺へ直行します。右に千手観音堂がありましたが、中は見ることができませんでした。その先が清雲寺。駐車場には大型観光バスが2台停まっています。中はどんなことになっているのでしょう・・・

境内へ向かうと、ツアーで来たらしい一団がぞろぞろ戻って来ました。団体さんが帰る・・・ちょっと喜んだのは早かった。満開のしだれ桜が見えてきたなと思った境内は人も出店も満開。

でもさすがに人気があるだけに、しだれ桜は見事です。苔むした大木からでも、これだけの美しい花を咲かせるなんて、素晴らしい生命力。桜は本当に芽吹きの春にぴったりの花です。


しだれ桜
【清雲寺のしだれ桜】

清雲寺
【人もいっぱい】

長泉院
【長泉院のしだれ桜】

しだれ桜の清雲寺をあとにして、更に右へ進むと長泉院。ここにもしだれ桜があります。お参りすると白木蓮やミツバツツジがきれいに咲いていました。

のんびり歩き過ぎたので、今日は浦山口駅までに変更。途中の浦山川に掛かる橋の上の山肌にも桜色が並んでいました。

浦山口駅のすぐ下には不動名水があって、右手の蛇口から水が汲めるようになっています。と、車が一台やってきて、空のペットボトル100本くらい並べて次々に水を汲み始めました。すごい・・・

不動名水
【不動名水】


武州日野ではカタクリやアズマイチゲ、まだ早いと思っていた水芭蕉を見ることができました。清雲寺のしだれ桜も立派で、途中の沿道も花がいっぱい。秩父の春は本当に色とりどりで、白、ピンク、黄色に、終日顔がほころんだまま。ハイキングコースは随所に道標やトイレがあり、芽吹き前の山里をのんびり歩くのもいいものだなあと思った一日でした。


 秩父路の花々



前回の城山かたくりの里・草戸山    HOME    山域別    次回の高尾山・景信山