常念岳

じょうねんだけ(2857m)
平成19年10月6日〜7日


2007.10.7
(日)
 蝶ヶ岳
 ヒュッテ
蝶槍25922512岩峰常念岳常念小屋笠原登山口駐車場
(タクシー)
快晴 06:20発07:05
07:15
08:20
08:40
09:15
09:30
10:10
10:20
11:20
12:20
13:15
13:45
15:05
15:15
16:45
16:50
17:05着
17:15発



日の出
【日の出   きれいに撮れたかな 】

朝、東の空は雲海が広がり、静かに太陽が昇ってきました。上空にはうっすら茜色に染まったほわほわ雲が浮かんでいます。

今日の素晴らしい晴天に感謝です。

うっすら赤く染まった空の下、ふわっと浮かんだ雲の中に霞沢岳や遠く御嶽山が頭を出して、日本画のようにきれい。

乗鞍・霞沢岳
【雲に浮かぶ乗鞍・霞沢岳】

朝日を受けた峰々は神聖で荘厳。
うっすら染まる穂高・槍は本当に素晴らしく、
やっぱり北アルプスが好きと思える瞬間です。

穂高岳
【朝日にうっすら染まる穂高岳・槍ヶ岳】

富士山・南アルプス方面
【富士山・甲斐駒ケ岳・北岳】

大滝山の向こう、柔らかそうな雲海の上には、遠く富士山や甲斐駒ケ岳・北岳など南アルプスも横一列にずーっと浮かんでいました。


朝食後、今日の青空に感謝しつつ出発。ゆるく下って上りケルンのあるところへ出ました。
朝日にすっきり照らされた穂高の峰々がすぐ横で見守ってくれているようです。

大キレット
【ケルンからは穂高・槍が正面】

すぐ隣の三角点が旧蝶ヶ岳山頂で、今はケルンと柱石があるだけです。でもこの柱石、なんだか新しい。あちらに立派な「蝶ヶ岳山頂」の標柱を立てたので、せめてこちらは柱石だけでもと新しくしてあげたのかしら。そんなことはないか・・・

すぐ先に見えている小さなピークが蝶槍です。


三角点
【三角点  旧蝶ヶ岳山頂】

草もみじの中、緩く登って蝶槍に着きました。
振り返れば蝶ヶ岳の山々がゆるやかな曲線を描いて畝っています。
黄葉もきれい、北アルプスとは思えない優しいまろやかな山並みです。

大滝山〜蝶ヶ岳〜三角点
【大滝山〜蝶ヶ岳〜三角点】

蝶槍
【振り返り見上げる蝶槍】

蝶槍からは急下り。
でもこの下りはダケカンバなど黄葉がきれいです。
次の登り返しで振り返れば、てっぺんに小さな盃を載せたような蝶槍の急斜面が黄葉に輝いていました。

小さな池の傍らを通り抜け2592m峰へ向かうと、夏ならお花畑になりそうな枯れ花の道。草地の山頂が見え、柔らかに色づいた木々がきれいでした。

2592m峰の上からは蝶槍が正面に見え、大滝山の左には遠く富士山がまだ雲海の上にくっきり見えていました。小広い山頂は気持ちいいので、思わずゆっくり休んでしまいました。

2592m峰
【2592m峰】
常念岳へ
【常念岳へ】

次の常念岳を目指して、ダケカンバの傍を下って行きます。今日の青空は本当に気持ちいい。

登りになり、最初は比較的緩やかな道で、黄葉した木々の間から槍ヶ岳など見ながら登って行きます。

やがて岩ゴロゴロの急坂になり、2512m点の岩場で正面の大キレットを見ながら、しばし休憩。

常念岳へ
【槍ヶ岳を見ながら】
岩峰
【岩峰を巻いて常念山頂へ】

更に岩ゴロゴロ尾根を登り、2つの小さな岩峰の下を巻いて行きます。だんだん傾斜もきつくなってくるので、ゆっくりゆっくり向かいの槍穂高の稜線を眺めながら登って行きました。山頂近くで振り返り下を見ると、結構な急斜面です。


常念岳山頂に着きました。立派な祠がある山頂からはまさに360度の展望。
ここから見る槍ヶ岳は東鎌尾根と北鎌尾根が左右にきれいな線を描いて、
素晴らしく端正。何やら気高い女性らしさエレガントさを感じてしまいました。
大きな懐でどっしりと構えた穂高岳、長い衣を曳きずった優雅な槍ヶ岳。
常念岳の山頂からは、この二つの山が対の姿に見えました。

常念岳 西側
【常念岳山頂】


北側の眺めも素晴らしい! 目の前は横通岳から大天井岳。
奥には裏銀座の山々が広がり、立山や針ノ木岳もすっきり。
遠く鹿島槍ヶ岳も見えていて、やっぱり北アルプスには青い空が一番!

常念岳 北側
【奥に鷲羽・水晶・野口五郎岳〜立山〜後立山連峰】

あまりの眺望に随分ゆっくりしてしまいましたが、そろそろ下りないと・・・

三股分岐を過ぎると急下りになり、下に赤い屋根の常念小屋が見えてきました。


下に常念小屋
【下に赤い屋根の常念小屋】
常念小屋
【常念小屋】

常念小屋前の小石広場に到着。ここは常念乗越。あとは反対側へ下るだけで、もう槍ヶ岳は見えなくなります。ここで長めの名残り休憩。

さて、下山。初めは黄葉もある急な下りで、第3ベンチ、第1ベンチと過ぎて行きます。水場を過ぎ、沢を渡って山腹の高巻き道を歩きます。このあたりも紅葉がポツポツ。

高巻道
【高巻道はポツポツ紅葉】

胸突き八丁が終わり、沢に下りてしばし休憩。ここからは緑のダケカンバが多くなりました。やがて熊笹やシラビソなど混じり、笠原の河原に出て、ここでも休憩。


一ノ沢
【一ノ沢の傍を下る】

苔むす針葉樹林帯になり小さな王滝からは、ずっと沢音を聞きながら一ノ沢の傍を下って行きます。あと2週間もすれば、このあたりの紅葉も鮮やかになって楽しい道になりそうでした。

やがてトチの大木の横に”山の神”さま。ここまで来れば林道もすぐです。今日の晴天と無事に感謝して、ご挨拶。

山の神
【山の神   ありがとうございました】
常念岳登山口
【常念岳登山口】

公設トイレと登山指導所がある登山口に到着。
以前はここでタクシーが待機していましたが、今回はこの下の駐車場までしか入れないようです。

林道を下っていくと道路に大木が立っていました。横の斜面から滑り下りて来たように、倒れず真っ直ぐ道に生えたように立ち塞いでいるので、タクシーは通れず下の駐車場までということになっているようです。

ちょうど穂高駅に行かれる女性二人連れの方がいらしたので相乗りさせて頂き、4500円の3人割りでした。ありがとうございました。


今日の行程はちょっと長かったので、翌日は数年振りに筋肉痛。普段から「トシをとると筋肉痛も3日遅れでやってきて、よく分からなくなるらしいヨ。」と、娘に脅されていたので、イタタタターと言いながらも、ちょっとほっとしました。



長年行きたいと思っていた蝶ヶ岳〜常念岳をようやく歩くことが出来ました。ずっと槍・穂高に見守られながらの素晴らしい縦走路でした。紅葉には1週間ほど早かったようですが、素晴らしい青空に恵まれ北アルプスの山並みを心ゆくまで眺め、堪能できました。これでようやく満足して今年の夏山(?)高山は終了。感謝の山旅でした。



初日の蝶ヶ岳    HOME    山域別    次回の尾瀬ヶ原