沼津アルプス

おおひらやま(356m)・わしずさん(392m)・とくらやま(256m)・よこやま(183m)・かぬきやま(193m)


沼津アルプスは低山なれどアップダウンが多く侮れない山と、よく聞いていました。
興味はあるものの延び延びになっていたので、今年こそはと行って来ました。


2007.3.4
(日)
 多比多比口峠大平山鷲頭山小鷲頭山志下山徳倉山横山香貫山黒瀬沼津駅
晴れ 08:55着
 09:00発
09:4009:50
10:00
10:50
11:00
11:05
12:00
12:3013:10
13:30
14:0515:15
15:35
16:0016:25着
16:26発



熱海駅を過ぎると長いトンネルになり、その次の駅は函南(かんなみ)駅。ここを過ぎると左手にジェットコースターのように小山が並んでいるのが見えてきました。あれがもしかして沼津アルプス? なるほどデコボコでアップダウンが多そうです。

帰りのバスの時間を気にしなくていいように、多比から北上しようと思います。沼津駅南口7番乗り場から出る伊豆長岡行き8:30発のバスに乗って25分、「多比」で下車。バス停から少し戻りセブンイレブンの先の角で曲がるのかなと右折して行くと、道端に低い四角い柱の道標がありました。バス通りから少し入った場所にあるので、ちょっと分かり難い道標ですが、丁寧な説明文が記されていました。


沼津アルプス 案内
【沼津アルプス 案内】

「沼津アルプス」

「香貫山から南へ横山、徳倉山、鷲頭山、大平山と続く山々は、別名「沼津アルプス」と呼ばれている。五山七峠を越える長いハイキングコースですが、沼津市の街並みをはじめ伊豆や箱根、駿河湾や富士山など素晴らしい展望が眺められる。」


山へ向けて舗装道路を登って行くと、道端にはオオイヌノフグリやホトケノザなどが咲いて、もうすっかり春。振り返ると海が見え、明るい日差しがみかん畑の斜面に降り注いでいます。三叉路で、あのトレードマークのような「沼津アルプス道標」が現れました。この道標は要所ごとに設置されていて、とても分かりやすく楽しい道標です。

バス停から25分、ドラムカンの水槽のところから沼津アルプスの登り口になりました。芽吹きの始まったような木々の間を登って行きます。足元にはキランソウやアオイスミレが咲いていていました。


バスでは一人でしたが、このあたりで先行の人に追いついたり別の人に抜かれたりと人もぽつぽつ見かけるようになり、いかにも人気の山のようです。


沼津アルプス 登り口
【沼津アルプス 登り口】
多比口峠
【多比口峠】

多比口峠に到着。
ピストンの大平山へは右の樹林へ急登です。

10分ほどで、大きな桜の木がある大平山に着きました。左側には「沼津奥アルプス大平会」の案内板があり、2001年にこの奥の大嵐山(日守山)への道も整備されたようです。
右側には同じ大平会のポストがあり

「おおべらやまへよくきたぢやぁー
きをつけて きやりにゃんよ」

と、温かみのある方言で書かれていました。この山域に対する地元の方々の愛情が感じられます。

大平山
【大平山】
富士山
【富士山が見える】

急坂を下ってさっきの多比口峠に戻り、鷲頭山へ向かうと右手に富士山が見えてきました。春霞で全体は隠れていますが、頭だけスッキリ見えています。

この時は分かりませんでしたが、帰宅して写真を見れば中央左が徳倉山、右奥が横山のようです。

目の前にそびえる鷲頭山に向けて進んで行くと独特の林相になりました。ウバメガシ(姥目樫)という堅い木だそうで、備長炭はこの木から作られるそうです。岩稜っぽい尾根で、ずっとウバメガシの林。細いけれどくねくねとした幹で、何やらジャングルみたいで楽しい道です。

終わり近く、狭い道の両側二本の木にペンキ印がつけられ、「肥満度測定木」と書かれていました。笑いながらもちょっと苦労して通り抜ける人は要注意?

ウバメガシ林
【ウバメガシ林】

次の峠の多比峠に出ると、ここからロープの急坂。途中開けた所からは今登って来た大平山が見え、すっきりきれいな三角形の姿をしていました。椿など常緑樹の木陰の中を進んで行くと、前方に草地が見えて来ました。


鷲頭山
【鷲頭山】

明るく開けた鷲頭山に着きました。
東西の見晴らしが良く、駿河湾も眩しく光っています。北側の富士山は木々に隠れていますが、桜の木がたくさんあって蕾もずいぶん膨らんでいました。広い山頂なので、お花見の頃は宴会登山で賑やかになりそうな山頂です。


鷲頭山からはロープの張られた急な下りでした。

こちら側もヤブツバキの木が多く、足元にも赤い花がたくさん落ちていました。

ヤブツバキ
【ヤブツバキ】
小鷲頭山
【小鷲頭山】

小さく登り返して、小鷲頭山に着きました。
狭い山頂ですが、弧を描く海岸線の眺めが素晴らしい。白い雲に見え隠れしながらも富士山が見えていたので、ここで昼食タイムにしました。

小鷲頭山からの下りはロープのかなりの急坂でした。多分ここがコース中で一番の傾斜。それほど長くはないけれど、登るのも大変そうです。

急下り
【急坂を見上げる】

ロープの急坂が終わり、尾根から外れ右に下っていくと大きな岩陰に石仏が祀られている中将宮に出ました。その先が志下峠で、道標を見ると今来た道の他に尾根伝いの道があったようですが、今は休養林となって立入禁止になっていました。


志下山
【志下山】

次の馬込峠から登り返して志下山に着きました。
狭いけれど明るいカヤトの山頂で、振り返ると鷲頭山と小鷲頭山が並んでいました。


次の志下坂峠に下り、また登り返していくと見晴らしがよくなって来ました。千金岩とペンキで書かれた大岩の上からは鷲頭山と志下町と駿河湾が見渡せ、小さな舟が行き交っています。

鷲頭山と駿河湾
【千金岩から見る鷲頭山と駿河湾】

岩が終わると緩やかな道になりました。様々な常緑樹が続き、アオキの艶やかな葉もあちこちに見られます。途中に徳倉山より高い282m点があるはずですが、樹林に覆われていて山頂も分からず名前もあるのかないのか、「沼津アルプス」に名前を連ねてもらえないようでした。

少し下りになると、ホオノキが立つ広場に出ました。正面には愛鷹連峰が見えているので、霞んでいなければ富士山も見える原っぱのようです。勝手にホオノキ広場と呼ぶことにしました。


ホオノキ
【 ホオノキのある広場 】

更に下った所が香貫台分岐で、ここは象の首と呼ばれているそうです。後で分かったことですが、徳倉山は象が伏せているようにみえるので象山ともいわれ、山頂が頭、ここが首、さっきの緩やかなあたりが背のようです。ということは、あの名もない282m点は腰のあたりなんでしょうか。


徳倉山へ
【徳倉山へは竹手摺り】

さて、目の前が徳倉山。ここも急登ですが、竹の手摺りが続いてちょっと風情のある登りです。

広い草地の徳倉山に着きました。
北には愛鷹連峰が見えていますが、富士山は薄雲の中で残念。すぐ下にはこれから向かう香貫山や沼津市街が見えています。

今までで一番広い山頂なので、ここでゆっくりコーヒータイム。

徳倉山
【徳倉山】

徳倉山からの下りも急で、ここは段々になっていてロープではなくクサリが掛けられていました。下り立った所が横山峠です。


横山
【横山】

更にまた登り返して、横山に着きました。
樹林に囲まれた狭い山頂で、一番地味な山でした。道標には「モウ、一山」と表示されています。「モウ一山」の最後の香貫山へ向けて下山。

横山は一番低い山なのに、ここからの下りもロープの急坂。もう笑うしかない心境で、膝も笑うしかない。


ようやく八重坂峠に下り立ちました。車道を左へ200mほど進むと登り口があり、登山道を少し登ると上の車道に合流。しばらくは車道歩きで、左下に見えるゴルフ練習場を回り込むように上がって行きました。

香貫山展望台と桜台の分岐になりました。次は香貫山と思っていたので林道を直進しましたが、ずーっと林道です。5分ほど進んだけどやはりちょっとおかしいと思い、分岐まで引き返して桜台という方へ登って行きました。


香貫山展望台、桜台分岐
【香貫山展望台、桜台分岐】
沼津アルプス
【桜公園から見る沼津アルプス】

長い段々道で上に出ると桜の木がいっぱいの公園になりました。振り返ると、今日歩いた沼津アルプスの山々が重なって見えています。

横山は左端過ぎてこの写真には写っていませんが、手前左が徳倉山(象の頭)、右も徳倉山の一部(象の腰あたり)、奥中央の三角形が鷲頭山で徳倉山の左にちらっと見えているのが大平山です。


休憩舎の先、右に行くと桜台のようなので、道標に従って左の香貫山展望台の方へ行くと、電波塔の横に香貫山山頂の道標が立っていました。何とも味気ない山頂なので通過。道標では右が香陵台ですが、左の展望台へちょっと寄っていきます。

すぐ先の香貫山展望台は公園になっていてベンチがありました。正面に愛鷹連峰が見え、富士山は雲に隠れていますが開放感のある眺めです。

下には沼津市街が広がり、三国橋もこれから渡る黒瀬橋も渋滞しています。


香貫山展望台
【香貫山展望台】
香陵台
【香陵台  五重塔】

さっきの山頂近くまで戻ってから左へ進み、柿田川湧水と書かれた蛇口や夫婦岩など見ながら下って香陵台に着きました。桜の木に囲まれた公園で、駐車場もあります。車道を少し下ると、右に登山道が下りていました。



バス通りに下り立ち、左へ進んで右の黒瀬橋を渡り、更に左へ行けば沼津駅です。



沼津アルプスは、評判通りのアップダウンで歩き甲斐のあるコースでした。低山とはいえ急坂あり、海あり、岩あり、森あり、草地ありの変化に富み、富士山も見える楽しい山々でした。今日は多くのグループに行き交いましたが、平日に行ける身分になったら桜の頃に今度は逆ルートで行きたいと思います。



前回の権現山・麻生山   HOME    山域別    次回の吉野梅郷・高水三山