梅ノ木尾根・大山

おおやま(1251m)


この前は大山を南北に歩いたので、今日は東西に歩いてみようと思います。
日向薬師から西へ梅ノ木尾根を登り、大山からは諸戸へ下りることにしました。


2005.11.26(土) 日向薬師
バス停
_奥ノ院
分岐
_鐘ヶ岳
分岐
_893地点_989地点
ベンチ
_大山_諸戸_ヤビツ峠
晴れ 08:12着
 08:15発
09:40
09:50
10:30
10:35
11:2011:40
12:35
13:20
13:45
14:50
14:55
15:35着
15:51発



梅ノ木尾根という名称はどこからどこまでを指すのかよくわかりませんが、(薬師尾根とか日向尾根とかの呼び方もあるようです。)この尾根は去年の2月に大山三峰山の帰りに下ったことがあります。上の方は明るい自然林で気持ちよく楽しい印象があったので、この尾根もいつかまた登ってみたいと思っていました。先日、諸戸の紅葉がきれいだったので、あの道もどんなかなと、続けて大山周辺を歩くことにしました。

伊勢原駅の大山ケーブル行きのバス停には列が出来ていましたが、7:55発の日向薬師行きのバスはガラガラ。登山客は3,4人で、終点で降りても日向薬師に向かった人はいませんでした。バス停にはトイレがあります。


日向薬師
【日向薬師駐車場 左に登山口】

朝の境内はお線香が漂い、しーんと静まり返って清々しい雰囲気です。

私もお参りして裏の駐車場へ向かいました。
ちょうど周りの紅葉に日が差し始め、日に透けるモミジを見ながら小さな梅園の横から登り始めました。


常緑樹の多い林の中を進むと右に日向山への分岐がありますが、ここは見送って左へ真っ直ぐ山腹を巻くように緩やかに登っていきます。尾根に出ると十字路で右は日向山、左が梅ノ木尾根です。植林の急な段々を登り、先で弁天の森への分岐を見送るとベンチのある所に着きました。

この先2つ目のベンチがある所には道標もあったので、ここが537地点かと思っていましたが、その先2ヶ所のコブにもベンチがあって最後の方がやや標高が高いので、そちらが537地点かも知れません。
(どっちでもいいけど)


537地点?
【537地点? 】
浄発願寺分岐
【浄発願寺奥ノ院分岐  大山へは真っ直ぐ】

この4番目のベンチから下って、僅かに登り返すと浄発願寺奥ノ院への分岐になっていて、ここにはテーブルもあるので、しばし休憩。

大山へは真っ直ぐ急坂を進み、ここからは道標のない尾根伝いの道になります。

自然林の急坂ですが、紅葉もきれいな明るい道になりました。

紅葉の急坂
【紅葉の急坂】
二ノ沢の頭
【二ノ沢の頭】

やがて植林の小ピークに着きました。ここには以前、「二ノ沢の頭」と書かれた小さな札が木に掛けられていましたが、今日は無くなっていました。
ここから北向きに変わります。

短いながらもスッキリとした植林の道で、少し先の左の開けた所からは青空の下に大山が大きく見えていました。

やがて岩っぽいヤセ尾根を過ぎ、アセビなど常緑樹の間を登って行くと分岐に出ます。

大沢分岐と書かれた小さな手作りの道標があり、右は674地点を通って鐘ヶ岳へ向かう道です。
大山へは左へ折れ、僅かに下ります。

大沢分岐
【大沢分岐の道標がある鐘ヶ岳分岐】

左側が植林になって、登り返した次の小ピークはちょっと要注意。そのまま進むと、南の日向キャンプ場に下りてしまうので、このピークでは右下(西)へ下ります。以前は、大山方面から下山してくる人の為に今来たこちら側の木に赤テープが何本かあったのですが、今日は白いテープの木が一本だけでした。このピークは、地図で確かめないと南の尾根の方が緩やかでよさそうに見えるので、ちょっと間違いやすい所のように思います。(写真ではわかりにくく撮りにくい)


大山三峰山
【右手に大山三峰山】

右に見えていた大山三峰山も、ずいぶんはっきり見えるようになってきました。手前の唐沢峠の下の方は紅葉もきれいです。


しばらく緩やかな登りですが、最後はかなりの急坂。落ち葉がいっぱいの斜面を木につかまりながら登っていきます。大山から唐沢峠に向かう尾根が段々低くなって来ました。

登りきってポンと飛び出した所が、893地点近くの樅の木の下です。梅ノ木尾根の入口には、目立たない白テープがありました。

大山へ向かって左へ行くと、すぐ先に鎖でガードされた小さなガレ場があります。


梅ノ木尾根入口
【893地点近くの梅ノ木尾根入口】
大山北尾根
【大山北尾根】

ここからは緩やかな道で、右手には三日前に歩いた大山北尾根が長く延びています。
今日は西沢ノ頭やミズヒノ頭も分かって楽しい。

丸太の段々が出てきて、登って行くとススキの原っぱのような道の脇にポツンと道標とベンチがありました。このあたりが989地点のようです。振り返ると大山三峰山がとてもステキな姿をしています。

大山山頂は今日も混雑していると思われるので、ここでお昼にしました。今日は久し振りにガスを持ってきたので、温かいすいとんを作りました。すると中高年のご夫婦が到着、やはりここでお昼のようです。歩く時は一人が楽しくても、休憩や食事の時のおしゃべりは嬉しい。とても気さくなご夫婦で、笑いながらの楽しい昼食タイムとなりました。感謝です。


ススキベンチ
【ススキのベンチと大山三峰山】

さて、出発。この辺りはススキの原っぱのようで、明るく見晴らしもいいのですが、ケーブルの残骸のような物が放置されたままになっていました。その先、雷ノ峰尾根への登りになると、また丸太の段々道です。笹の中の急坂を登って、雷ノ峰尾根に合流。ここからは沢山の下りてくる人達とすれ違いながら大山山頂を目指します。


塔ノ岳方面
【富士山の見えない塔ノ岳方面】

着いた大山は相変わらずの大賑わい。お参りして、すぐ西の展望台へ向かいました。

今日も富士山は見えませんが、塔ノ岳はなんとか見えています。丹沢方面を眺めつつコーヒーを飲みながら休憩。

帰りは諸戸へ下ります。

そのまま裏の西の道を下ると、右の笹藪の中に小さな踏み跡がいくつかありましたが、以前「諸戸へ」の小さな札を見たのはもう少し下です。

看板のところにあったはずのその道標は、今日はありませんでした。ここから下りますが、途中で右から踏み跡が合流して来ました。

諸戸 下り口
【諸戸 下り口】
諸戸へ
【落ち葉がいっぱいの諸戸への道】

始めは笹の茂る歩きにくい道でしたが、すぐ明るい枯れ草道になり、やがて落ち葉がいっぱいの楽しい道になりました。

カサカサ、フカフカ・・・いい気持ち。


この道でも、誰にも会いませんでした。自然林が続くので、新緑の頃などもよさそうです。右下に見えていた送電鉄塔が近づき、電線の下を通ると檜の林になってきました。右へカーブしながら下り、沢近くになると足元に「大山 登口」という小さな手作りの道標がありました。この道で見るたったひとつの道標で、まもなく向こうに建物が見えて来ました。

小さな鳥居をくぐって、この前歩いた諸戸の道標のある車道に出ました。

周り全体が植林の緑の中で、ここだけはモミジの紅葉やイチョウの大木の落ち葉で、黄色の明るい雰囲気です。


諸戸
【諸戸  鳥居の先に登山口】

この先の車道歩きは3日前と比べたらずっと少なく、10分程で門戸口に着きました。同じようにヤビツ峠まで登り返し、バスで帰りました。こんな時間でも上ってくる車が意外と多く、すれ違いなどカーブの多い狭い道では運転手さんも大変そうです。車掌さん(?)が交通整理する場面もありました。



梅ノ木尾根はやはり人が少なく、出会ったのは2組だけでした。下は植林が多いけれど、上は緩急交互の気持ちいい自然林です。諸戸への下りでは全然人に会わず、観光地のような大山もちょっと外れればとても静かで、楽しい山歩きが出来るんだなあと改めて実感しました。



前回の大山北尾根    HOME    山域別    次回の滝子山