塔ノ岳・丹沢山


2005年2月11日(金)〜12日(土)

冬、特に2月は冬型も崩れ、丹沢ではきれいな霧氷に出会える時があります。
今回は新しくなったみやま山荘に泊まり、丹沢山から蛭ヶ岳・焼山の主脈縦走したいと思います。


2005.2.11(金) 大倉_雑事場ノ平_堀山ノ家_花立_塔ノ岳_日高_竜ヶ馬場_丹沢山
みやま山荘
 07:35着
 07:55発
08:40
08:45
09:45
09:50
10:45
10:55
11:35
12:05
12:2512:5513:30着
18:00食



天気予報では晴れとなっていますが、丹沢は海洋気象の影響を受けやすいので、南に低気圧があると曇りやすくなります。先週は空振りでしたが、今週は期待できるかも知れないので、連休を利用して3年前の春に歩いたコースを行く事にしました。

家を出るときは曇っていましたが、渋沢駅では小雨が降っていました。7:18発の大倉行きには、14,5人くらいの登山者が乗り込みました。着いた大倉では、雨は小雪になって舞っていてちょっとびっくり。皆さん、それぞれ雨具を着けて出発して行きます。
今日はみやま山荘までなので、三ノ塔経由か鍋割山経由で行こうと思っていましたが、ちらつく雪を見上げているうちに、最短の大倉尾根で行く事にしてしまいました。のんびり身支度して、うっすら雪化粧した畑を眺めながら出発。今日は、前も後ろもポツンポツンと、単独の人が多いようです。植林を過ぎ、雑事場ノ平で小休止。


堀山ノ家
【堀山ノ家】

雪は霧が凍った感じで、細かなサラサラ粒。まわりにうっすら積もっていくのを見ていたら、パウダーシュガーのかかったケーキを思い出してしまいました。

段状の道が続きますが駒止茶屋の上からはなだらかになり、松が多くなるとまもなく堀山ノ家です。

ベンチで休憩、ここからまた階段が続く急登です。


古い雪は泥混じりで凍結し、その上に新しい雪が積もっているので、見た目はわりときれいです。
長い階段状の斜面を登って、花立山荘に着きました。ここは相模湾など見晴らしのいいところですが、今日は真っ白、なにも見えません。ここからは雪も多くなり、皆、アイゼンをつけているので、私も六本爪を着けました。

露岩混じりの急登を過ぎると、その先の木道からは正面に塔ノ岳が見えてくるのですが、今日はすっかりガスの中。小屋がチラッと見えるくらいです。


花立の上
【花立上から見る塔ノ岳】

ここからは雰囲気のいい道で、階段も雪に埋もれ歩きやすくなっていました。鍋割山への分岐の金冷シを過ぎれば、あと少しで塔ノ岳です。


塔ノ岳
【塔ノ岳】

塔ノ岳 山頂に着きました。
山頂には人もちらほら。寒いので尊仏山荘でお昼の人もいるようです。

雪は相変わらず弱いのですが、気温は−8℃。風も多少あるので、確かに寒い。お昼は、コンビニおにぎりと熱い味噌汁で終わりです。

冬は特に素晴らしい”展望の塔ノ岳”も、今日は真っ白。隣の新大日あたりが霧氷の先に何とか見えるくらいです。

蛭ヶ岳方面も鍋割山方面もみんな真っ白。何も見えないので、そろそろ出発します。

新大日方面
【新大日方面】

尊仏山荘の左裏から丹沢山への道が続いています。一旦、急に下るこの階段も雪で埋もれ、歩きやすくなっていました。今日は大倉尾根も連休のわりに人は少なめでしたが、塔ノ岳からは更に少なく、たまに一人、二人と会うくらいです。


日高
【日高へ】

この塔ノ岳〜丹沢山も、雰囲気のいい散歩道。霧氷のついた木々もガスに包まれ、幻想的です。

竜ヶ馬場へは、緩やかに下って登り返します。

笹原の広がる竜ヶ馬場は、ベンチがあり、晴れていれば休憩にいい所です。

正面に、大山〜三ノ塔〜新大日〜塔ノ岳の表尾根がきれいに見えるのですが、今日はまるで別の場所のようでした。

竜ヶ馬場
【竜ヶ馬場】
霧氷の森
【霧氷の森】

竜ヶ馬場の上からは、しばらく平坦な道です。

大きなブナの幹もうっすら白く、霧氷の白い世界は何だかとっても素敵です。
風もほとんど止まり、しーんと静か・・・
本当に夢の中を歩いているようです。

周りの景色にボーっとしていると、向こうから来た男性に「この先に、鹿が3頭いましたよ」と声をかけられましたが、人の声がとても非現実的なもののように感じました。

緩い登りになり、やがて広場のような山頂の丹沢山に着きました。いくつかあるベンチはすっかり雪に埋もれています。

富士山が見えるところに「丹澤山」と書かれた、ちょっとおしゃれな新しい標識が立っていました。

丹沢山
丹沢山
みやま山荘
【みやま山荘】

新しくなったみやま山荘はどんなかな?と中に入ると、本当に真新しいので木の香りがしそうです。

客室は2階で、私は予約の電話を入れておいたからか、2畳の個室を案内されました。窓が大きな透明ガラスなので、外の様子がよくわかります。まだ早い時間なので、下の談話コーナーでちょっとお菓子をつまみながら休憩。

3時頃、外に出て丹沢三峰山の方へ少し下りてブナ林を散策。こちらも雪は深く、トレースは一人分だけでした。

夕食は6時からで、食堂に下りると ”すごい!” 
一人ずつ用意された焼肉で、他に煮物やデザートもあります。器も陶器で、食器洗いが大変そうですが、以前とは大きく様変わりしています。

皆さんも感動しながら、おいしく頂きました。まだ建って間もないのに、早くも2度目という女性もいました。

夜は小屋全体が暖かく、窓が大きいので、夜景もよく見えとてもきれいでした。

食堂
【食堂】


一旦止んだ雪も夜に又降ってきましたが、ちょっと風も出てきたようです。明日は冷えて晴れそうですが、霧氷が散らなければいいのですが・・・



前回の檜洞丸    HOME    山域別    翌日の蛭ヶ岳・焼山