大室山・加入道山



大室山は西丹沢の北に位置し、山頂は樹林におおわれ展望はありませんが、
ミツバツツジの咲くブナの林で、加入道山まで静かな山歩きを楽しむ事が出来ます。


2004.5.29(土) 西丹沢
 自然教室
_用木沢出合_犬越路_大室山_加入道山_白石ノ滝_林道_西丹沢
自然教室
晴れのち
うす曇り
 08:30着
 08:40着
09:0510:20
10:30
12:05
13:00
13:55
14:00
14:4015:1015:50
15:50



新松田駅からバスで1時間10分、終点の西丹沢自然教室は周りの山々の周遊ルートが取れる便利な登山口です。大室山も右回り、左回りで登りましたが、新緑の頃は今回が初めてです。
まずはゲートのある用木沢出合まで車道を歩き、ここで右折。沢沿いのゆるやかな道を何度か橋を渡りながら進みます。涸れ沢になった辺りからは、ちょっとキツイ登りになります。新緑の下なので気持ちいいけど、余り風が抜けないのでちょっと暑い。時々、木々を見上げながら息を整えます。

笹が被さるような急坂を抜けて犬越路に着きました。

ここは檜洞丸、日陰沢橋、大室山の分岐になっていて、明るく眺めもいいので絶好の休憩ポイント。ベンチにはいつも大勢の人がいて、賑やかな所です。

大室山へは、すぐ横の避難小屋の脇から登ります。


犬越路
【避難小屋から犬越路を振り返る】
富士山
【尾根道から望む富士山】

初めは少し急ですが、しばらくするとゆるやかになり、左には木々の間から富士山が見えるようになりました。

小さな鎖場の先からはずっと登り調子が続きますが、ブナ等の明るい新緑が続く静かな道です。

緑色の木漏れ日が、本当にいい気持ち。

ブナ
【ブナの新緑】
大室山
【大室山はトリカブトが群生】

山頂が近くなると急坂になり、ブナの大木がある明るい斜面を登って行くと、ミツバツツジもあちこちで見かけるようになりました。

林床にはトリカブトとバイケイソウの葉が目立ってきました。トリカブトの方が優勢で林の中いっぱいに広がっています。

やがて稜線に出て、ブナの木立の西ノ肩に出ました。山頂より落ち着いた雰囲気で、ベンチもあるのでここでお昼にする人が多いようです。

とりあえず先に大室山の山頂へ向かいます。

大室山 西ノ肩
【大室山 西ノ肩】
大室山へ
【大室山 山頂へ】

右へ5分程、ミツバツツジの咲くなだらかな頂稜を行くと山頂が見えてきます。

大室山の山頂に着きました。

やや狭く、周りは樹林に囲まれているので展望はありませんが、今日は明るい日差しが降りそそいでいます。木陰やベンチに、いくつかグループが来ていました。

大室山
大室山

西ノ肩へ戻り、富士山を見ようと左端へ行ってみましたが、もうこの時間はうっすら見えるだけでした。昼食後は加入道山へ向かいます。下り始めはやや急坂です。


木道
【大室山の西の木道】

やがてブナやカエデの林になって、ゆるやかな楽しい木道になりました。
ミツバツツジがあちこち咲いているところを見ると、花付きは去年より良かったようです。


しばらくすると急な下りとなり、前方が開けてきます。正面の加入道山の左に富士山が見えていますが、今はもうすっかり霞んでしまいました。このルートの中では、一番展望のいい所です。狭い鞍部の破風口を過ぎ、わずかな登り返しで上に出ると、またブナや笹の雰囲気のいい道になります。道志への分岐がある前大室は加入道山よりやや高い。下ってまた緩く登り返します。

平坦な道を進んで行くと加入道山 山頂です。
全体が広葉樹におおわれた静かな山頂で、すぐ左下に避難小屋があります。
ベンチもありますが、いつもひっそりとしています。


加入道山
加入道山
ブナ林
【ブナ林】

白石峠へ向かう道にも雰囲気のいいブナ林があり、そこを過ぎると急坂の下りになります。


加入道山からは10分ほどの下りで、ベンチのある白石峠に着きました。ここから左へ新緑の急坂を、段々のジグザグで降りていきます。

小さな沢を渡り杉林の山腹を進むと、木立の間から白石ノ滝が見えます。
水晶沢ノ頭から白石峠にかけては、その名の通り白い大石が多く、この流域は大理石の産地だったそうです。


白石滝
【白石ノ滝】
鉄製の堰堤
【鉄製の堰堤】

このあとジグザグに下り、沢に下り立つと古びた鉄製の堰堤があります。水の少ない乾燥気味の時は荒れた感じに見えますが、水量があり濡れているとコンクリート製とはまたちょっと違った雰囲気です。

この先、何度か木橋を渡りながら緩やかに下り、最後は左岸の林道に出ます。


少し先で車道に合流、10分ほどで用木沢出合。ここからは朝来た道を戻ります。5月の最終日曜日は西丹沢の山開きで、前日に当たる今日はバスの増発も多く、停留所に着いたら丁度発車するところでラッキーでした。


大室山は普段でも静かな山で、この時期大混雑する隣の檜洞丸とは対照的です。尾根の樹間からは富士山が眺められるので、紅葉の頃から冬もお勧めです。



前回の真名井北稜・川苔山    HOME   山域別   次回の瑞牆山