辺室山・大山三峰山



大山三峰山は、低山ながらはしごや鎖場があり変化に富んだ楽しい山です。
今回は北の辺室山から登り、ネットで見つけた梅ノ木尾根を下りてみようと思います。


2004.2.28(土) 土山峠_辺室山_748地点_大山三峰山_唐沢峠_893地点_奥の院分岐_日向薬師
晴れ 07:30着
 07:30発
08:35
08:45
09:35
09:45
11:00
12:00
13:0013:20
13:25
14:25
14:35
15:20
15:45


以前歩いた大山三峰山は楽しい山でしたが、帰りに通った山神隧道のトンネルはけっこう長くて、中央は光が届かず余り気分のいいものではありませんでした。今回ネットで、唐沢峠の先から日向山へ下りる梅ノ木尾根という道がある事を知りました。(s-okさんのようこそ!山へ!!
破線すらありませんが気持ちよさそうな尾根伝いなので、早速行ってみる事にしました。

本厚木駅6:55発の宮ケ瀬行きに乗り、土山峠で下車、他に男性2人が降りました。一人は仏果山方面、一人は同じ辺室山のようで先に出発しています。バス停のすぐ後ろの登山口からいきなりの急登で、杉や樅ノ木もありますが、全体は雑木林で明るい感じです。

しばらくすると前方でカサッ、カサッ、っと音がしました。鹿かと思ったら、猿が1頭10mくらい上を歩いています。しばらく進むと今度は東斜面の下の方が騒がしい。見れば大小10頭くらいが群れていましたが、私の姿を見て四方に散りかけ、こちらの様子を見ています。先導の猿も脇に寄って私を警戒しているようなので、「おはよう、朝ごはん 食べた?」と話しかけましたが、ただ見ているだけです。カメラを向けると歯を見せて不安そうなので止めました。「またね」と言って通り過ぎると、どこかへ行ってしまいました。


辺室山への道
【辺室山への道】

春にはまだ早い朝ですが、冬枯れの木々にも柔らかな日差しが当たり、白く光っています。
小鳥が二羽だけ「チチッ チチッ」っと鳴き合っていました。

ひんやり、すっきり、気持ちいい。

全体が広い辺室山の山頂に着きました。
周りは木々に囲まれ、日中でも静かそうな雰囲気です。

この先も明るく気持ちのいいゆるやかなアップダウンが続きます。

辺室山
【辺室山 山頂】

小さな石の”山の神”の祀ってある高みからスズタケの急下りで物見峠に出ました。ここは十字路になっていて、大山三峰山へは杉木立の中の狭い段々を登ります。かなりの急坂ですが、上がりきった所はきれいに枝打ちされていました。


748地点
【748地点】

748地点は、山頂は自然林ですがスズタケに覆われ北側が杉林。最近何本か伐採されたらしく、新しい切り株がありました。
杉のいい匂いがしています。
すっきりした木々を眺めながら切り株に腰かけて休憩タイム。


この先で煤ケ谷からの道と合流。テーブルベンチや、「この先地形が急峻、経験者向き」の注意書きがあります。ここからは、ゆるやかな自然林の上下の小道が続きます。

二ヶ所ほど崩壊地もありました。蛭ヶ岳方面や丹沢三峰山が見渡せます。


崩壊地
【崩壊地を振り返る】
大山三峰山 取り付き
【大山三峰山 取り付きベンチ】

大山三峰山の取り付きには新しく道標が立ち、ベンチもありました。ペンでアケビ平と書かれています。ここから見る三峰山は、早春の陽差しを受けて柔らかな羽毛をまとっているようです。芽吹きの頃はきれいでしょうね。


この先から急登が始まります。木段やロープの急斜面で、やがて露岩も出てきてます。

最初のピークは北峰で、この下りから鎖や梯子の連続になります。岩や木の根の狭い尾根を進み、次のピークを越えれば山頂です。

クサリ場
【クサリ場】

大山三峰山
大山三峰山

大山三峰山 山頂に着きました。
誰もいません。前回は紅葉の頃で団体さんもいて賑やかでしたが、今日は静かです。

まだ11時ですが、早めのお昼にします。ベンチの隅でラーメンを作っている時に単独男性が二人、食事中にご夫婦が到着、お話しながら食事をしました。


さて、そろそろ行こうかなと立ち上がったところに、女性二人が到着しました。「こんにちはー」と声を掛けた次の瞬間、あちらも私も「あーっ!」と大声を出してしまいました。去年の5月、檜洞丸の帰りに犬越路で偶然お会いした”一昨年のみやま山荘で隣に寝た”お二人だったのです。お互い、びっくり! 千葉方面の方達なので、丹沢には年に1,2回しか来ないそうです。あとちょっと遅かったら、私はもう反対側へ下りていました。「本当に縁があるのねー」と、同窓会のように暫しおしゃべり。静かだった山頂が騒がしくなっていたかも知れません。遅ればせながら周りの方達、ごめんなさい。お互いまた名前も知らないまま記念写真を撮って、「また、どこかでお会いしましょうね」と挨拶し合って別れました。知らない人と丹沢で三度も出会うなんて、とっても楽しい。なんだか温かい気持ちになって、次の鎖場を下りました。

南のピークを経て、やがて不動尻への下りになります。ベンチがあり不動尻への道が続いていますが、このまま右の尾根伝いに進みます。

以前歩いたことのあるこの道は、広葉樹が続く気持ちのいい尾根です。迷マークはありますが尾根から外れなければ大丈夫で、踏み跡は前回よりはっきりしているようでした。

ここからが今日のメイン。
気持ちのいい陽だまり道です。


左は不動尻
【明るい尾根伝いへ】
865付近
【865地点付近】

柔らかな光がいっぱい差し込む、小広い木立は気持ちがよく、辺りをグルッと一回り。株立ちの木も多いようで、ボーッとゆっくり座っていたいところですが、この先梅ノ木尾根の入口を見つけられなければ大山の山腹を越えなくてはいけないので、今日は余りのんびりも出来ません。山神隧道の、あの暗くて長いトンネルは余り通りたくないから・・・

所々狭くなった尾根では、木がしがみつくように根を張っている所もあります。余り根を踏まないよう、転ばないよう気を付けて歩きます。
広かったり、狭かったり楽しい道です。

尾根道
【狭い尾根道】

やがて不動尻と唐沢峠の分岐の小ピークに出ました。ここも広めの気持ちいい雑木林です。大山からの下山ルートにもなっているのですが、今は誰もいません。右へちょっと下り、休憩舎のある唐沢峠に出ました。ここから893地点へ向けて登り返します。


梅ノ木尾根入口
【左に梅ノ木尾根入口】

小さなコブを過ぎ、左側に注意しながら進んで行きます。鎖のついた狭い崩壊道を過ぎ、更に上へ進んで893地点と思われる所に着きました。

ちょっと下った樅ノ木の先、左側に踏み跡があります。テープ類が見当たらなかったけど、思ったよりはっきりしているのでこれなら大丈夫と下山開始。
地図では境界線しかないのですが、尾根伝いに下りれば日向山へ通じているようです。


始めはかなりの急斜面で、木につかまりながら下ります。緩やかになって、小さなコブの先をまた登り返すと植林のある小ピークに出ました。右の尾根が広くて気持ちよさそうですが、方向がちょっとヘン。左の杉に赤テープがあるので地図で確認しつつ、この北東側の急坂を下りました。

更に下って小さなピークに出ました。
ここには手作りの道標があり、鐘ヶ岳と日向山の分岐になっています。

この写真は鐘ヶ岳寄りから撮っているので、右が今来た道で、左がこれから下りる道です。


分岐
【鐘ヶ岳と日向山の分岐】
二ノ沢の頭
【二ノ沢の頭】

分岐を南に下り尾根の狭まったゴツゴツとした石の道、そしてきれいな杉の小道の先で「二ノ沢の頭」と書かれた札のある小ピークに出ました。ここで左の東方向へ下ります。

しばらくは広葉樹林で、新緑の頃は気持ちよさそうな下りです。

広葉樹林
【気持ちいい広葉樹林】

急坂を下り、やがて木立が途切れて平坦地に出ました。ベンチがあり、浄発願寺奥の院へ道標もあります。この辺りは梅ノ木尾根というハイキングコースになっているようです。


537地点?
【537地点?】

ここから常緑樹と杉が多くなり、所々ベンチのあるピークを上下しながら進み、ちょっと広めのピークに着きました。ベンチがあり道標もあるので、ここが537地点のようです。


段々を下り、日向山手前の分岐で右の薬師方面に折れ、ここからは平坦な山腹道となります。常緑樹が多い中、ところどころ山椿の木があって赤い花がとても鮮やかで印象的でした。

日向薬師に近づくと小さな梅園があり、いい香りがしています。夕方ですが家族連れが来ていました。

下の駐車場を抜けると日向薬師で、今日の無事を感謝して本堂にお参りしました。


日向薬師梅園
【日向薬師 梅園】


大山三峰山はやっぱり変化に富み楽しい山で、辺室山も静かで自然林の多い山でした。梅ノ木尾根も上の方は楽しかったので、今度は登りに利用したいと思います。好きな道がまた増えて感謝の山行でした。



前回の南高尾山稜    HOME   山域別   次回の北高尾山稜