谷川岳・茂倉岳

たにがわだけ(1977m)・しげくらだけ(1977m)
平成28年10月14日〜15日

長年憧れの谷川岳馬蹄形を、ロープウエイ利用の時計回りで歩いてみることにしました。
山頂付近の紅葉は終盤でしたが、稜線周辺では所々で、紅葉もきれいでした。


2016.10.14
(金)
 天神平熊穴沢
避難小屋
天狗の
留まり場
肩の小屋谷川岳
トマノ耳
谷川岳
オキノ耳
一ノ倉岳茂倉岳武能岳
ヒュッテ
晴れ  09:05着
 09:15発
09:55
10:00
10:35
10:45
11:3511:4512:00
12:25
13:3514:00
14:15
15:40
15:50
16:30着



馬蹄形というくらいなので、逆U字型のことと思っていましたが、最近は西黒尾根も歩く周回型縦走が人気のようです。しかし始発バスを利用しても西黒尾根から登れば小屋着が5時頃になってしまいそう。体力的にも私には無理なので、ロープウエイ利用の馬蹄型で縦走することにしました。

今回は主脈縦走と違って往復とも上毛高原駅乗降でいいので、ジパング倶楽部の切符購入も簡単です。上毛高原駅8:00始発バスに乗車。平日でも満員で、水上駅からは超満員となりました。



【ロープウエイから見下ろす作業道】

ロープウエイから下を見れば、6月に田尻尾根を登り損ねて間違えた道が見え、笑ってしまいました。
過ぎてしまえば、懐かしいような道です。


私みたいに間違えて登っている人は・・・
いないみたいです。

着いた天神平から見る白毛門。
今までは、この山全体が白毛門だと思っていましたが、翌日判明。左から笠ヶ岳・大烏帽子・白毛門。

それぞれ近く見えますが、歩くとけっこうアップダウンがあって離れていました。

天神平
【天神平から見る白毛門方面 (拡大)】

天神尾根1400m辺りから紅葉がきれいになってきました。



【紅葉 黄葉】


【避難小屋過ぎのクサリ場】

天神尾根
【振り返る天神尾根 (拡大)】

週末は混雑する天神尾根も、今日はわりと静か。
遠くに雲は多いものの、上空は快晴。
富士山もうっすら見えています。


6月はガスっていたオジカ沢ノ頭方面も、今日はすっきり見えて素晴らしいです。


谷川岳主脈方面
【主脈方面】

紅葉の天神尾根
【紅葉の天神尾根を谷川岳へ】

「天狗の留まり場」岩の上でも休憩。
今日は本当に爽やかな天気で、いい気持ちです。


天狗の留まり場
【天狗の留まり場から】

【周辺の山々と紅葉】

天神尾根は3度目ですが、こんなにすっきりした眺望が得られたのも初めて。日光方面もずっと遠くまで見えて感激です。

谷川岳山頂近くなると、ちょっと混雑してきました。
この秋は晴天が少なかったので、晴れれば一気に賑やかになるのでしょうね。

谷川岳山頂へ
【谷川岳山頂へ】

谷川岳南峰のトマノ耳は大賑わい。団体さんでしょうか、順番に記念撮影中で、標柱撮るのも難しい。


肩の小屋
【肩の小屋】

谷川岳トマノ耳
【谷川岳トマノ耳】

オキノ耳へ
【オキノ耳へ】

北峰のオキノ耳へ向かうと、少し静かになりました。
山頂付近の紅葉は終わっています。


今年は色づきもイマイチのまま散ってしまったようですが、所々少し残っていました。
オキノ耳の岩の端で、気持ちのいい景色を眺めながらお昼にします。


谷川岳主脈方面
【谷川岳主脈方面】

谷川岳オキノ耳
【谷川岳オキノ耳】

オキノ耳を過ぎると、更に静かになりました。
鳥居のある奥の院で今日の晴天に感謝して、上の岩にも立ってみます。


奥の院へ
【奥の院へ】
一ノ倉岳へ
【一ノ倉岳へ急登】

「ノゾキ」を過ぎると、一ノ倉岳への急登です。
8年前より確実に体力が落ちていて、休み休み登って行きました。

予定では、3:30頃には小屋に着けるかなあと呑気に考えていましたが、ちょっと無理みたい。でも4時くらいには着くと思っていました。

ようやく、一ノ倉岳に上がりました。
ここは座ると笹に埋もれて何も見えないので、休まず頑張って茂倉岳へ向かいます。

一ノ倉岳
【一ノ倉岳】

しかし今日は午後になっても素晴らしい青空。遠くまですっきり見渡せ、この先に歩く稜線も一望です。

茂倉岳〜武能岳
【茂倉岳〜武能岳 (拡大)】

明日歩くのは、あの稜線でしょうか。うっすら赤く見えるので、近づけば紅葉も期待出来そうです。


【七ツ小屋山     朝日岳・大烏帽子・笠ヶ岳  右端に小さく白毛門 (拡大)】

茂倉岳
【茂倉岳】

茂倉岳に到着。8年前は土樽へ向かう茂倉新道を下ったので、この先からは未踏です。

あとは下りだけと思っていたので、景色を眺めながらティータイムにしました。

茂倉岳からの下りはけっこう急でした。一面の笹原ですが、きれいに刈り払いされていて感謝です。

武能岳へ
【武能岳へ】

西斜面には部分的に紅葉が残っていてきれいでしたが、例年ならもっときれいなのでしょうね。
急坂が終わると、緩やかな笹原の平坦道。 山々を眺めながらの、気持ちのいい散歩道です。



【山肌の紅葉】

笹平
【笹平】

その先に再度急下りがあって、鞍部からは予想以上の結構な登り返しが待っていました。

山小屋到着が4時を過ぎるのは、マナー違反。
気は急いても、体がついていかない・・・


武能岳へ
【武能岳へ・・・】
一ノ倉岳〜茂倉岳
【振り返る一ノ倉岳〜茂倉岳】

最後の急登から、振り返り見る一ノ倉岳〜茂倉岳。ここはもっと余裕を持って歩きたい所でした。


武能岳の頂稜に上がると山頂に1人います。右に蓬ヒュッテが見えてきて、今度こそ下りだけみたい。


武能岳へ
【武能岳へ】


【蓬ヒュッテが見えてきた】

山頂にいた先客さんも、蓬ヒュッテ宿泊とのこと。
今日は素晴らしい天気なので、ここで30分も眺望を楽しんでいたそうです。

入れ違いに下り始めたので、「4:30迄には着くようにしますと、小屋に伝えて頂けますか。」とお願いしました。

伝言を頼んだので一安心。今日のお日さまに感謝して、しばし休憩。


武能岳
【武能岳】

【笹の稜線】

山頂からすぐ下るのかと思っていたら、また平坦道です。でも気持ちのいい稜線で、笹原に伸びるトレイルが絵のよう。

最後の下り。きれいに刈られた笹原道と小さな小屋とテント数張。歩いてしまうのがもったいないような景色です。

左に見えているのが、上越のマッターホルンと呼ばれる大源太山でしょうか。巻機山は地図が違うので遠くの山と思っていましたが、こうして見ると意外と近いですね〜

蓬ヒュッテへ
【蓬ヒュッテへ (拡大)】
蓬ヒュッテ
【蓬ヒュッテとテント場】

16:27 ようやく蓬ヒュッテに到着しました。
「遅くなってすみませ〜ん。やっと着きました〜」と言って小屋に入ると、管理人さんも怒るに怒れない雰囲気で受付。ほんと、申し訳ない。

一休みしたら、「小屋には遅くても4時までには着いてくれないと〜」と言われてしまいました。「ほんと!そうですよね〜 すみません。」としか言いようがなかったけれど、温かな飲み物を用意してくれて感謝でした。

小屋は殆どが単独ばかり。皆さんとおしゃべりしていて、慌てて外に出た時にはもう日没後でした。

苗場山あたりに日が落ちたようですが、夕焼け雲もないので、あっさり沈んでしまった風情です。


【苗場山あたりに日没】

「もう一人単独女性の予約が入っているのに、まだ着かない。」と心配していましたが、5:30過ぎてようやく到着しました。管理人さんに注意されていましたが、山を始めて3年で西黒尾根から登ってきたとのこと。若い人で、もっと早く着くと思ったようで反省されていました。ともかく無事な到着で良かったですね。


蓬ヒュッテ
【ランプの小屋】

蓬ヒュッテ夕食
【夕食:カレー】

ここはランプ小屋。今日の宿泊は9名だけれど、明日は25名とのこと。トイレは携帯トイレで1回分は宿泊費に含まれますが、次からは1回500円。水場まで速い人で往復15分、遅い人では30分かかるそうです。谷川岳北西部の笹払いは管理人さんがして下さっているようで、時には苗場山まで遠征されるとのこと。本当に有難く感謝です。しかし炊飯はイマイチかも(笑)。芯があってちょっと硬いご飯でした。



【満月】

寝る前に外に出ると、無風の穏やかな夜空。
煌々と輝く満月が浮かび、笹もキラキラ。

星もいっぱいで、明日もいいお天気になりそうで感謝の一日でした。




前回:瑞牆山    HOME    山域別    翌日:馬蹄形・白毛門