松田の河津桜と高松山

たかまつやま(801m)


松田の河津桜が満開のようなので、まだ行ったことのない高松山とあわせて歩いてきました。
ルートは林道や植林が多いものの山頂は広く、箱根〜富士山が一望でした。


2015.3.12
(木)
 新松田駅松田山
河津桜
最明寺
史跡公園
高松集落尺里峠
(第六天)
高松山ビリ堂農道
終点
高速下山北駅
快晴  08:45発09:05
09:50
10:50
11:00
11:3011:55
12:05
12:45
13:05
13:2514:0014:2014:50着
15:15発



新松田駅を出て、「まつだ桜まつり」の看板に従って御殿場線松田駅の北側へ回り込み、西平畑公園へ向かいます。

週末は大賑わいだと思いますが、今日は平日なので空いています。菜の花も咲きそろい、山の斜面はピンクと黄色の春色いっぱい。

松田山 河津桜
【松田山 河津桜】
西平畑公園
【西平畑公園 ローラーすべり台】

富士山が見れるはずの三脚。以前は桜の上に富士山が見えていましたが、今は木が大きくなって富士山は花に隠れていました。

朝なのでローラーすべり台には誰もいません。すべり台は好きなので、今日もそっと滑ってみました。


駐車場のある広場に出ると箱根の山々や富士山が見えます。
今日はほぼ快晴ですが、富士山はちょっと春がすみ。


箱根方面
【箱根方面】

富士山方面
【富士山方面 (拡大)】

菜の花のいい匂いがしてきて、見下ろせば明るい光を浴びた黄と緑。
河津桜は満開で、もう葉が出始めている木もあります。


松田山の河津桜と菜の花
【松田山の河津桜と菜の花】

奥の出店に寄って、さくら餡の串団子を買い、更に上へ進みました。
満開の桜を愛でながら、最明寺史跡公園へのルートがある自然館へ向かいます。


満開の河津桜
【満開の河津桜】

最明寺史跡公園へ
【最明寺史跡公園へ】

自然館の右に道標があり、入って行くと「ふるさと鉄道」の線路脇から登山道が伸びていました。

「虫沢古道を守る会」の道標もあり、この先ずっと高松山まで設置されていて、とても助かりました。


高松山へ
【「虫沢古道を守る会」道標】
みかん畑
【みかん畑】

始めは植林の山腹道でしたが、鹿柵を開閉して農道に出ました。みかん畑の向こうの箱根の山々を見ながら緩やかに上がって行きます。


農道やら、細い山道やら、簡易舗装の道やら、林道やら・・・
くねくねと曲がりながら進んで行くと桜並木になって、そろそろかなという雰囲気。


最明寺史跡公園へ
【道標に従って最明寺史跡公園へ】

桜並木
【桜並木】

最明寺史跡公園が見えてきました。入口にトイレがあり、中ほどには池があります。
上に見えるカヤトの山を目指して、桜木立の山肌を緩やかに登って行きました。


最明寺史跡公園
【最明寺史跡公園】

公園の池
【公園の池】

途中から高松山への登山道はカヤト山頂を通らず左へトラバースしているので、上の山頂が気になる。ちょっと寄ってみようかな。

カヤトだけでなくトゲトゲヤブもあり、それでも『ちょっとした広場くらいはあるかな〜』と期待して行ってみましたが・・・カヤトヤブしかありませんでした。


カヤトの山頂
【カヤトの山頂は、カヤトヤブ・・・】
高松山へ
【高松山へ】

仕方なく登山道に戻り、少し見晴らしの良くなった道を進んで行きます。

明るい道は終わり、灌木帯を過ぎ、植林帯になりました。道標に従って、日陰の山肌を下って行きます。

植林
【植林】
高松集落
【高松集落】

やがて明るい車道に出ました。高松集落のようで、道標に従って左へ入ると、すぐに「近道」が右に分かれていました。


農家のスイセンや蕾の河津桜など見つつ、くねくね曲がりながら進んで行きます。
左側が大きく開けてきて、やがて尺里峠に出ました。道標には「第六天」とも記されています。


高松山へ
【左に見える高松山へ】

尺里峠(第六天)
【尺里峠(第六天)】

向かいの階段を上がると石仏が祀られ、ここからようやく登山道らしくなってきました。

すぐ先に「富士見台」の小さな草地がありましたが、富士山はちょっとイマイチ。公園で買った桜団子を食べながら休憩。


尺里峠
【尺里峠からの登山道】

その先にも「桜台」「真弓ヶ丘」など尾根の広い所があり、今日一番の気持ちいい道です。
しかし、また植林になって、男坂女坂の分岐。 男坂は階段の直登でした。


「真弓ヶ丘」
【「真弓ヶ丘」】

男坂 女坂
【男坂 女坂】

高松山 山頂
【高松山 山頂】

階段を上がりきって、高松山山頂に到着。
思いのほか広い山頂で、正面に小田原の街や箱根の山々が大きく広がっています。

霞んだ愛鷹山塊や富士山も一望。
素晴らし眺望に感動です。

しかし山頂はかなりの強風。南風なのでモロ当たります。お昼は早々に切り上げて、退散。

高松山から富士山方面
【高松山から富士山方面 (拡大)】
植林 急下り
【植林 急下り】

高松山の南側は急斜面。階段状の所もあり、ぐんぐん高度を下げて行きます。

急下りが緩んで間もなくすると、石仏が祀られていました。ここがビリ堂とのこと。小さなお堂でもあるのかと思いましたが、建物はありませんでした。

ビリ堂
【ビリ堂】
常緑樹
【常緑樹多くなる】

この先も植林帯。途中で地図(2005年版)にはない林道を横断すると、常緑樹が多くなってきました。

送電鉄塔を過ぎ、くねくね下って舗装道路に下り立ちました。ここが「農道終点」のようです。

農道終点
【農道終点】
尺里へ
【尺里へ】

みかん畑から見える高速道路。尺里に下り立ち、高架を潜って右へ行けば山北駅です。

が、後日よーく地図を見たら、東山北駅の方が近かったようです。地図も古くなり、擦れた折り目に重なっていて気付きませんでした。

次の電車まで時間があるので、山北町観光協会で地元の八朔など買って待機。

御殿場線の松田駅ホームに降り立ち、振り返れば公園のピンクが青空に映えていました。今日の晴天に感謝です。

御殿場線の松田駅ホーム
【御殿場線の松田駅ホームから見る河津桜】


松田の河津桜はいかにも公園ですが、春を感じるピンクや黄色に心もほっと和みます。高松山へのルートは林道や植林が多く、ちょっとイマイチでしたが、明るい春の日差しいっぱいの青空が嬉しい一日でした。山頂の風には参りましたが、とっても広く眺望もいいので、グループさんには喜ばれる山かも知れません。




前回:赤城山    HOME    山域別    次回:丸山・日向山