大菩薩峠・天狗棚山

だいぼさつとうげ(1897m)・てんぐたなやま(1957m)
平成24年12月31日〜平成25年1月1日

大菩薩峠で迎える平成25年。 初日の出は雲の間からでしたが、
清々しい青空の下、天狗棚山で展望を楽しんでから裂石へ戻りました。


2013.1.1
(火)
 大菩薩峠
 介山荘
親不知ノ頭大菩薩峠石丸峠天狗棚山熊沢山
笹・山腹道
上日川峠千石茶屋大菩薩峠
登山口
快晴  08:30発08:45
08:50
09:0009:2509:40
09:50
10:00
10:20
11:35
11:45
12:3513:00着
13:33発



日の出前。
西の空には、月がまだ高く輝いていました。
南アルプスは雲もなく、今はまだすっきり。

南アルプス
【日の出前の南アルプス】
初日の出
【初日の出】

平成25年の初日の出は、雲と雲の間からでした。

明けましておめでとうございます。
今年もどうか穏やかな一年となりますように。

富士山は後ろの雲がとれず赤くも染まらず、ちょっと残念でしたが、上空は素晴らしい青空です。


風があるので厳しい寒さですが、
キリッとした空気の、清々しい新年の朝でした。

元旦の富士山
【元旦の富士山】

朝食後は、また親不知ノ頭まで行ってみました。
ここから見る富士山と南アルプスは素晴らしいです。

親不知ノ頭から
【親不知ノ頭から】

雷岩から妙見ノ頭のなだらかな山肌も素敵。
一度ここの真っ白な雪景色を見たいと思っているので、またいつか冬に来たいと思います。


雷岩〜妙見ノ頭
【雷岩〜妙見ノ頭】

介山荘に戻って来ました。もう皆さん出発したようで誰もいません。小屋の外からお礼を言って、熊沢山へ向かいました。アイスバーンの樹林帯を登りきると、富士山が見えてきます。


石丸峠へ
【石丸峠へ】

石丸峠への下りでMTBの人に会いました。元日からMTBって、本当に好きなんでしょうね〜(笑)
颯爽と、気持ち良さそうに下って行きました。

石丸峠から見る小金沢山。
後ろの富士山が徐々に重なっていきます。

牛ノ寝通りへ向かう時、富士山が見えるのはこの石丸峠までなので、ここはちょっと大事な峠です。

石丸峠
【石丸峠】
天狗棚山へ
【牛ノ寝通り分岐から天狗棚山へ】

牛ノ寝通りの分岐に来ました。
先ほどのMTBの跡が牛ノ寝通りへと伸びています。私は右上の天狗棚山へ向かいました。

上がりきると、なんと、木の葉さんが眺望中。ここの展望の良さをお知らせしたけれど、速い方なのでもう下山されたと思っていたので、びっくり。


天狗棚山から見る狼平と小金沢山。
富士山はちょうど真後ろに隠れていますが、笹原の広がるこの景色も素敵です。

天狗棚山から見る小金沢山
【天狗棚山から見る小金沢山】

そして何と言っても素晴らしいのは、横一列に並んだ南アルプス!
今日は稜線に雲がからみついてちょっと残念だけれど、ここは大好きな場所です。

南アルプスと熊沢山
【南アルプスと熊沢山】

素晴らしい展望に嬉しくなって、「あっちが奥多摩! 遠くが丹沢で、相模湾も光ってますね〜!」などと口走り、ベテランの木の葉さん相手に、「釈迦に説法」。

非常に無口な木の葉さんは、『知ってます・・・』とは仰らず、ニッコリ笑うしかないみたいでした。(笑)


雲取山〜鷹ノ巣山
【雲取山〜鷹ノ巣山】
熊沢山と大菩薩嶺
【熊沢山と大菩薩嶺】

木の葉さんは小金沢連嶺を歩きたかったようですが、お正月はバス便が限られているので今回は中止とのこと。ご一緒に下山することになりました。

石丸峠からは左へ進みます。
この熊沢山の笹の山腹道は、正面に南アルプスを見ながら歩く気持ちのいい道。

素通りするのは勿体ないので、木の葉さんにも強引に座っていただいて、富士山眺めつつティータイムにしました。

熊沢山
【熊沢山の笹の山腹道】
カラマツ林
【カラマツ林】

笹道が終わるとカラマツ林が続きます。
冬枯れの季節は樹間から富士山も眺められ、太陽燦々の気持ちのいい道でした。


カラマツ林の先にある、小さなダケカンバ林。
冬の澄み渡った青空に、輝く白い幹がとてもきれいです。


ダケカンバ
【ダケカンバ】

青い空 白い幹
【青い空 白い幹】

上段の林道に出ると奥秩父の山々が見え、真っ白な金峰山のトンガリ五丈岩が見えました。

中央に見える白い防火帯はどこでしょう。
あそこも気持ち良さそう〜


奥秩父方面
【左端が金峰山】
上日川峠へ
【上日川峠へ】

下段の林道に下り立った所が、小屋平バス停。
更に下って沢を渡り、緩やかな登りになると上日川峠も近いです。この辺りは雪も深かったようで、ザクザクスノーハイクでした。

上日川峠に戻って来ました。駐車場フェンスから見る南アルプスは更に雲が増えていました。

ロッジ長兵衛
【ロッジ長兵衛】
裂石へ
【裂石へ】

明るい道を下って裂石へ。
風も収まり、穏やかな陽だまり道でした。

大菩薩峠登山口バス停に到着。元旦は本数が限られていますが、二本木経由の13:33があります。

30分あるので、バス停前の番屋茶屋でほうとうをいただくことにしました。ギリギリで間に合いましたが、オマケの甘酒も美味しかったです。

番屋茶屋 ほうとう
【ほうとう 1000円】


大晦日の大菩薩スノーハイクは残念でしたが、アイスバーン続きのザクザク道もアイゼンがよく効いて軽快でした。元旦は雲の間からの初日の出で、風もあって寒かったけれど、両日とも清々しい青空で、感謝の年越しになりました。今年も平穏で、無事な山歩きが出来ますように。




大晦日:大菩薩嶺    HOME    山域別    次回:金時山