湯坂路



湯坂路は、芦之湯から鷹巣山と浅間山を通り湯元へ下る、鎌倉時代の箱根越えの道です。
防火帯の尾根道で、山桜 花 モミジの新緑と気持ちのいい散歩道が続いています。


2005.4.29(祝) 箱根湯本駅_湯坂城跡_湯坂山辺り_浅間山_鷹巣山_湯坂路入口==市民会館前
快晴 11:55発12:30
12:40
13:35
14:25
15:25
15:55
16:20
16:40
16:50
16:58
バス
950円
17:40着



山桜や新緑の多い低山で、下りはバスやケーブルが利用できる山はどこ?と考え、以前歩いたことのある湯坂路へ行くことにしました。湯坂路は下りに歩かれる事が多いけれど今回は逆ルートで歩く事にします。
普段は忙しく休みも合わない末の妹でも、ここなら大丈夫だろうと誘う事にしました。朝の苦手な妹に合わせ、出発はお昼です。


湯坂路入口
【湯坂路(鎌倉古道)登り口】

箱根湯本駅から商店街を右へ進み、旭橋を渡るとすぐ先の左側に登り口があり立派な道標があります。

常緑樹の多い日陰の急坂をゆっくり登っていくと石畳の道になりますが、ガイドブックによればこの石畳は昭和初期電信ケーブルの保護のため敷かれたもので、鎌倉時代のものではないそうです。

急登を30分ほど頑張って、湯坂城跡に着きました。今日は、今の時期としてはかなり暑いけど、ここは木陰で風もあるので涼しい。おしゃべりしながら休憩タイム。このコースでキツイのはここまでで、あとは徐々に緩やかになって行きます。

湯坂城跡
【湯坂城跡】
湯坂路
新緑の湯坂路

この時間になると下りて来る人達も多く、「こんにちは〜」を何度も言いながらゆっくり進みました。

なおも続く石畳の道や檜林の道を過ぎ、防火帯の尾根に出ると、ここからはモミジの新緑が続く明るい散歩道です。乾いた風が爽やかで心地よい。山桜も、所々まだ咲き残っていました。


浅間山まではまだしばらくあるので、そろそろお昼にしようと大きな桜の木の下で昼食にしました。一人の時は非常食以外はその日食べる分だけですが、連れがいるとちょっと多めに持って来てしまいます。妹も私の分を持ってきてくれたので、シートの上は食べる物がいっぱい。一人歩きでは山と向き合い語る楽しみがありますが、連れがいるとおしゃべりや食べ物といった別の楽しみもありますね。

湯坂山辺りを過ぎるとスミレやボケが多く見られ木々の間から二子山が見えるようになって来ました。

大平台分岐のあたりは薄紫のスミレ、朱色のクサボケ、黄色の花、白い花がいっぱいです。

ここから左へ少し行けば浅間山です。


大平台分岐
【花の多い大平台分岐】
浅間山
【浅間山】

浅間山 山頂に着きました。
山頂は公園のような草地の斜面になっていて、この時間になると人は疎らです。周りは木々に囲まれ、駒ケ岳方面が少し見えるだけです。

3時過ぎたとはいえ、まだ日差しは暑く感じられ、少ない木陰を探してシートを広げました。寝転んで見上げれば、新緑の濃淡・・・「気持ちいいね〜」

帰りは南の鷹巣山へ向けて、紫陽花や椿の植えられた道を下ります。すぐ下で林道と交差。正面の急なジグザグ道を登りきって左へ行けば鷹巣山の山頂です。

こじんまりとした草地にベンチがひとつ、もう誰もいません。北には今通って来た浅間山の下り道の桜が点々と見えていました。

鷹巣山
【鷹巣山】
スミレ
【葉が珍しいスミレ】

鷹巣山から湯坂路入口バス停へ向かう道にも、クサボケやスミレがいっぱい咲いていました。

ちょっと花が大きくて、きれいな色のスミレがありました。デジカメでは色がヘンですが、もう少し紫がかって濃い色です。スミレの葉はハート形や細長いものが多いようですが、このスミレの葉はちょっと珍しいように思いました。

日が傾いて、木陰の多い山道を下りていきます。この道はマメ桜が多く、妹は小さく可愛い花が気に入ったようでした。

緩やかに右にカーブして車道に出ると、湯坂路入口の立派な案内板があります。バス停は左へ少し行った所にあり、15分間隔で通っていました。連休で混んでいましたが、途中下車する人も多く、宮ノ下からは座れました。

鷹巣山の下り
【鷹巣山の下り】
だるま料理店
【だるま料理店】

帰りは「小田原市民会館前」で下車し、バス停の向かいにあるだるま料理店で晩御飯を食べて行くことにしました。
このお店は明治26年創業の老舗で、建物は国登録文化財に指定されているそうです。

本店の”食堂”はとてもレトロな落ち着いた雰囲気。定食は1,365円からと値段も手頃で、刺身やてんぷらがおいしいでした。

ここからゆっくり歩いて10分足らずで小田原駅に着きました。



湯坂路は、展望は余りありませんが道はよく整備され、花も多くのんびり歩くにはとてもいいコースです。今年は桜の時期が遅かったのでまだ残っていましたが、例年はもっと早く中旬が見頃のようです。モミジも多いので、紅葉の頃もきれいだろうなと思いました。



《後記》
2011年4月 Hgさんの掲示板でtakigoyamaさんから、上のスミレの葉はワレモコウの幼葉と教えていただき、なるほどワレモコウも多そうな草地でした。ありがとうございました。



前回の高尾・城山    HOME    山域別    次回の三国山稜