幕山・南郷山



湯河原の幕山への登山口にある梅林が、満開になったようです。
今日はまたちょっと寒くなりそうですが、梅を見に行って来ました。


2005.3.13(日) 湯河原駅===幕山公園_幕 山_自鑑水_南郷山_鍛冶屋_湯河原駅
晴のち曇り 08:40着
 08:45発
臨時バス
240円
09:05
10:00
10:40
11:25
11:4012:05
12:30
13:3014:00着
14:12発



梅祭りの期間は、幕山公園までの臨時バスが3番乗り場から出ます。朝の空いている時間に、ゆっくり眺めようと始発バスに乗りました。今日は思ったほどには、混んでいませんでした。


幕山梅林
【幕山の麓に広がる梅林】

公園の入口からは正面に幕山が見え、麓には約4000本の紅白の梅がきれいに広がっています。

上の方の岩場近くはまだ咲いてない様子のところもありますが、下の方は紅梅も白梅も満開でとっても鮮やかです。

満開の梅林
【下の方は紅梅、白梅とも満開】
幕山公園
【幕山公園散策路】

散策路入口から縦横に道は延びています。所々に道標があり幕山登山道は右上へと続いていますが、先ずは梅林の左端の方へ花を眺めながら歩きます。

咲き終わっている梅もありましたが、蕾もあるので、まだしばらくは楽しめそうです。

散策路からは岩場もよく見えます。それほど高くはない岩ですが、あちこち何ヶ所もあってどの岩でもクライマーが練習中です。

クライミング
【あちこちの岩でクライミング】

ゆっくり見ながら歩いて約一時間、梅林最高地点の標識のあるところからは全景が見渡せます。
上の方の紅梅は蕾が多かったので、全体がピンクの濃淡に染まるのはもう少し先のようです。

幕山公園
【幕山公園 梅林最高地点より】

幕山への雑木道
【幕山への雑木道】

梅林最高地点から幕山へ登る道は明るい雑木道です。大きくジグザグに登っていくと途中、真鶴半島、初島など相模灘が眼下に見えるようになります。

カヤトに囲まれた、幕山 山頂に着きました。

比較的広いので大勢の人達が休憩中。この先の南郷山は狭いので、ちょっと早いけど私もここでお昼にします。

幕山
幕山
真鶴半島
【カヤトの向こうに真鶴半島】

目の前に広がる海を眺めながらの食事は久し振り。
でも、春なので遠望は利かず、大島がうっすら見える程度です。


幕山の周りをぐるっと回る周回コースがあるので、歩いてみました。今は特になんということもないカヤトの中の12,3分ほどの遊歩道ですが、春や秋には沢山の草花が見られるそうです。

このあと南郷山に向けて出発。緩やかに下り、桜並木など通って大石ヶ平への分岐で右に進み、植林を抜ければ白銀林道に出ます。すぐ向かいに自鑑水への道が延びています。両側が覆いかぶさるようなハコネダケの中を通って行くと、植林の中の自鑑水(源頼朝が水に映る自分の敗残姿に自害しようとしたのを、引き止められたという小さな池で今は水はない)に出ます。植林をそのまま進めば再度、白銀林道に出るので、左へ少し行くと南郷山への登山口が見えてきます。

初めは急な階段で、やがてステップの踏まれた段々になりますが、かなり急なハコネダケの中の道です。


急坂
【ハコネダケの中の急坂】
南郷山
【南郷山】

尾根を右に進んで、南郷山に着きました。

ちょっと狭い山頂で、展望も真鶴半島がチラッと見える程度ですが、幕山と比べれば静かな山です。

カヤトの原っぱなので、シートを広げて寝転んで空を眺めるには隠れて良さそうですが・・・コーヒーを飲んで寛ぐだけにしました。

帰りは海の方へ延びる道を下ります。
時々立ち止まり、海を眺めながら緩やかに下ると、また白銀林道に下り立ちます。右に少し行って、道標のある五郎神社への分岐で左折。ハコネダケの道を下りていくと松が目立ってきて、ゴルフ場脇に出ます。あとは道なりに下るだけ。

里が近づくとみかん畑が広がり、一袋100円でみかんが売られていました。畑には、見捨てられたみかんがごろごろ転がっています。もったいないな〜

みかん畑
【みかん畑の道】

鍛冶屋バス停のある五郎神社に着きました。神社の裏にはトイレがあります。バスは行ったばかりですが、湯河原駅までは30分程なので歩く事にしました。


幕山は、駅から近く、きれいな梅と大きく広がる海が眺められるので、この時期は人気の山になるようです。梅林は多少、高低差があるので、花はまだしばらく楽しめそうでした。



前回の蛭ヶ岳・焼山    HOME    山域別    次回の高尾・城山